財務処理に関する4個の関数を紹介します。

FV |  NPV |  PMT |  PV

FV

積立金の計算を行います。一定の利率、支払い額、支払い期間を元にした、初期投資の将来価値を算出します。

図1 FV 関数の実行例
ROUND(FV(${interestRates}/100/12,${periods}*12,${payment}),0)

NPV

正味現在価値の計算を行います。期間中の利率を固定と想定して、毎回異なる支払い額を定期的に受け取る場合の純現在価値を算出します。

図2 NPV 関数の実行例
ROUND(NPV(${interestRates}/100,${loan_amount},${cont/value}),0)

PMT

ローン返済の計算を行います。借入元金を指定された利率、指定された期間で返済する際に必要な各期間の返済額を算出します。

図3 PMT 関数の実行例
PMT(${interestRates}/100/12,${periods}*12,${payment})

PV

ローン借入の計算を行います。期間中の利率を固定金利と想定して、毎回同じ支払い額を定期的に受け取る場合の純現在価値を算出します。

図4 PV 関数の実行例
ROUND(PV(${interestRates}/100/12,${periods}*12,${payment}),0)