サポート > リポジトリ > CSV・Excel入出力 > 実行時にダウンロード項目を指定する

「一覧表示(グリッド利用)」に用意される「ダウンロード」機能は、実行時にダウンロード項目を指定することができます。 R7.12

この機能は「一覧表示(グリッド利用)」で動作します。同画面に「ダウンロード」ボタンを用意することができます。

図1 一覧表示(グリッド利用)画面にダウンロードボタンを用意する

グリッドの機能として、表示されている列を、さらに絞り込むことができます。

図2 表示されている列を絞り込む

同じくグリッドの機能で、列の並びを(ドラッグ&ドロップで)変えることができます。

図3 列の並びを変える

ここで「ダウンロード」ボタンを押下すると、画面の見た目(表示されている列、およびその並び)にあわせて、データがダウンロードされます。

対象モデルの「画面 > 検索・一覧表示」で、「グリッドで表示する」を有効にします。(このとき「検索画面と一覧表示画面を同時に表示する」も自動的に有効になります。)

図4 グリッドで表示する設定を有効にする

同じ「画面 > 検索・一覧表示」内にある、「ダウンロード」ボタンを有効にします。

図5 ダウンロードボタンを有効にする

「画面 > ダウンロード」タブに移ります。「画面を作成する」を有効にします。

図6 ダウンロード画面を作成する

ダウンロード画面を作成すると、自動的にメニューに追加されます。これが不要の場合は、メニューから削除してください。

図7 メニューから「ダウンロード」ボタンを削除する

グリッドの設定(列の表示・非表示と、並び)を異なる利用者間で共通に利用することができます。この機能を用いて、ダウンロードパターンをあらかじめ複数、用意しておくことができます。

ダウンロードファイル形式

ダウンロードファイル形式は「画面 > ダウンロード」の指定に準拠します。標準は「CSV」です。これを「実行時指定」にすると、選択用のラジオボタンが用意されます。

図8 実行時にファイル形式を指定する

繰り返しコンテナ内の項目を一覧表示に含めた場合の動作

繰り返しコンテナ内の項目を一覧表示に含めると、本ダウンロード機能の対象となります。

図9 繰り返しコンテナ「趣味」を用意する

データを入力した例です。繰り返しコンテナに複数行のデータがあった場合、一覧表示画面ではコンマで区切って表示されます。

図10 一覧表示の例

ダウンロードすると図11のような列の並びになります。コンテナ内の項目単位で、複数行が展開されます。

図11 図10のデータをCSV形式でダウンロードしたとき

繰り返しコンテナの列を移動させた例を示します。

図12 繰り返しコンテナの列「内容」を移動させた

ダウンロードすると図13のような列の並びになります。

図13 図12のデータをCSV形式でダウンロードしたとき

未対応の機能

  • 「繰り返しコンテナのみダウンロード」機能には対応していません。
Wagby Developer Day 2017