1. このリンクをクリックして、j_estimate.zip をダウンロードします。
  2. ダウンロードした j_estimate.zip を、j_estimate.jar に改名します。
  3. この j_estimate.jar を、wagbydesigner/webapps/wagbydesigner/WEB-INF/lib/ フォルダに保存します。

ここでは Windows OS での利用方法を説明します。Linux/Mac OS Xで操作される場合はコンソールをお使いください。

「スタートメニュー>プログラムとファイルの検索」欄に、"cmd" と入力して実行します。(図1,図2)

図1 スタートメニュー
図2 "cmd" を実行する

図3に示すような、コマンドプロンプトが表示されます。

図3 コマンドプロンプト
スタートメニューを経由せず、直接「コマンドプロンプト」を実行することもできます。

コマンドプロンプトが起動したら、cd コマンドでカレントフォルダを移動します。移動先は Wagbyインストールフォルダ\wagbydesigner\bin です。(インストール先フォルダは適切に読み替えてください。)

図4 カレントフォルダを変える

次のようにコマンドを実行します。

java -jar Estimate.jar
図5 コマンドの実行

見積書 (estimate.html) が作成されます。Webブラウザを使って、このファイルを開いてください。

図6 実行結果 (estimate.html)

実行時にいくつかのオプションを指定することができます。

使い方: java -jar Estimate.jar [オプション]

オプション一覧を示します。

パラメータ説明
-p項目あたりの単価を指定します。省略時は 10,000 円 です。
-cアプリケーションの複雑度係数を指定します。省略時は 1.0 です。
-o組織の複雑度係数を指定します。省略時は 1.0 です。
-tax税率を指定します。省略時は 1.08 です。
-f出力ファイル名を指定します。省略時は estimate.html です。
-e出力ファイルの文字エンコードを指定します。省略時は utf-8 です。
-helpヘルプメッセージを出力します。
Wagby Developer Day 2017