モデル名のフィルタ機能は、モデル数が多い場合に該当するモデルを見つけやすくするものです。 R7.8

モデル一覧表示画面の右上に「フィルター」という欄が用意されています。

図1 フィルター入力欄

モデルIDで絞り込む

モデルIDで絞り込むことができます。図2は "cu" と入力した例です。モデルIDに"cu"を含むものだけが表示されます。

図2 モデルIDで絞り込んだ例

モデル名で絞り込む

モデル名で絞り込むこともできます。図3は "書" と入力した例です。モデル名に"書"を含むものだけが表示されます。

図3 モデル名で絞り込んだ例

仕様

  • フィルター欄にはモデルID/モデル名のいずれを入力することもできます。
  • 入力した文字を含んだものが選択されます。(部分一致検索となります。)

制約

別のプロジェクトに切り替えるためにリストアを行う場合、フィルタに入力していた文字は事前に消去しておいてください。文字が残ったままリストアを行うと、モデル一覧の表示が乱れることがあります。(フィルタ文字を消去することで、乱れは解消されます。)