リポジトリキー説明
acl/dataacl_groupmanagerグループ管理者の権限
acl/dataaclpattern権限パターン パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 パターン5 パターン6
acl/representation_registration代理登録の範囲 同一グループユーザ 全ユーザ
action/@confirmInsert確認画面を表示する
action/@constraintparticipantフロー参加者による閲覧権限を設定する
action/@displayNoReportDataMessage出力対象データが無かったときにメッセージを表示する
action/@isMoveResultForShowボタンを表示する条件式を記述します。
action/@isMoveResultForShowNextLabelボタン名(次へ)
action/@isMoveResultForShowPrevLabelボタン名(前へ)
action/@isMoveResultForUpdate表示する
action/@menucolorReportlist_2色を指定します。
action/@menucolorReportlist_3色を指定します。
action/@menucolorUpdatelist_2色を指定します。
action/@menucolorUpdatelist_3色を指定します。
action/@menucolorcalendarview_2色を指定します。
action/@menucolorcalendarview_3色を指定します。
action/@menucolordownload_2色を指定します。
action/@menucolordownload_3色を指定します。
action/@menucolorinsert_2色を指定します。
action/@menucolorinsert_3色を指定します。
action/@menucolorshowlist_2色を指定します。
action/@menucolorshowlist_3色を指定します。
action/@menucolortotalview10_2色を指定します。
action/@menucolortotalview10_3色を指定します。
action/@menucolortotalview2_2色を指定します。
action/@menucolortotalview2_3色を指定します。
action/@menucolortotalview3_2色を指定します。
action/@menucolortotalview3_3色を指定します。
action/@menucolortotalview4_2色を指定します。
action/@menucolortotalview4_3色を指定します。
action/@menucolortotalview5_2色を指定します。
action/@menucolortotalview5_3色を指定します。
action/@menucolortotalview6_2色を指定します。
action/@menucolortotalview6_3色を指定します。
action/@menucolortotalview7_2色を指定します。
action/@menucolortotalview7_3色を指定します。
action/@menucolortotalview8_2色を指定します。
action/@menucolortotalview8_3色を指定します。
action/@menucolortotalview9_2色を指定します。
action/@menucolortotalview9_3色を指定します。
action/@menucolortotalview_2色を指定します。
action/@menucolortotalview_3色を指定します。
action/@menucoloruploadupdate_2色を指定します。
action/@menucoloruploadupdate_3色を指定します。
action/@menuorderCalendarView数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderDownload数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderInsert数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderReportlist数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderSelect数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview10数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview2数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview3数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview4数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview5数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview6数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview7数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview8数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderTotalview9数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderUpdatelist数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@menuorderUploadupdate数字の昇順にメニューへ表示されます。
action/@printListScreenボタンを表示する条件式を記述します。
action/@printListScreenLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/@printScreenボタンを表示する条件式を記述します。
action/@printScreenLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/@restモデルのREST APIを有効にする
action/@showListGenerationPage世代管理一覧画面が用意されます。(準備中)
action/@showListPage画面を作成する
action/@singleModel同時複数ダウンロードを許可する
action/@strutsclasstypeカスタマイズ用のクラスを出力する
action/@totalViewCacheTtl数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl10数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl10_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl2数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl2_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl3数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl3_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl4数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl4_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl5数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl5_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl6数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl6_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl7数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl7_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl8数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl8_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl9数値を指定します。
action/@totalViewCacheTtl9_2省略時は「分」として扱われます。
action/@totalViewCacheTtl_2秒 分 時 日 月 年
action/@totalViewDisplaySum合計を表示する 縦、横 縦のみ 横のみ
action/@totalViewDisplaySum10縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum2縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum3縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum4縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum5縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum6縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum7縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum8縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/@totalViewDisplaySum9縦の合計欄、横の合計欄の表示を制御できます。省略時は「縦、横」となります。
action/aggregatelist/@type=avg平均値
action/aggregatelist/@type=count個数
action/aggregatelist/@type=max最大値
action/aggregatelist/@type=min最小値
action/aggregatelist/@type=sum合計値
action/cascade親モデルの削除時に自動的に削除する
action/cascade_update変更時に親モデルも更新する
action/condition/@andorsearch拡張検索機能を有効にする
action/condition/@cond条件式 以上 以下 より大きい より小さい 等しい 等しくない 文字列の部分一致 文字列の前方一致 文字列の後方一致 文字列の部分一致(実行時指定)
action/condition/@exceptPermaction暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction10暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction2暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction3暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction4暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction5暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction6暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction7暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction8暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@exceptPermaction9暗黙条件が適用されない権限を指定します。
action/condition/@implicit条件式
action/condition/@implicit10暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit10_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit2暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit2_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit3暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit3_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit4暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit4_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit5暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit5_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit6暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit6_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit7暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit7_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit8暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit8_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit9暗黙条件の条件値を指定します。
action/condition/@implicit9_2暗黙条件の条件式を指定します。
action/condition/@implicit_2条件式 以上 以下 より大きい より小さい 等しい 等しくない 文字列の部分一致 文字列の前方一致 文字列の後方一致
action/condition/@unreadStatusSearch既読/未読状態の検索に利用する項目
action/condition/groupdateitemtype使用する項目の種類 ユーザID グループID
action/download/@csv_encodingCSVファイルの文字エンコーディング
action/download/@filename拡張子を除いたファイル名を指定します。
action/download/@typeダウンロードファイルのタイプ CSV TSV Excel(xls) Excel(xlsx) 実行時指定
action/download/@type_2カラムのくくり文字 \" (なし)
action/initselect=false検索画面遷移直後の検索処理を止める
action/jumpIfAvailable検索結果が1件のとき詳細表示画面に遷移する条件 検索ボタン押下時 初期検索時 常に
action/jumpInsertIfNotExist更新対象データが存在しないとき登録画面に遷移する
action/jumpInsertIfSearchSetIsZero検索結果が0件のとき登録画面に遷移する
action/jumpUpdateIfSearchSetIsOne検索結果が1件のとき更新画面に遷移する条件 検索ボタン押下時 初期検索時 常に
action/lock/@autoReleaseLockInSameUserAccess同一ユーザのロックを自動的に解除する
action/script/@beforeInsertスクリプト
action/script/@controller/executeTiming実行タイミング
action/script/@controller/screen画面 詳細 一覧 登録 更新 削除 アップロード更新 ダウンロード
action/script/@controller/scriptスクリプト
action/script/@controller_Show_Show詳細画面の表示 印刷形式で表示 帳票 ウィザード次画面 ウィザード前画面 ウィザード指定画面 検索(検索条件保持) 検索(検索条件リセット) 検索(空の検索条件を利用) 項目指定並び替え 次のN件 前のN件 最初のN件 最後のN件 ページネーション番号指定 一括削除 一括メール送信 一括帳票 一括更新 一括処理 詳細画面へ コピー登録画面へ 更新画面へ 表示数変更 印刷形式で表示 一覧帳票 Ajax呼び出し REST API呼び出し 画面再描画 画面遷移 登録画面を開く 登録の実行 確認画面へ 確認画面から登録画面へ戻る キャンセル 繰り返しコンテナ追加 繰り返しコンテナ削除 ウィザード次画面 ウィザード前画面 ウィザード指定画面 クリア 全クリア 繰り返しコンテナ上へ 繰り返しコンテナ下へ 繰り返しコンテナ並び替え 郵便番号から住所を求める Ajax呼び出し 更新画面を開く 更新の実行 確認画面へ 確認画面から更新画面へ戻る キャンセル 繰り返しコンテナ追加 繰り返しコンテナ削除 ウィザード次画面 ウィザード前画面 ウィザード指定画面 クリア 全クリア 繰り返しコンテナ上へ 繰り返しコンテナ下へ 繰り返しコンテナ並び替え 郵便番号から住所を求める Ajax呼び出し 削除の実行 キャンセル ステータス表示 アップロード実行 処理の停止 アップロード更新後(1件毎) ダウンロード実行
action/script/@deleteTransactionトランザクション制御時のスクリプト(削除)
action/script/@insertTransactionトランザクション制御時のスクリプト(新規登録)
action/script/@updateTransactionトランザクション制御時のスクリプト(更新)
action/script/scriptExecuteTiming実行タイミング 登録 登録(初期データ作成) 更新 詳細画面表示 詳細画面表示(更新) 詳細画面表示(一覧) 計算 一括更新 帳票内容の編集 帳票出力後 帳票出力後(一覧) 入力チェック 入力チェック(一覧更新) 入力フィルタ 入力フィルタ(検索) 入力フィルタ(一覧更新) 論理削除
action/script/transactionScriptExecuteTiming実行タイミング 新規登録 更新 削除
action/transactionForCopyInsertコピー登録
action/transactionForDelete削除
action/transactionForInsert新規登録
action/transactionForUpdate更新
action/updatelist/@ignored_error_saveエラー行を無視して保存する
action/updatelist/@use_copy表示する
action/updatelist/@use_copy_at_parent_model_copy親モデルのコピー時に子モデルもコピーする
action/updatelist/@use_delete削除のチェックボックスを表示する
action/updatelist/@use_insert表示する
action/updatelist/@use_update更新処理を許可する
action/updatelist/dataitem/@defaultSize親モデルの新規登録画面の初期表示時に表示する子モデル一覧のレコード数を指定します。
action/uploadupdate/@check_primarykey_header主キー列の存在をチェックする
action/uploadupdate/@csv_encodingCSVファイルの文字エンコーディング
action/uploadupdate/@force_save_refitem参照連動項目を保存する
action/uploadupdate/@get_object_at_deleteスクリプトで削除を扱う
action/uploadupdate/@locktypeデータロックのタイプ モデル全体 レコード毎
action/uploadupdate/@typeアップロードファイルのタイプ
action/uploadupdate/@updatereadonlyアップロード更新時に読み込み専用項目を更新する ○ × アップロード更新で読み込み専用項目を更新する ○ ×
action/uploadupdate/@updatetimeアップロード更新時にデータの「更新時刻」情報を更新する
action/uploadupdate/@updateuseridアップロード更新時にデータの「更新ユーザ」情報を更新する
action/userDefinedButton1/@actionnameアクション名
action/userDefinedButton1/@actiontype画面名 検索画面 一覧表示画面 一覧表示画面(行毎) 詳細表示画面 新規登録画面 更新画面
action/userDefinedButton1/@hiddenparam追加パラメータ
action/userDefinedButton1/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton1/@nameイベント名
