メジャーに文字列型の項目を指定することもできます。アンケート入力など、自由記述欄の集計を行いたい場合に有効です。

メジャーに文字列型を指定した場合、記述した文字列が展開されます。 各文字列が記述された回数の集計が行われるようになります。 (文字列が一致していた場合は同じ値とみなし、集計結果に加算されます。)

アンケートモデルを例に見てみます。入力された回答は図1のようになっています。

図1 アンケート一覧表示

集計ビューでは、項目の型が「文字列」型の「回答」項目をメジャーに指定しています。 回答で記述した内容がメジャーに展開され、それぞれの内容の記述された回数が集計結果として扱われます。

図2 アンケート結果の集計

集計ビューを用いる「アンケート」モデルの定義を図3に示します。

図3 アンケートモデル

「画面>ビュー>集計ビュー」を開きます。「画面を作成する」を有効にします。

「ページタイトル」は、集計ビューへ遷移するためのボタン名としても利用されます。空白時はボタン名が「集計ビュー1」などとなるため、なるべくページタイトルを設定してください。

「ディメンジョン」の欄に、項目を設定します。今回は "設問" をディメンジョンとします。

図4 ページタイトルとディメンジョンの設定

図4で「メジャー」のボタンを押下し、どの項目をメジャーとして使うかを指定します。(図5)
ここでは文字列型項目である回答項目を指定します。数値型項目以外では、集計方法は「メジャー」を指定してください。

図5 メジャーとなる項目の設定