サポート > リポジトリ > 画面機能 > 一括処理
ja | en

一覧表示画面で複数のデータを選択し、一括して処理を行うことができます。

画面例

図1に「一括削除」機能を有効にした一覧表示画面を示します。

図1 一括削除機能を有効にした一覧表示画面

複数のデータをチェックする(有効にする)ことで対象データを選択します。その後「一括削除」ボタンを押下することで、複数データをまとめて削除することができます。

ボタンの表示制御

一括処理系のボタン(一括削除・一括メール送信・一括帳票・一括更新)は、検索結果が存在する場合のみ表示されます。検索結果が存在しない場合、ボタンも非表示となります。

「画面>検索・一覧表示>ボタン表示」を開きます。「一括削除ボタン」を表示する、と設定します。

図2 一括削除ボタンを表示する

ボタンの設定

「画面>検索・一覧表示>ボタン表示」を開きます。「一括更新ボタン > ボタン設定」を押します。

図3 一括更新ボタンを設定する (1)

一括更新ボタンは最大で10個まで用意することができます。

図4 一括更新ボタンを設定する (2)

スクリプトの設定

「一括更新」ボタン押下時の処理をスクリプトで記述することができます。

図3 スクリプト記述欄

スクリプトの詳細は「業務ロジック > 一括更新」で説明します。

Wagbyは一括処理について二通りの操作方法を提供しています。

「画面>検索・一覧表示>一覧表示画面」に用意された「一括処理の扱い方法」で指定できます。標準はこのリストボックスは空欄となっています。この場合は "画面表示データのみ一括処理の対象とする" と解釈されます。

図4 一括処理の扱い方法

画面に表示されているデータを一括処理の対象とする

一括処理の標準方式です。初期表示時は、チェックボックスが全て未選択の状態です。 ヘッダー部分に用意されたチェックボックスをクリックすることで、表示されているデータを全て選択することができます。 チェックを外すと、チェックされていたデータのチェックも外れ、未選択状態となります。

初期表示時
データは選択されていません(チェックボックスは未選択状態)。 表示しているデータへの全選択/全解除を行うチェックボックスが用意されています。
データが複数のページにまたがっており、前後のページに移動した場合

チェックボックスの選択状態は記憶されません(ページ移動すると初期状態の未選択状態となります)。 これを図で説明します。

最初のページで、全てのデータを選択します。この状態で「次」のページへ移動します。

図5 選択状態で、次ページへ移動する

ここで、前のページへ戻ります。

図6 前のページへ戻る

図5で選択していた状態は解除されます。

図7 選択状態は解除される
処理対象データ
表示しているページのチェックボックスで選択されているデータのみが対象となります。 複数ページにまたがるデータがある場合、表示されていないページは対象となりません。(表示されていないページは未選択状態として扱います)。

全データを一括処理の対象とする

画面表示時に、全データがチェックされた状態となります。 データが複数のページにまたがっている場合でも、全てのページのデータがチェックされた状態になっています。 例えばこの状態で「削除」を行うと、画面に表示されていないデータもすべて削除されます。

図8 画面表示時にすべてが選択されている(すべてのページにまたがって選択されている)

ヘッダー部分に用意されたチェックボックスをクリックすることで、表示されているデータを全て選択することができます。 チェックを外すと、チェックされていたデータのチェックも外れ、未選択状態となります。

初期表示時
全てのデータが選択されています。 複数ページにまたがるデータがある場合、表示されていない他のページも全て選択されています。
データが複数ページあり、前後のページに移動した場合
チェックボックスの選択状態は記憶されます(ページを移動しても前に選択した状態を保持します)。
処理対象データ
チェックボックスで選択されている全てのデータ。 複数ページにまたがるデータがある場合、表示されていないページのデータもチェックボックスで選択されているものは対象となります。
「全データ一括処理の対象とする」設定は、グリッド形式表示では未対応です。

グリッド表示で、データを選択するためのチェックボックス欄を用意することができます。次の図は一括削除を行う例です。

図9 チェックボックス欄が用意された
図10 複数データを一括削除する例

設定方法

一括選択を利用する時は「一覧表示の行クリックで詳細表示画面に遷移する」設定は無効としてください。

図11 「一覧表示の行クリックで詳細表示画面に遷移する」設定を無効とする

ここでは一括削除を有効にしています。

図12 一括削除を有効にする

仕様・制約

  • 一括選択を利用する時は「一覧表示の行クリックで詳細表示画面に遷移する」設定は無効としてください。
  • 「全データ一括処理の対象とする」設定は、グリッド形式表示では未対応です。