action/userDefinedButton1/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton10/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton10/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton10/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton2/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton2/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton2/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton3/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton3/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton3/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton4/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton4/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton4/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton5/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton5/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton5/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton6/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton6/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton6/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton7/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton7/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton7/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton8/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton8/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton8/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/userDefinedButton9/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
action/userDefinedButton9/@nameボタンに対応した Wagby 内部の動作(コマンド)を指定します。
action/userDefinedButton9/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
action/view/@rokuyo六曜(ロクヨウ)を表示する
action/view/@syncカンマ区切りで同時に表示したいモデル名(英語)を記載すると、このカレンダビューに複数モデルが表示されるようになります。
action/view/item/@aftercontentここで指定された文字列が後に連結されてカレンダビューに表示されます。
action/view/item/@beforecontentここで指定された文字列が前に連結されてカレンダビューに表示されます。
action/view/item[@type=total]/@name合計 個数 平均 最大 最小 積 中央 最頻 標準偏差 母集団の標準偏差 分散 母集団の分散 メジャー
action[@type=show]/datalist/dataitem/@maxresult最大表示数
displayreportlist/@init_2項目名 値
model/@actionMultipartFilenameサーバに保存される実ファイル名 ファイル名はユニーク、拡張子は維持 オリジナルファイル名をそのまま使う
model/@actionShowListPageOption同時表示数のパターン(数値を指定)
model/@cacheキャッシュを有効にする
model/@calendarPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_カレンダビュー」になります。
model/@columnNameRule=name列名に項目名(英語)を使用する
model/@copyForShowlist表示条件
model/@copyinsertshow有効の場合、既定のボタンが使用されます。コピー登録ボタンを複数用意する場合は、ラベルをカンマ区切りで入力します。
model/@copyinsertshowlist有効の場合、既定のボタンが使用されます。コピー登録ボタンを複数用意する場合は、ラベルをカンマ区切りで入力します。
model/@createtableテーブルを作成する
model/@csvPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_ダウンロード」になります。
model/@deleteForShowボタンを表示する条件式を記述します。
model/@deleteForShowLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@deleteForUpdateボタンを表示する条件式を記述します。
model/@graphColor色 青 橙 青緑 赤 紫 緑
model/@graphFontSizeフォントサイズ
model/@graphPieFontSizeフォントサイズ
model/@graphPieLabelLength最大表示文字数
model/@graphShow初期表示でグラフを表示する
model/@graphShow10集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow2集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow3集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow4集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow5集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow6集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow7集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow8集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphShow9集計ビュー画面に遷移直後のグラフエリアの表示・非表示を指定できます。
model/@graphType種類 縦棒グラフ 集合縦棒グラフ 横棒グラフ 集合横棒グラフ 積み上げ横棒グラフ 円グラフ(縦合計) 円グラフ(横合計) 折れ線グラフ 折れ線グラフ(マーカー有) 積み上げ折れ線グラフ 散布図 面グラフ 積み上げ面グラフ
model/@graphVtitleHtitle本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle10本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle10_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle2_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle3本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle3_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle4本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle4_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle5本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle5_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle6本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle6_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle7本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle7_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle8本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle8_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle9本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle9_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphVtitleHtitle_2本機能は現在、指定することはできません。
model/@graphWidthHeightグラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight10グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight10_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight2グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight2_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight3グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight3_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight4グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight4_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight5グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight5_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight6グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight6_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight7グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight7_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight8グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight8_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight9グラフの高さをピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight9_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@graphWidthHeight_2グラフの幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
model/@insertForShowボタンを表示する条件式を記述します。
model/@insertForShowLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@insertForiegnModelボタンを表示する条件式を記述します。
model/@insertForiegnModelLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@insertPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_新規登録」になります。
model/@isGraph使用する
model/@isGraph10グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph2グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph3グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph4グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph5グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph6グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph7グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph8グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@isGraph9グラフ出力機能は集計ビュー機能を有効にする場合のみ指定できます。
model/@logtypeログに出力する変更履歴の形式を指定します。
model/@mainmodelidrefメインモデル名
model/@mapviewPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_マップビュー」になります。
model/@menuorder数字の昇順にメニューへ表示されます。
model/@menuref指定したメニューに各画面へのリンクが作成されます。
model/@nocacheデータベースのキャッシュを完全に無効にする
model/@note説明
model/@optimisticLockバージョン管理用カラム名
model/@optimisticLockCheck楽観ロック
model/@outline概要
model/@pessimisticLock悲観ロック
model/@presentationShowListOnescreen検索画面と一覧表示画面を同時に表示する
model/@reportListPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_帳票」になります。
model/@selectable一括処理の扱い方法を指定します。
model/@showPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_詳細表示」になります。
model/@showlist2ForShowボタンを表示する条件式を記述します。
model/@showlist2ForShowLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@showlistForShowボタンを表示する条件式を記述します。
model/@showlistForShowLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@showlistPagetitle検索条件入力画面と一覧表示画面のタイトルを指定します。指定がない場合は検索条件入力画面は「モデル名(日本語)_検索」、一覧表示画面は「モデル名(日本語)_一覧」となります。
model/@showshowlistLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@static初期データで固定とする
model/@subdatabaseサブデータベース
model/@tablenameリレーショナルデータベースを利用した場合、物理テーブル名を直接指定します。この属性が省略された場合は、モデル名が適用されます。
model/@totalviewPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle10指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle2指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle3指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle4指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle5指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle6指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle7指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle8指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@totalviewPagetitle9指定がない場合は「モデル名(日本語)_集計ビュー」になります。
model/@updateForShowボタンを表示する条件式を記述します。
model/@updateForShowLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@updateListForForeignmodel同時更新を有効にする
model/@updateListPagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_一覧更新」になります。
model/@updatePagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_更新」になります。
model/@updateshowlistボタンを表示する条件式を記述します。
model/@updateshowlistLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/@uploadupdatePagetitle指定がない場合は「モデル名(日本語)_アップロード更新」になります。
model/@useQuoteid識別子の区切り文字 選択したデータベースの標準文字 区切り文字を指定しない
model/@workflowワークフローを有効にする
model/datalock/@nameロック名
model/displayitemgroup/@separate1縦↓ 横→ タブ
model/displayitemgroup/@separate2表示比率を "",(カンマ )""区切りで記述します。
model/displayitemgroup/@useFieldSet四角で囲む 縦方向にグループ化
model/download/jobダウンロードジョブを作成する
model/foreignkey/@showshowlistボタンを表示する条件式を記述します。
model/foreignkey/@showshowlistLabelボタンに任意の名前を命名できます。
model/foreignkey/@updateshowlistボタンを表示する条件式を記述します。
model/foreignkey/@updateshowlistLabelボタンに任意の名前を命名できます。
model/foreignkey/display/@conditionボタンを表示する条件式を記述します。
model/foreignkey/display/@label一覧名
model/foreignkey/display/@usetabExcelファイル(1データ1Excelシート)
model/foreignkey/show/link/@showLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/foreignkey/show/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
model/foreignkey/showlist/link/@showLabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
model/foreignkey/showlist/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
model/logicalDeleteデータの削除を論理削除にする
model/logicalDeleteValidItem論理削除判定項目
model/modelitem/@alloptionリストボックス利用時に「すべて」を用意する
model/modelitem/@calendarinput日付入力方式 カレンダの利用 リストボックスの利用(年) リストボックスの利用(年月) リストボックスの利用(年月日)
