サポート > リポジトリ > レイアウト > 繰り返しコンテナ - タブと多段レイアウト

繰り返しコンテナ多段レイアウトをタブと併用することができます。

多段レイアウトを適用した複数の繰り返しコンテナをタブにまとめた例を図1,図2に示します。

図1 「FAX記録」コンテナ
図2 「テレアポ記録」コンテナ

項目の定義

複数の繰り返しコンテナ「FAX記録」「テレアポ記録」等を構成するモデル項目を図3に示します。

図3 複数の繰り返しコンテナを定義する

レイアウト名

ここではすべての繰り返しコンテナを一つのタブにまとめています。タブ名を「*T」としています。
繰り返しコンテナの項目はすべて、レイアウト名が「*T>」で開始されます。

さらに、各繰り返しコンテナで多段レイアウトを設定しています。繰り返しコンテナ毎に、それぞれ「*C1,*C2」「*D1,*D2」「*E1,*E2」としています。(図4)

図4 レイアウト名の設定

グループ・タブ

図4で用意した「*T」というレイアウト名を「タブ」と設定します。(図5)

図5 タブの設定

繰り返しコンテナのレイアウト - ラベル名

各コンテナにラベル名「a」「b」「c」をそれぞれ設定します。

図6 ラベル名の設定

ラベル名「a」の位置合わせイメージを図7に示します。「ステータス(FAX)」項目と「メモ」項目の位置を合わせています。

図7 ラベル名の位置合わせイメージ

繰り返しコンテナのレイアウト - 項目の結合

項目「メモ」は、その上の3つの項目「ステータス(FAX)」「実施日」「担当者(FAX)」と同じ領域をとるものとします。図8のように「3」と記載します。(4つの項目をカバーする場合は「4」と記載します。)
この指定により、水平方向の列を一つにまとめることができます。

図8 結合の設定
図9 水平方向の結合イメージ