サポート > リポジトリ > 親子関係 > 親モデルが存在しない子モデルの作成を許可する

子モデルの新規登録時に、紐づく親モデルを指定しない運用です。必要に応じて親をあとで選択できるようにします。

「顧客(customer)」と「サポート(support)」という2つのモデルを題材とします。

顧客詳細画面(親)から、サポート(子)を作成する

この場合、親の主キーを子の新規画面に渡すことができます。(図1,図2)

図1 顧客詳細画面
図2 サポート新規登録画面

ただしサポート新規登録画面では、親の主キーを変更できるようになっています。

サポート(子)を直接、作成する

サポート検索画面で「登録画面へ」ボタンを押下します。

図3 サポート検索画面

サポート新規登録画面では、親の主キーを未設定として登録することができます。

図4 サポート新規登録画面
図5 サポート詳細画面(親は未設定)

サポート更新画面で、親の主キーを設定することができます。ここではじめて親と紐付きます。

図6 サポート更新画面

外部キーの型

子モデル(サポートモデル)に含まれる外部キーの型を「他モデルの項目参照」にします。

図7 他モデルの項目参照を用いる

入力タイプを「検索画面」とします。ここでは、参照先モデル項目に親モデルの主キーを指定しています。

図8 参照先モデル項目を親モデルの主キーとした

実行例

親モデルの主キー以外の項目を画面表示時に用いることもできます。ここでは「氏名」項目を表示するようにします。

図9 親モデルの氏名項目を表示した例

定義方法

図8において、参照先モデル項目を親モデルの任意の項目とします。ここでは氏名項目を指定しています。

図10 参照先モデル項目を親モデルの氏名項目とした

実行例

親モデルの主キーを選択し、参照連動を使ってその他の項目を表示させることもできます。ここでは「氏名」項目を表示するようにします。

図11 参照連動を使って親モデルの氏名項目を表示した例

定義方法

参照連動のための項目を追加します。

図12 参照連動の項目を追加する
図13 参照連動の項目を追加する(2)