model/modelitem/@calendarinputForSearch日付補助入力 カレンダの利用 リストボックスの利用(年) リストボックスの利用(年月) リストボックスの利用(年月日)
model/modelitem/@copy追加時に値をコピーする
model/modelitem/@createindexインデックスを利用する
model/modelitem/@csvOutputCSV に出力する
model/modelitem/@csvUploadUpdate処理対象とする ○ ×
model/modelitem/@dateautoformat日付オートフォーマット機能を有効にする
model/modelitem/@defaultSize新規登録画面での初期表示数を指定します。
model/modelitem/@displayPermission閲覧権限
model/modelitem/@dualinputmethod追記型リストボックス
model/modelitem/@filter入力フィルタの選択 文字列(一般) 文字列(最小限) 日付型 数字型 半角->全角 半角->全角(カナのみ) 半角->全角(空白を含む) 全角->半角 全角->半角(空白を含む)
model/modelitem/@flowstatussearchフロー状態で検索を行なう
model/modelitem/@hasGenerationListModel世代管理画面の一覧表示項目に表示されます。(準備中)
model/modelitem/@icopyコピー登録時に値をコピーする
model/modelitem/@icopyactionコピー内容
model/modelitem/@maxOccurs-1のときは無制限です。
model/modelitem/@multiple繰り返しとして利用する
model/modelitem/@noteモデル項目説明
model/modelitem/@old_name旧データの項目名
model/modelitem/@outsideKeyモデル名
model/modelitem/@outsideKeyRefname参照先項目名
model/modelitem/@primaryKey主キーとして利用する
model/modelitem/@rangeCondition範囲検索を行なう
model/modelitem/@rdbcolumnname物理カラム名
model/modelitem/@rdbdatatypeテーブル定義の型
model/modelitem/@selectinput=Hm時刻入力方式 リストボックスの利用(時) リストボックスの利用(時分) リストボックスの利用(時分秒)
model/modelitem/@selectinput=Hm_2「リストボックスの利用」を選択したときにのみ、ここに時分の範囲、間隔を指定します。
model/modelitem/@sortKeyソート順
model/modelitem/@tetsearchSuggestMethod前方一致 部分一致 任意選択
model/modelitem/@textsearch全文検索を行なう ○ サジェストのみ
model/modelitem/@textsearchInFileファイルの内容を検索する
model/modelitem/@textsearchSuggestMethod文字列の一致方法 前方一致 部分一致 任意選択
model/modelitem/@textsearchSuggestPageSizeサジェスト機能で表示される候補リストの同時表示数を設定します。
model/modelitem/@textsearchTitle検索結果のタイトルに使用する
model/modelitem/@transient値をデータベースに保存する
model/modelitem/@typeSimple文字列 数値 日付・時刻 他モデルの項目参照 繰り返しコンテナ 繰り返しコンテナID
model/modelitem/@updatePermission更新権限
model/modelitem/@wizardウィザード
model/modelitem/@zeroClear日付・数字の初期値は表示しない
model/modelitem/action/@multiple増減タイミング 自動計算の前 自動計算の後 初期値設定の前 初期値設定の後
model/modelitem/action/@multiple_2増減位置 先頭に追加 末尾に追加 先頭を削除 末尾を削除
model/modelitem/autocalc自動計算式 年齢 所要時間 パディング
model/modelitem/autocalc_2四則演算の場合、式の中にモデル項目を指定するときは、項目名を "${" と "}" で囲って記述します。
model/modelitem/chartype=alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=date警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=date:yyyyMM警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=date:yyyyMMdd警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-katakana警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-kigou警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-lower-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-number警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hankaku-upper-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=hiragana警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=katakana警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=kigou警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=mailaddress警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=mailaddress_2メールアドレス(「@」はなくてもよい)
model/modelitem/chartype=number警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=whitespace警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-katakana警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-kigou警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-lower-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-number警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/chartype=zenkaku-upper-alphabet警告を選択すると、登録時に警告を表示します。
model/modelitem/consistency他項目比較
model/modelitem/consistency_2以上 以下 より大きい より小さい 等しい 等しくない 以上(警告) 以下(警告) より大きい(警告) より小さい(警告) 等しい(警告) 等しくない(警告)
model/modelitem/constraint/@type=disabled影響を受ける項目名(英語)と、条件となるID値を指定します。
model/modelitem/constraint/@type=disabled_2データ更新時に、すでに入力済みのデータの取り扱いを指定します。未指定時は「空白で上書き」となります。
model/modelitem/constraint/@type=enabled影響を受ける項目名(英語)と、条件となるID値を指定します。
model/modelitem/constraint/@type=enabled_2他項目の値によって入力可にする 空白で上書き 値を保持
model/modelitem/copyto/@jfcstartworkstate開始フロー状態の一覧表示項目名
model/modelitem/copyto/@jfcsuspendworkstate保留フロー状態の一覧表示項目名
model/modelitem/csvUploadUpdate/@numberformat数値フォーマット(Excel)
model/modelitem/csvoutput_parameter_modelitem/@outputOneColumnForCheckboxチェックボックスを区切り文字で区切って1つの列で出力する
model/modelitem/csvoutput_parameter_modelitem/@outputPermissionDenyColumn参照権限がない場合に空の列を出力する
model/modelitem/csvoutput_parameter_modelitem/@outputStorerefPrimaryKeyモデル参照項目の主キーもダウンロードする
model/modelitem/defaultValue[@action=init]初期値(登録画面表示時) 文字列(ランダム) ログオンID 所属グループ 自動計算式 Javaコード
model/modelitem/defaultValue[@action=init]_2初期値(登録画面表示時)
model/modelitem/defaultValue[@action=insert]新規登録画面からデータを登録するタイミングで初期値が設定されます。入力された値に関数等を適用することができます。
model/modelitem/defaultValue[@action=insert]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=searchForEnd]範囲検索の下限項目の初期値設定は「検索時」に設定します。
model/modelitem/defaultValue[@action=searchForEnd]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=search]検索画面からデータを検索するタイミングで初期値が設定されます。入力された値に関数等を適用することができます。
model/modelitem/defaultValue[@action=search]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=selectForEnd]範囲検索の下限項目の初期値設定は「検索画面表示時」に設定します。
model/modelitem/defaultValue[@action=selectForEnd]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=select]検索画面の検索条件の項目に初期値が設定されます。範囲検索が指定されている場合は下限項目の初期値になります。
model/modelitem/defaultValue[@action=select]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=show]詳細表示画面の表示直前に初期値が設定されます。
model/modelitem/defaultValue[@action=show]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/defaultValue[@action=update]更新画面からデータを更新するタイミングで初期値が設定されます。入力された値に関数等を適用することができます。
model/modelitem/defaultValue[@action=update]_2セットする値を記述します。
model/modelitem/formatフォーマット 平成○○年MM月dd日 平成○○年M月d日 平成○○年MM月 平成○○年M月 平成○○年 H○○年MM月dd日 H○○年M月d日 H○○年MM月 H○○年M月 H○○年 H○○ H○○-MM-dd H○○-M-d H○○-MM H○○-M H○○/MM/dd H○○/M/d H○○/MM H○○/M H○○.MM.dd H○○.M.d H○○.MM H○○.M yyyy年MM月dd日 yyyy年M月d日 yyyy-MM-dd yyyy-M-d yyyy/MM/dd yyyy/M/d yyyy.MM.dd yyyy.M.d yyyyMMdd yyyyMd yyyy年MM月 yyyy年M月 yyyy-MM yyyy-M yyyy/MM yyyy/M yyyy.MM yyyy.M yyyyMM yyyyM yyyy年 yyyy yyyy-MM-dd HH:mm:ss yyyy/MM/dd HH:mm:ss yyyy.MM.dd HH:mm:ss HH時mm分ss秒 HH:mm:ss HHmmss HH時mm分 HH:mm HHmm HH時 HH
model/modelitem/formatUserSettingフォーマット(ユーザ定義)
model/modelitem/formulaSQL 式
model/modelitem/generic_check1
model/modelitem/generic_check1_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。
model/modelitem/generic_check1_3メッセージ
model/modelitem/generic_check2
model/modelitem/generic_check2_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。
model/modelitem/generic_check2_3メッセージ
model/modelitem/generic_check3
model/modelitem/generic_check3_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。
model/modelitem/generic_check3_3メッセージ
model/modelitem/generic_check4
model/modelitem/generic_check4_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。
model/modelitem/generic_check4_3メッセージ
model/modelitem/generic_check5
model/modelitem/generic_check5_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。
model/modelitem/generic_check5_3メッセージ
model/modelitem/inherit/rdbdatatype参照先項目のテーブル定義の型と同じ設定を適用する
model/modelitem/limit文字数
model/modelitem/limit_2char byte char(警告) byte(警告)
model/modelitem/maxlength最大で表示できる文字数を設定します。
model/modelitem/noselection未選択を用意する
model/modelitem/noselectionForSearch未入力値を検索できるようになります。
model/modelitem/notequal禁止文字列
model/modelitem/notequal_2警告を選択すると、警告のみを行います。何も選択しない場合は、禁止文字列が入力されるとエラーとします。
model/modelitem/notnull必須
model/modelitem/notnullForSelect必須チェック ○ 警告 下限項目:必須、上限項目:必須 下限項目:警告、上限項目:警告 下限項目:警告、上限項目:必須 下限項目:必須、上限項目:警告 下限項目:なし、上限項目:必須 下限項目:なし、上限項目:警告 下限項目:必須、上限項目:なし 下限項目:警告、上限項目:なし
model/modelitem/range範囲
model/modelitem/range_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。何も選択しない場合は範囲チェックをエラーとします。
model/modelitem/regexp正規表現
model/modelitem/regexp_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。何も選択しない場合は、正規表現チェックをエラーとします。
model/modelitem/relation/@autoSelectFirstData選択肢の先頭のみ表示する
model/modelitem/relation/@editmode上書き 追記
model/modelitem/relation/@idref項目の型が「モデル参照」のとき、参照するモデルの名前を指定します。
model/modelitem/relation/@navigation参照元トレースリンクを表示する
model/modelitem/relation/@refstoretype参照モデルの格納先 自モデル 参照先のモデル
model/modelitem/relation/@restrictcontainerコンテナの参照連動時の表示条件
model/modelitem/relation/@revlink参照先トレースリンクを表示する リストボックス ラジオボタン チェックボックス 検索画面 参照連動
model/modelitem/relation/restrictparamlist/@sortソートキー 昇順 降順
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond1絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond10絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond10_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond1_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond2絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond2_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond3絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond3_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond4絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond4_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond5絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond5_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond6絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond6_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond7絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond7_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond8絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond8_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond9絞込条件
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@cond9_2範囲検索の上限、下限条件に値を設定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction1未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction10未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction2未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction3未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction4未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction5未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction6未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction7未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction8未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@nullaction9未入力のときの動作
