サポート > リポジトリ > 画面機能 > コピー登録

データのコピー登録機能を提供します。

詳細画面または一覧画面にコピー登録ボタンを用意することができます。(図1,図2)

図1 詳細画面に用意されたコピー登録ボタン
図2 一覧表示画面に用意されたコピー登録ボタン

定義方法 - 一覧表示、詳細表示

画面設定の「検索・一覧表示」「詳細表示」で、それぞれコピー登録ボタンの「表示する」欄に "○" と記述します。

図3 コピー登録ボタンを用意する(一覧表示、詳細表示)

定義方法 - 一覧更新

画面設定の「一覧更新」で、コピー登録ボタンを有効にします。(ボタンは1つのみ)

図4 コピー登録ボタンを用意する(一覧更新)

なお、本機能を使用する場合、「新規登録画面」を作成する必要があります。

図5 新規登録画面を作成する設定

コピー登録を有効にしたモデルでは、原則としてすべての項目がコピー登録の対象となります。 これを項目毎に(コピーさせないように)制御することができます。

図6 「氏名」「氏名かな」をコピー対象外とした例

定義方法

各項目のモデル項目詳細定義ダイアログを開きます。「コピー登録時に値をコピーする」のを削除します。(標準では有効になっています。)

図7 コピー登録時に値をコピーする(「○」が設定された状態)

コピーボタンを複数用意することができます。図8のように、ボタン名を "," で区切って複数、定義します。("," は半角文字です。)

図8 コピーボタンを複数用意する

複数コピーボタン用意時の項目のコピー設定

ボタン毎に、項目のコピー設定を行うことができます。 「入力制御>コピー登録時に値をコピーする」に 1 と記述すると、1番目のボタン「氏名コピーあり」を指します。 つまり"氏名コピーあり"ボタンをクリックした際にコピーされるという意味になります。

図9 コピーボタンに対応した制御(再キャプチャすること)
ボタン名ではなく、コピーボタンの番号(並びの順序)を指定してください。複数ある場合はコンマで区切ります。(例 1,2 と記述します)

コピーボタン用意時の表示条件の設定

コピー登録ボタンを用意した場合、それぞれの式を二重引用符で囲み、コンマで区切って記述します。

次の例は、二つのボタンそれぞれに条件式を指定したものです。

"EXACT(USERNAME(),"admin")", "EXACT(USERNAME(),"manager")"

二番目のボタンは条件なし、という場合は次のように記述します。

"EXACT(USERNAME(),"admin")", "○"

または条件を記述しない、ということもできます。 次の例は二番目のボタンは条件なし("○") と扱われ、常に表示されます。(ただしボタンが複数あるため、二重引用符で囲む必要があります。)

"EXACT(USERNAME(),"admin")"
コピーボタンが1つの場合でも、表示条件式の前後は二重引用符で囲うようにしてください。

コピー処理に式を適用することもできます。 図10は、項目名の前後に括弧を加えてコピーした例です。

図10 コピー処理に式を適用した例

定義方法

「入力制御>コピー登録時に値をコピーする」の「コピー内容」に式を記述します。

"(" + ${name} + ")"
図11 式の設定

計算式の記述方法の詳細は「計算式 > 基本的な書き方」をお読み下さい。

新規登録画面のページタイトル指定が、コピー登録画面にも反映されます。(メニューを除きます。) 詳細は「新規登録>ページタイトル」をお読み下さい。

新規登録画面の説明文が、コピー登録画面にも反映されます。 詳細は「新規登録>説明文」をお読み下さい。

新規登録画面のアクションボタン表示位置が、コピー登録画面にも反映されます。 詳細は「新規登録>アクションボタンの表示位置」をお読み下さい。

新規登録画面に準拠します。 詳細は「新規登録>用意されているボタン(機能)」をお読み下さい。

子モデルの同時更新 - コピー登録をお読みください。

なお、子モデル一覧更新の初期表示数指定はコピー登録画面には適用されません。 (これは繰り返しコンテナと同じ動きです。)

複合キーによる枝番」をお読みください。主キーの手動入力パターンと、順序(自動採番)利用パターンの二通りの方法があります。

新規登録 > キャンセル操作時のダイアログ」をお読みください。