項目の初期値を、画面毎に指定することができます。

初期値は固定の値だけでなく、関数を使うこともできます。

(1) 基本的な書き方
項目の初期値設定欄にはタイミングと値を指定します。
(2) 文字列型で指定できるオプション
文字列型項目への初期値設定に関する注意点と応用例を紹介します。
(3) 文字列型 - URL
文字列型項目(URL)の初期値について説明します。
(4) 日付・時刻・日付時刻型で指定できる特殊表記 now
値に”now”を設定することで、現在の日付時刻を指定できます。
(5) チェックボックス
チェックボックスへの初期値設定にはいくつかの特殊指定方法が用意されています。
(6) 計算式によって初期値を求める例
初期値を式で記述することができます。