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source1自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source10自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source10_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source1_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source2自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source2_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source3自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source3_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source4自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source4_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source5自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source5_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source6自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source6_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source7自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source7_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source8自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source8_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source9自モデル項目名または固定値
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@source9_2自モデルの項目名または固定値を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target1参照先項目名
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target10参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target2参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target3参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target4参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target5参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target6参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target7参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target8参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlist/restrictparam/@target9参照先の項目名を指定します。
model/modelitem/relation/restrictparamlistForSearch検索画面でも絞込みを行う
model/modelitem/relation_masterref/@sortrule参照先モデルを以下のルールでソートして表示します。
model/modelitem/relation_storeref/@displaynotcheckeditem選択されなかった項目名を表示する
model/modelitem/relation_storeref/@ignoreRolevalidInCondition無効判定項目を無視する
model/modelitem/relation_storeref/@roleid参照連動の主キー 連動する項目名
model/modelitem/relation_storeref/@roleid_2他のストアモデル参照連動型の場合、連動する自モデルの項目を指定します。
model/modelitem/relation_storeref/@roleorder昇順 降順
model/modelitem/relation_storeref/@sortrule表示優先度 ID 内容 参照先モデルの固定ソートキー
model/modelitem/same同一項目値
model/modelitem/same_2警告を選択すると、警告のみを行ないます。何も選択しない場合は、同一項目値チェックをエラーとします。
model/modelitem/searchtype表示方式の切り替え リストボックス チェックボックス ラジオボタン
model/modelitem/selfref自己参照による検索項目を指定する
model/modelitem/storeref/@autocompleteForSearch他のストアモデルの参照連動のとき連動する
model/modelitem/unique一意制約をチェックする
model/modelitem/urlinfo/@displayfieldリンク表示に利用する項目名
model/modelitem/urlinfo/@target別画面で開くときの画面識別子(target属性)
model/modelitem/userDefinedItem項目ルール
model/modelitem/zipcodeinfo/@addressfield住所項目名 文字列 郵便番号 メールアドレス URL ファイル名 整数 1バイト整数 2バイト整数 4バイト整数 8バイト整数 4バイト浮動小数 8バイト浮動小数 日付 日付と時刻 時刻
model/primaryKey/@autoid順序を利用する
model/primaryKey/@branch枝番として利用する
model/primaryKey/@notUseAutoidAtCopyInsertコピー登録時は順序を使わない
model/primaryKey/@start開始番号
model/primaryKey/keyRule/@formatパターン [接頭語][区切文字][順序] 平成○○[区切文字][順序] 平○○[区切文字][順序] H○○[区切文字][順序] YYYY[区切文字][順序]
model/primaryKey/keyRule/@formatSeparator区切文字
model/primaryKey/keyRule/@formatUserSettingパターン(ユーザ定義)
model/primaryKey/keyRule/@type=padding順序部分のパディング指定
model/primaryKey/keyRule/@type=prefix接頭語
model/primaryKey/keyRule/yearkind会計年度 4月開始
model/recievemail/job1/@acceptaddress許容する差出人アドレス
model/recievemail/job1/@apopAPOP認証
model/recievemail/job1/@attachmentメールの添付ファイルを登録するモデル項目名を指定します。
model/recievemail/job1/@bodyメール本文を登録するモデル項目名を指定します。
model/recievemail/job1/@ccメールのCcフィールドを登録するモデル項目名を指定します。複数指定のアドレスを格納するために繰り返し項目である必要があります。
model/recievemail/job1/@dataEndChar指定しなかった場合、行末の改行コードが使用されます。
model/recievemail/job1/@dataStartChar指定しなかった場合、半角スペースが使用されます。
model/recievemail/job1/@dateメールのDateフィールドを登録するモデル項目名を指定します。
model/recievemail/job1/@fromメールのFromフィールドを登録するモデル項目名を指定します。複数指定のアドレスを格納するために繰り返し項目である必要があります。
model/recievemail/job1/@isAnalyzeMailBody有効にする
model/recievemail/job1/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。
model/recievemail/job1/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。
model/recievemail/job1/@protocolプロトコル
model/recievemail/job1/@subjectメールのSubjectフィールドを登録するモデル項目名を指定します。
model/recievemail/job1/@targetitems本文の自動解析機能で登録対象とするモデル項目名を指定します。複数ある場合は、カンマ区切りで指定します。未指定の場合は、全てのモデル項目が対象となります。
model/recievemail/job1/@toメールのToフィールドを登録するモデル項目名を指定します。複数指定のアドレスを格納するために繰り返し項目である必要があります。
model/recievemail/job1/@zenkakuHankakuEqualFlag区切り文字の扱い 区切り文字が記号のとき全角半角を無視する
model/recievemail/job1/jobdesc説明
model/recievemail/job1/jobrule/@type=fire起動条件
model/recievemail/job1/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/common/@inreplytoメールヘッダに付加するIn-Reply-Toを指定します。
model/sendmail/common/@messageidメールヘッダに付加するMessage-IDを指定します。
model/sendmail/delete/@attachmentFilenameファイル型項目のプレイスホルダを指定します。プレイスホルダをカンマ区切りで指定することで、ひとつのメールに複数のファイルを添付させることができます。繰り返しコンテナ内のファイル型項目を指定することも可能です。
model/sendmail/delete/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/delete/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/delete/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/delete/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/delete/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/delete/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/delete/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/delete/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/delete/@screenmessageメール送信後のメッセージ表示を制御します
model/sendmail/delete/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/delete/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/download/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/download/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/download/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/download/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/download/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/download/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/download/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/download/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/download/@screenmessageメール送信後のメッセージ表示を制御します
model/sendmail/download/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/download/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/insert/@attachmentFilenameファイル型項目のプレイスホルダを指定します。プレイスホルダをカンマ区切りで指定することで、ひとつのメールに複数のファイルを添付させることができます。繰り返しコンテナ内のファイル型項目を指定することも可能です。
model/sendmail/insert/@auth× ○
model/sendmail/insert/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/insert/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/insert/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/insert/@condition送信条件
model/sendmail/insert/@fail失敗時のアクション
model/sendmail/insert/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/insert/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/insert/@mailtypeテキスト HTMLソース
model/sendmail/insert/@newbutton送信のタイミング 処理完了時 メール送信ボタン
model/sendmail/insert/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/insert/@screenmessageメール送信後にメッセージを表示する
model/sendmail/insert/@sendメールを送信する
model/sendmail/insert/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/insert/@success成功時のアクション
model/sendmail/insert/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/insert/link/@labelボタン名
model/sendmail/insert/link/@showcondition表示する
model/sendmail/insert/link/@showconditionCondition表示条件
model/sendmail/job1/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job1/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job1/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job1/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job1/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job1/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job1/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job1/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job1/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job1/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job1/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job1/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job1/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job1/jobdesc説明
model/sendmail/job1/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job1/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job1/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job10/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job10/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job10/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job10/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job10/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job10/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job10/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job10/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job10/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job10/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job10/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job10/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job10/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job10/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job10/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job10/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job2/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job2/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job2/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job2/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job2/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job2/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job2/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job2/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job2/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job2/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job2/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job2/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job2/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job2/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job2/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job2/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job3/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job3/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job3/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job3/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job3/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job3/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job3/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job3/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job3/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job3/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job3/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job3/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job3/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job3/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job3/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job3/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job4/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job4/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job4/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job4/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job4/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job4/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job4/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job4/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job4/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job4/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job4/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job4/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job4/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job4/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job4/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job4/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job5/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job5/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job5/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job5/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job5/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job5/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job5/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job5/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job5/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job5/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job5/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job5/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job5/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job5/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job5/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job5/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job6/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job6/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job6/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job6/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job6/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job6/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job6/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job6/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job6/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job6/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job6/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job6/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job6/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job6/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job6/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job6/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job7/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job7/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job7/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job7/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job7/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job7/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job7/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job7/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job7/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job7/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job7/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job7/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job7/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job7/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job7/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job7/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job8/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job8/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job8/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job8/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job8/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job8/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job8/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job8/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job8/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job8/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job8/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job8/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job8/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job8/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job8/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job8/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/job9/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/job9/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job9/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/job9/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job9/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job9/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/job9/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/job9/@nameシステム内で重複しないジョブ名(英語)を指定します。"SendMail"+(モデル名)+"Job"+(連番) のように指定することを推奨します。
model/sendmail/job9/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/job9/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/job9/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/job9/@waitCountメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job9/@waitTimeメールサーバの負荷を減らすために、1度に送るメールの数を制限します。送信回数が指定した数を超えた場合、「待ち時間」で指定した時間だけ処理を中断した後に、送信処理を再開します。入力がない場合、無制限となります。
model/sendmail/job9/jobrule/@type=failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/job9/jobrule/@type=fireジョブの起動条件を指定します。
model/sendmail/job9/jobrule/@type=successジョブ成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/show/@attachmentFilenameファイル型項目のプレイスホルダを指定します。プレイスホルダをカンマ区切りで指定することで、ひとつのメールに複数のファイルを添付させることができます。繰り返しコンテナ内のファイル型項目を指定することも可能です。
model/sendmail/show/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/show/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/show/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/show/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/show/@failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/show/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/show/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/show/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/show/@newbutton「処理完了時」:保存ボタン押下のタイミングでメールを送信します。「メール送信ボタン」:メール送信ボタンが表示され、それを押下したタイミングでメールを送信します。
model/sendmail/show/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/show/@screenmessageメール送信後のメッセージ表示を制御します
model/sendmail/show/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/show/@successメール送信成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/show/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/show/link/@labelボタンを表示する条件式を記述します。
model/sendmail/show/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
model/sendmail/showlist/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/showlist/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/showlist/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/showlist/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/showlist/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/showlist/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/showlist/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/showlist/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/showlist/@screenmessageメール送信後のメッセージ表示を制御します
model/sendmail/showlist/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/showlist/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/update/@attachmentFilenameファイル型項目のプレイスホルダを指定します。プレイスホルダをカンマ区切りで指定することで、ひとつのメールに複数のファイルを添付させることができます。繰り返しコンテナ内のファイル型項目を指定することも可能です。
model/sendmail/update/@authメール送信時に認証(AUTHコマンド)を用いるかどうかを指定します。
model/sendmail/update/@bcc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/update/@body固定文やデータの内容もメール文に含めることができます。
model/sendmail/update/@cc固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/update/@failジョブ失敗時のアクションを指定します。
model/sendmail/update/@from固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/update/@mailhost入力がない場合、環境設定タブに記載されているメールサーバが適用されます。コロン(:)で区切ることでポート番号を指定することができます。
model/sendmail/update/@mailtypeメールの本文形式を指定します。HTML形式の場合は、本文にHTMLタグを直接記述して下さい。
model/sendmail/update/@newbutton「処理完了時」:保存ボタン押下のタイミングでメールを送信します。「メール送信ボタン」:メール送信ボタンが表示され、それを押下したタイミングでメールを送信します。
model/sendmail/update/@protocol入力がない場合は、環境設定タブに記載されているプロトコルが適用されます。
model/sendmail/update/@screenmessageメール送信後のメッセージ表示を制御します
model/sendmail/update/@subject固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。
model/sendmail/update/@successメール送信成功時のアクションを指定します。
model/sendmail/update/@to固定文字列、またはプレイスホルダが指定可能です。区切り文字に半角カンマ「,」を使用することで複数アドレスを指定することもできます。
model/sendmail/update/link/@labelボタンを表示する条件式を記述します。
model/sendmail/update/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
model/showshowlist/@mapping遷移先モデルID
model/uploadupdate/jobアップロード更新ジョブを作成する
model/wizardLabelカンマ区切りで入力します。
model/wizardLabel/@showcondition表示する
modelitem/directcopy別項目の値をコピーする
modelitem/directcopy_2入力済みの場合はコピーしない
modelitem/filesize最小
modelitem/filesize_2最大
presentation//displaytotalratio比率を表示する
presentation//displaytotalratio/@numberformat数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat10数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat2数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat3数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat4数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat5数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat6数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat7数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat8数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio/@numberformat9数値項目を表示する際のフォーマットを指定します。
presentation//displaytotalratio10比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio2比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio3比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio4比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio5比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio6比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio7比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio8比率欄の表示を制御できます。
presentation//displaytotalratio9比率欄の表示を制御できます。
presentation/@mobileスマートフォン・携帯対応画面を作成する
presentation/calendar/@maxHours終了時刻
presentation/calendar/@minHours開始時刻
presentation/calendarOutput/@type表示方式 クラシック モダン
presentation/displayitem/@actionButtonVisibleボタンを表示する
presentation/displayitem/@actionbuttonlabelボタン名
presentation/displayitem/@align値の表示位置(横) 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@alignForEdit横 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@alignForShowList値の表示位置(横) 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@autotipsヘルプボタンを表示する
presentation/displayitem/@autotipsForSearch項目の型が日付型のときに自動表示されるヘルプボタンの表示を抑制します。この設定を有効にして、ヘルプボタンの名前を指定しない場合は、標準で用意するアイコンが表示されます。
presentation/displayitem/@autotipsForUpdate項目の型が日付型のときに自動表示されるヘルプボタンの表示を抑制します。この設定を有効にして、ヘルプボタンの名前を指定しない場合は、標準で用意するアイコンが表示されます。
presentation/displayitem/@checkAcceptFileExt新規登録/更新の際に許容するファイルの拡張子をカンマ区切りで指定します。
presentation/displayitem/@clearクリアボタンを作成する
presentation/displayitem/@cols1行の文字数
presentation/displayitem/@columnsizeチェックボックス・ラジオボタンの折り返し数
presentation/displayitem/@cursorPosition入力エリアのカーソル位置 左寄せ 右寄せ
presentation/displayitem/@displayRoleid値を直接入力できるようにする
presentation/displayitem/@displaycontrol一覧帳票に出力する
presentation/displayitem/@displaylabel=falseラベルを表示しない
presentation/displayitem/@dualSelectInput日付・日付と時刻のとき条件入力欄を2つにする
presentation/displayitem/@enterKeyActionEnterキーの取り扱い 無視する タブキー扱い ボタン押下
presentation/displayitem/@heightピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@heightForShowListピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@hidden隠し項目(全画面)
presentation/displayitem/@hidden_copyコピー登録画面の項目を隠し項目とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@hidden_insert登録画面の項目を隠し項目とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@hidden_update更新画面の項目を隠し項目とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@hidden_updatelist一覧更新画面の項目を隠し項目とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@hidden_updatelistInParent外部キー関係の親子モデル同時更新画面の項目を隠し項目とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@imageheightForshow高さ
presentation/displayitem/@imageheightForshowList高さ
presentation/displayitem/@imagewidthForshow
presentation/displayitem/@imagewidthForshowList
presentation/displayitem/@imeIME制御(日本語入力) オン オフ(英語モード) 無効
presentation/displayitem/@inputmaxlength最大入力文字数
presentation/displayitem/@labelalignラベルと値の表示方法 横→ 縦↓
presentation/displayitem/@labelalignForSearchラベルの表示位置(横) 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@labelalignForShowラベルの表示位置(横) 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@labelalignForShowListラベルの表示位置(横) 左寄せ センタリング 右寄せ
presentation/displayitem/@labelheightピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@labelheightForSearchピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@labelheightForShowListピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@labelnameForSearch項目名(日本語)と違う内容を表示したい場合に指定します。HTMLのタグを含めることもできます。
presentation/displayitem/@labelnameForShow項目名(日本語)と違う内容を表示したい場合に指定します。HTMLのタグを含めることもできます。
presentation/displayitem/@labelnameForShowList項目名(日本語)と違う内容を表示したい場合に指定します。HTMLのタグを含めることもできます。
presentation/displayitem/@labelnowrapラベルの表示を折り返さない
presentation/displayitem/@labelnowrapForSearchラベルの表示を折り返さない
presentation/displayitem/@labelnowrapForShowListラベルの表示を折り返さない
presentation/displayitem/@labelvalignForSearchラベルの表示位置(縦) 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@labelvalignForShowラベルの表示位置(縦) 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@labelvalignForShowListラベルの表示位置(縦) 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@labelwidth"%"を付けると比率を指定します。"%"を付けなければピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@labelwidthForSearch"%"を付けると比率を指定します。"%"を付けなければピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@labelwidthForShowList"%"を付けると比率を指定します。"%"を付けなければピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@maxlengthForShowList最大で表示できる文字数を設定します。
presentation/displayitem/@multipleSeparator一覧画面
presentation/displayitem/@multipleSeparatorForShow詳細画面
presentation/displayitem/@nendoBeginMonth開始月(補完)
presentation/displayitem/@nowrap値の表示を折り返さない
presentation/displayitem/@nowrapForShowList値の表示を折り返さない
presentation/displayitem/@numberformatフォーマット(ユーザ定義)
presentation/displayitem/@numberformatComboフォーマット
presentation/displayitem/@onChange=this.form.submit値変更時に画面を再描画する
presentation/displayitem/@outputfilenameファイル名(URL)を表示する
presentation/displayitem/@outputfilenameForshowList一覧表示に指定されたファイル型のファイル名、URLの表示有無を指定します。
presentation/displayitem/@outputfilenamehrefファイル名(URL)リンクを有効にする
presentation/displayitem/@outputfilenamehrefForshowList一覧表示に指定されたファイル型のファイル、URLへのリンクの有効無効を指定します。
presentation/displayitem/@paddingForSearch左から埋める文字と文字数を指定します。
presentation/displayitem/@placeholderプレースホルダのメッセージ
presentation/displayitem/@placeholderForSearchHTMLのplaceholder属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@placeholderForUpdateHTMLのplaceholder属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@poststring指定した文字列をテキストフィールドの後に固定で表示します。
presentation/displayitem/@prestring指定した文字列をテキストフィールドの前に固定で表示します。
presentation/displayitem/@readonly読み込み専用(全画面)
presentation/displayitem/@readonlyForSearch読み込み専用にする
presentation/displayitem/@readonly_2「リストボックスの利用」を選択したときにのみ、ここに開始年を指定します。
presentation/displayitem/@readonly_copyコピー登録画面の項目を入力不可(読み込み専用)とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@readonly_insert登録画面の項目を入力不可(読み込み専用)とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@readonly_update更新画面の項目を入力不可(読み込み専用)とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@readonly_updatelist一覧更新画面の項目を入力不可(読み込み専用)とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@readonly_updatelistInParent外部キー関係の親子同時更新画面の項目を入力不可(読み込み専用)とする場合に指定します。
presentation/displayitem/@rows行数
presentation/displayitem/@separateForSearch範囲検索条件入力欄のレイアウト 均等割り付け 左寄せ
presentation/displayitem/@size入力フィールド長
presentation/displayitem/@sortbuttonコンテナ内でソートする 昇順/降順 昇順 降順
presentation/displayitem/@storerefdisplay表示方法 検索画面
presentation/displayitem/@styleHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@styleForShowListHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@style_copyコピー登録画面
presentation/displayitem/@style_copy_2スタイルの適用範囲を指定します。空白時は「入力欄のみ」となります。
presentation/displayitem/@style_inputall全画面
presentation/displayitem/@style_inputall_2入力欄のみ 入力欄を囲う領域 両方
presentation/displayitem/@style_insert登録画面
presentation/displayitem/@style_insert_2スタイルの適用範囲を指定します。空白時は「入力欄のみ」となります。
presentation/displayitem/@style_update更新画面
presentation/displayitem/@style_update_2スタイルの適用範囲を指定します。空白時は「入力欄のみ」となります。
presentation/displayitem/@style_updatelist一覧更新画面
presentation/displayitem/@style_updatelistInParent親モデルとの同時更新時
presentation/displayitem/@style_updatelistInParent_2スタイルの適用範囲を指定します。空白時は「入力欄のみ」となります。
presentation/displayitem/@style_updatelist_2スタイルの適用範囲を指定します。空白時は「入力欄のみ」となります。
presentation/displayitem/@subformatForEditオプション表示(日付) (平成○年) (平成○年○月) (平成○年○月○日) (○曜日) (月)[曜日を1文字で表現] (平成○年○月○日○曜日)
presentation/displayitem/@subformatForSearch日付項目の側に指定したフォーマットの日付を表示します。
presentation/displayitem/@subformatForShow日付項目の側に指定したフォーマットの日付を表示します。
presentation/displayitem/@textarea2labelラベルで表示する
presentation/displayitem/@textarea2labelForShowListラベルで表示する
presentation/displayitem/@tipsヘルプボタン押下時に出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/@tipsForSearchヘルプボタン押下時に出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/@tipsForShowヘルプボタン押下時に出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/@tipsForUpdateヘルプボタン押下時に出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/@tipslabel省略時は「?」文字となります。画像ファイル名も指定することができます。画像ファイルの指定方法については、マニュアルの「項目ヘルプの用意」をご覧下さい。
presentation/displayitem/@tipslabelForSearch省略時は「?」文字となります。画像ファイル名も指定することができます。画像ファイルの指定方法については、マニュアルの「項目ヘルプの用意」をご覧下さい。
presentation/displayitem/@tipslabelForShow省略時は「?」文字となります。画像ファイル名も指定することができます。画像ファイルの指定方法については、マニュアルの「項目ヘルプの用意」をご覧下さい。
presentation/displayitem/@tipslabelForUpdate省略時は「?」文字となります。画像ファイル名も指定することができます。画像ファイルの指定方法については、マニュアルの「項目ヘルプの用意」をご覧下さい。
presentation/displayitem/@tooltipマウスオーバー時のメッセージ
presentation/displayitem/@tooltipForSearchHTMLのtips属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@tooltipForShowHTMLのtips属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@tooltipForUpdateHTMLのtips属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/@type入力項目の種類 テキストエリア テキストエリア(リッチ) パスワード 数字
presentation/displayitem/@type=count表示する
presentation/displayitem/@type=count_2一覧表示の項目ラベルに出力する単位を設定します。
presentation/displayitem/@typeForSearch隠し項目にする(全画面)
presentation/displayitem/@typeForSearchMain隠し項目にする(メインウィンドウ)
presentation/displayitem/@typeForSearchSub隠し項目にする(サブウィンドウ)
presentation/displayitem/@typeForShow=hidden隠し項目にする
presentation/displayitem/@typeForShowList=hidden隠し項目にする
presentation/displayitem/@typeForShowListInParent=hidden隠し項目にする(親モデルとの同時表示時)
presentation/displayitem/@type_ext入力項目の種類(スマートフォン) 数字 メールアドレス URL 電話番号
presentation/displayitem/@urlImageActiveURL型のリンク先画像を表示する
presentation/displayitem/@urlImageActiveForshowList一覧表示に指定されたファイル型のファイル名、URL型のリンクの表示有無を指定します。
presentation/displayitem/@useCheckYNimageチェックボックス選択時の画像を表示しない
presentation/displayitem/@valign値の表示位置(縦) 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@valignForEdit縦 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@valignForShowList値の表示位置(縦) 上寄せ センタリング 下寄せ
presentation/displayitem/@valueClassCSSのクラス名を指定することができます。
presentation/displayitem/@width"%"を付けると比率を指定します。"%"を付けなければピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/@widthForShowList"%"を付けると比率を指定します。"%"を付けなければピクセル値を指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=field内容
presentation/displayitem/displaytext/@position=fieldForSearch入力フィールドに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=fieldForShow入力フィールドに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=fieldForUpdate入力フィールドに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=label内容
presentation/displayitem/displaytext/@position=labelForSearch項目ラベルに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=labelForShow項目ラベルに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext/@position=labelForUpdate項目ラベルに出力するメッセージを指定します。
presentation/displayitem/displaytext[@position=field]/@styleHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=field]/@styleForSearchHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=field]/@styleForShowHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=field]/@styleForUpdateHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=label]/@styleHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=label]/@styleForSearchHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=label]/@styleForShowHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem/displaytext[@position=label]/@styleForUpdateHTMLのsyle属性の値を指定することができます。
presentation/displayitem[@type=textarea]/@cols1行の文字数
presentation/displayitem[@type=textarea]/@rows行数
presentation/displaymap/@typeマップの種類
presentation/displaymap/HeightWidthマップの縦幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
presentation/displaymap/HeightWidth_2マップの横幅をピクセルで指定します。単位は省略して下さい。
presentation/displaymap/column/@separateマップの表示位置が左または右の場合にのみ有効です。
presentation/displaymap/layoutマップの表示位置 下 左
presentation/displaymodel/@clickLink一覧表示の行クリックで詳細表示画面に遷移する
presentation/displaymodel/@heightForContainerコンテナの高さ
presentation/displaymodel/@overflowForContainerコンテナ内に横スクロールバーを表示する
presentation/displaymodel/@overflowForshowList一覧表示部分に横スクロールバーを表示する
presentation/displaymodel/@showListDisplayTypeグリッドで表示する
presentation/displaymodel/@showListFixedItem固定する項目名
presentation/displaymodel/@showListScrollHeightヘッダ行固定時のテーブルの高さ
presentation/displaymodel/@showListScrollType一覧表示部分のスクロールタイプ ヘッダ行を固定 列を固定 ヘッダ行・列を固定
presentation/displaymodel/@showListTableSeparate列固定時のテーブル幅
presentation/displaymodel/@singlePageUsingWizardウィザード表示を一つにまとめる
presentation/displaymodel/@updateListScrollHeight一覧更新部分のヘッダ行を固定したまま縦スクロールさせるにはテーブルの高さを固定する必要があります。ここでは、その高さをピクセル数で指定します。
presentation/displaymodel/@updateListScrollType一覧更新画面のデータ部分をスクロールしたときのヘッダの固定有無を指定します。※未指定の場合ヘッダの固定無し。
presentation/displaymodel/@updateListTableSeparate一覧表示部分の列固定機能を利用する場合、左右のテーブルの比率を指定できます。
presentation/displaymodel/@useFieldSetグループの表示方法 全体を四角で囲む 縦方向にグループ化
presentation/displaymodel/displaytext/@contentコード
presentation/displaymodel/displaytext/@position挿入位置 アクション領域の前 アクション領域の後
presentation/displaymodel/link[@action="Add"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/displaymodel/link[@action="Add"]/@showcondition表示する
presentation/displaymodel/link[@action="Add"]/@showconditionCondition表示条件
presentation/displaymodel/link[@action="Delete"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/displaymodel/link[@action="Delete"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/displaymodel/link[@action="Insert"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/displaymodel/link[@action="Insert"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/displaymodel/link[@action="Move"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/@searchListWindowWidthHeight高さ
presentation/layout/@searchListWindowWidthHeight_2
presentation/layout/panel/displaycalendar/@colorカレンダ表示時のモデルの色 赤 青 緑 黄 橙 青緑 紫
presentation/layout/panel/displaycondition/@buttonLayout検索ボタンの表示位置 上 下 上下
presentation/layout/panel/displaycondition/@calendarMoveType移動方式 ステップ指定 年月指定
presentation/layout/panel/displaycondition/@downloadEnableSizeダウンロード件数に制限を設けるときに使用します。検索結果が指定した数値を超える場合、ダウンロードボタンが無効になります。
presentation/layout/panel/displaycondition/@downloadForShowList表示する
presentation/layout/panel/displaycondition/@downloadbuttonlabelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/displaycondition/@foldable検索条件欄を折り畳めるようにする
presentation/layout/panel/displaycondition/@folded検索画面表示時に折り畳んで表示する
presentation/layout/panel/displaycondition/@resetOnlyリセットボタン押下時の検索処理を止める
presentation/layout/panel/displaycondition/@usePrimaryDateItemAsSearchConditionカレンダビューの日付項目を検索条件にする
presentation/layout/panel/foreignmodel/displaytext各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/layout/panel/foreignmodel/displaytext/@styleHTMLのstyle属性の値を指定することができます。
presentation/layout/panel/link/@action=DeleteAllボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/@action=New表示する
presentation/layout/panel/link/@action=NewCondition表示条件
presentation/layout/panel/link/@action=PrintAllボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/@action=SendMailAllボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/@action=Showボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/@action=UpdateAllボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/@action=UpdateAll_2一括処理の扱い方法 画面表示データのみ一括処理の対象とする 全データ一括処理の対象とする
presentation/layout/panel/link/@action=UpdateListボタンを表示する条件式を記述します。
presentation/layout/panel/link/packUpdateAllButtonsボタンを一つにまとめる
presentation/layout/panel/link/packUpdateAllButtons/@labelボタン名
presentation/layout/panel/link[@action=DeleteAll]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/link[@action=New]/@labelボタン名
presentation/layout/panel/link[@action=PrintAll]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/link[@action=SendMailAll]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/link[@action=UpdateAll]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/link[@action=UpdateList]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation/layout/panel/movebutton/@useJumplinkForShowListページネーションを表示する
presentation/linkpositionForInsert未設定の場合は「上」になります。
presentation/linkpositionForShowアクションボタンの表示位置 上 下 上下
presentation/linkpositionForShowList未設定の場合は「上」になります。
presentation/linkpositionForUpdate未設定の場合は「上」になります。
presentation/linkpositionForUpdateList一覧更新では設定できません。上のみの配置になります。
presentation/multipledisplaymodelForTotalview複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview10複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview2複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview3複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview4複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview5複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview6複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview7複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview8複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/multipledisplaymodelForTotalview9複数の集計ビュー画面を1つの画面にまとめるときに使用します。集計ビュー画面の画面番号をカンマ区切りで入力します。(自身の画面番号は除く)
presentation/panel/@name=bodyForConfirmInsert確認メッセージ
presentation/panel/@name=bodyForConfirmUpdate確認画面に表示するメッセージを指定します。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionCalendar各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionCsv各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionInsert各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionMapview地図の下/右に表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionReportList各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionSelect各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionShow各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionShowList説明文
presentation/panel/@name=descriptionTotalview各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview10各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview2各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview3各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview4各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview5各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview6各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview7各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview8各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionTotalview9各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionUpdate各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionUpdateList各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/@name=descriptionUploadupdate各画面に説明文として表示されます。HTMLタグも入力可能です。
presentation/panel/displaytext/@styleForConfirmInsertHTMLのstyle属性の値を指定することができます。
presentation/panel/displaytext/@styleForConfirmUpdateHTMLのstyle属性の値を指定することができます。
presentation/wizardPrevNextLinkLocation「前画面へ」「次画面へ」ボタンの配置 上 下 表示しない
presentation/workflow/displayflowselector/@inputtype申請フローの選択方法 リストボックス 検索画面(サブウィンドウ)
presentation/workflow/worker/displaytype処理者の表示
presentation[@idref=insert]/link/allclearbutton表示する
presentation[@idref=insert]/link[@action="Cancel"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=insert]/link[@action="Cancel"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=insert]/link[@action="Send"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=insert]/link[@action="Send"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=parent]/layout/panel/@conditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=update]/link/allclearbutton表示する
presentation[@idref=update]/link[@action="Cancel"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=update]/link[@action="Cancel"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=update]/link[@action="Send"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=update]/link[@action="Send"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Cancel"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Cancel"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Check"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Check"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Send"]/@labelボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
presentation[@idref=updatelist]/link[@action="Send"]/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printall/printall_output_method_pdfPDFファイル ○ ◎
printall/printall_output_method_rtfRTFファイル ○ ◎
printall/printall_output_method_sheetExcelファイル(1データ1Excelシート) ○ ◎
printall/printall_output_method_zipZIPファイル(1データ1Excelブック) ○ ◎
printlayout/filename10拡張子は省略してください。
printlayout/filename11拡張子は省略してください。
printlayout/filename12拡張子は省略してください。
printlayout/filename13拡張子は省略してください。
printlayout/filename14拡張子は省略してください。
printlayout/filename15拡張子は省略してください。
printlayout/filename16拡張子は省略してください。
printlayout/filename17拡張子は省略してください。
printlayout/filename18拡張子は省略してください。
printlayout/filename19拡張子は省略してください。
printlayout/filename2拡張子は省略してください。
printlayout/filename20拡張子は省略してください。
printlayout/filename21拡張子は省略してください。
printlayout/filename22拡張子は省略してください。
printlayout/filename23拡張子は省略してください。
printlayout/filename24拡張子は省略してください。
printlayout/filename25拡張子は省略してください。
printlayout/filename26拡張子は省略してください。
printlayout/filename27拡張子は省略してください。
printlayout/filename28拡張子は省略してください。
printlayout/filename29拡張子は省略してください。
printlayout/filename3拡張子は省略してください。
printlayout/filename30拡張子は省略してください。
printlayout/filename4拡張子は省略してください。
printlayout/filename5拡張子は省略してください。
printlayout/filename6拡張子は省略してください。
printlayout/filename7拡張子は省略してください。
printlayout/filename8拡張子は省略してください。
printlayout/filename9拡張子は省略してください。
printlayout/outputfilename1プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename10プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename10_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename11プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename11_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename12プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename12_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename13プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename13_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename14プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename14_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename15プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename15_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename16プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename16_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename17プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename17_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename18プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename18_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename19プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename19_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename1_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename2プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename20プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename20_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename21プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename21_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename22プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename22_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename23プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename23_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename24プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename24_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename25プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename25_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename26プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename26_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename27プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename28プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename28_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename29プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename29_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename2_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename3プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename30プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename30_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename3_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename4プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename4_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename5プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename5_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename6プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename6_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename7プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename7_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename8プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename8_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/outputfilename9プレースホルダ、関数を使用できます。固定文字列を指定する場合は""で囲みます。
printlayout/outputfilename9_3ボタンに任意の名前を命名できます。条件式を記述することでボタン名の表示を切り替えることができます。
printlayout/screentype詳細表示 一覧表示 帳票画面 新規登録 コピー登録 更新
printlayout/template1/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template10/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template11/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template2/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template3/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template4/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template5/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template6/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template7/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template8/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
printlayout/template9/link/@showconditionボタンを表示する条件式を記述します。
project/@idプロジェクト識別子
project/@noteプロジェクト説明
project/@packageJavaソースコードパッケージ名
project/customize/@anormversionバージョン
project/customize/@auto_logoff自動ログオフを有効にする
project/customize/@backToMenuAfterSessionTimeoutセッションタイムアウト後の再ログオン時にメニュー画面を表示する
project/customize/@refreshJuserEveryAccess毎回のリクエストでユーザ情報を取得する
project/customize/@searchListWindowWidthHeight高さ
project/customize/@searchListWindowWidthHeight_2
project/environment/@auth_LDAP_passwordLDAP/AD 接続用ユーザのパスワード
project/environment/@auth_LDAP_scopeユーザ情報の検索範囲 そのオブジェクト 1つ下 サブツリー
project/environment/@auth_LDAP_userDnLDAP/AD 接続用ユーザ
project/environment/@authenticationType認証方式 標準 外部認証(HttpServletRequest#getRemoteUser()を利用) 外部認証(LDAP)
project/environment/@browserCacheMaxAgeJavaScript/CSS のキャッシュ有効期間
project/environment/@javacSourceJavaのバージョン
project/environment/cluster/@connect_retry接続リトライ回数
project/environment/cluster/@connect_sleeptime接続待機時間
project/environment/cluster/@use_clusterクラスタリング構成を使用する
project/environment/database/@autoreconnectデータベースの自動再接続を有効にする
project/environment/database/@charencoding文字エンコード
project/environment/database/@databaseデータベース HSQLDB(組み込みDB)
project/environment/database/@maxactive最大接続数
project/environment/database/@maxidle未使用接続の最大数
project/environment/database/@maxwait最大待ち時間
project/environment/database/@passwordパスワード
project/environment/database/@quoteidtype識別子の区切り文字 選択したデータベースの標準文字 区切り文字を指定しない
project/environment/database/@userユーザ名
project/environment/dblockmanager/@useロック情報をデータベースのテーブルに格納する
project/environment/defaultlogonデフォルトログオン機能を使用する
project/environment/defaultlogon/@bottomareaログオンユーザの表示
project/environment/defaultlogon/@fontsize表示文字の大きさの指定
project/environment/defaultlogon/@helpiconヘルプアイコンの表示
project/environment/defaultlogon/@logofficonログオフアイコンの表示
project/environment/defaultlogon/@menuiconメニューアイコンの表示
project/environment/defaultlogon/@pankuzuパンくずの表示
project/environment/defaultlogon/@password使用するパスワード
project/environment/defaultlogon/@submenuサブメニューの表示
project/environment/defaultlogon/@userid使用するユーザ名
project/environment/init/@csv_encodingCSVファイルの文字エンコーディング
project/environment/init/@googlemaps_licenseライセンス 標準 プレミアム
project/environment/init/@max_logon最大接続ログオン数
project/environment/init/@max_multiple_logon同一ログオンアカウントでシステムにログオンできる最大数
project/environment/init/@session_timeoutセッションタイムアウト
project/environment/init/@textsearch_maxchar_per_dataデータ一件に格納できる最大文字数
project/environment/init/@textsearch_text_extractor文字抽出プログラム テキストのみ(標準) Tika
project/environment/mail/@authSMTP認証
project/environment/mail/@auth_passwordパスワード
project/environment/mail/@auth_userアカウント名
project/environment/mail/@connectiontimeoutコネクションタイムアウト
project/environment/mail/@portポート番号
project/environment/mail/@protocolプロトコル
project/environment/mail/@timeoutタイムアウト
project/environment/preference/@bottomareaログオンユーザの表示
project/environment/preference/@cssfilenameテーマの指定 soria claro tundra nihilo
project/environment/preference/@fontsize表示文字の大きさの指定 小 中 大
project/environment/preference/@helpiconヘルプアイコンの表示
project/environment/preference/@logofficonログオフアイコンの表示
project/environment/preference/@menuiconメニューアイコンの表示
project/environment/preference/@pankuzuパンくずの表示
project/environment/preference/@remindPasswordパスワードリマインダの表示
project/environment/preference/@submenuサブメニューの表示
project/environment/subdatabase/database/@database2データベース
project/environment/user/@userinfo_failedpassword_countアカウントロック
project/environment/user/@userinfo_oldpasswd_save_sizeパスワード再利用制限回数
project/environment/user/@userinfo_passwd_change_warn_periodパスワード有効日数警告
project/environment/user/@userinfo_passwd_digest_algorithmパスワードハッシュ化
project/environment/user/@userinfo_passwd_expire_periodパスワード有効日数
project/remindPassword/mail/@body本文
project/tomcat/@MaxPermSizeJVM最大永続世代ヒープメモリサイズ(MB)
project/tomcat/@PermSizeJVM初期永続世代ヒープメモリサイズ(MB)
project/tomcat/@checkClientSessionId送信リクエストのセッションIDをチェックする(CSRF対応)
project/tomcat/@msmemJVM初期ヒープメモリサイズ(MB)
project/tomcat/@mxmemJVM最大ヒープメモリサイズ(MB)
project/tomcat/@tomcatajp13portAJP1.3 ポート番号
project/tomcat/@tomcathttpportHTTP ポート番号
project/tomcat/@tomcatredirectportリダイレクトポート番号
project/tomcat/@tomcatserverportサーバポート番号
refermodel/modelitem/@addressfield住所項目名

モデルID.txt の位置は「repository/trunk/モデルID/モデルID.txt」です。
項目ID.txt の位置は「repository/trunk/モデルID/モデルID/項目ID/項目ID.txt」です。

メニューに関するリポジトリキーの詳細は「メニュー」の説明をお読みください。