サポート > リポジトリ > レイアウト > 繰り返しコンテナ - 多段レイアウト

繰り返しコンテナの各項目を複数行にまたがって表示することができます。

繰り返しコンテナの多段レイアウト例を図1に示します。

図1 繰り返しコンテナの多段レイアウト

レイアウト設計

繰り返しコンテナを構成するモデル項目を図2に示します。

図2 繰り返しコンテナの項目群

レイアウトタブ内の詳細タブを開きます。繰り返しコンテナを選択すると、画面左側の「繰り返しコンテナ」設定が開きます。

図3 繰り返しコンテナの情報設定欄

行数を"2"とし、変更ボタンを押下します。二行目が用意されます。

図4 行数を変更する

二行目に表示したい項目群をドラッグ&ドロップで設定します。「レイアウト設定保存」ボタンを押下して、このレイアウトを保存します。

図5 ドラッグ&ドロップで項目の表示並びを変更する
ご注意ください。「レイアウト設定保存」ボタンを押下せずに他の画面に切り替えた場合、これまでの編集内容は反映されません。

リポジトリの確認

ここまでの設定が、どのようにリポジトリに反映されたかを確認します。「リポジトリ」タブを開きます。「レイアウト名」タブには、"*C"ではじまる隠しレイアウト名が含まれています。文字Cに続く最初の数字は繰り返しコンテナごとに1,2,..と割り当てられます。アンダースコアに続く数字は段数になります。

繰り返しコンテナ項目には、レイアウト名を設定しません。繰り返しコンテナの名称を除く、すべての項目名にレイアウト名(隠しラベル)が含まれるようになります。
図6 リポジトリの確認

「問い合わせ日付」項目と「回答日付」項目を並べて表示する例を説明します。

図7 列を並べて表示する

リポジトリの編集

この設定は、リポジトリを直接、編集します。「レイアウト > リポジトリ > 繰り返しコンテナ」を開きます。

任意のラベル名を、項目の並びを合わせたい場合に指定します。ラベル名は1文字以上の英数字を使います。
ラベル位置を示す文字が同じ項目同士で位置合わせが行われます。

図8の例では、"a" "b" "c" のラベル名でそれぞれ位置合わせが行われています。

図8 リポジトリを編集する
図9 ラベル名による位置合わせイメージ

繰り返しコンテナIDを表現する「No」項目を、二行にまたがって表示させる例を説明します。

図10 セル結合(行)の例

レイアウト設計

「レイアウト > 詳細」タブを開きます。画面右側のスクリーンエディタ部で、繰り返しコンテナ内の項目「No」を選択します。その後、画面左側の情報設定部で、この項目の「セル結合 行」に"2"を設定します。

図11 セル結合(行)の設定

リポジトリの確認

「No」項目の「セル結合(行)」が"2"となっています。

図12 リポジトリの確認

ラベル名を削除する

今回の例では、先頭の「No」項目の表示が二行にまたがるため、図8で設定した「ラベル名」はなくても、表示結果は同じとなります。設定を単純にするため、以降はラベル名を削除した状態とします。

図13 ラベル名を手動で消去しておく

繰り返しコンテナに新しい項目「備考」を追加した例を示します。この「備考」列は 3 列にまたがるようになっています。

図14 セル結合(列)の例

レイアウト設計

追加した項目「備考」は次のとおりです。

図15 備考項目の追加

行数を"3"に変更します。

図16 行数の変更

「リポジトリ > レイアウト名」を直接、編集します。追加した「備考」項目のレイアウト名に手動で三行目に加えるためのラベル名を指定します。今回は"*C1_"ではじまるレイアウト名へ三行目という意味で"*C1_3"と記述します。

図17 レイアウト名の編集
または、既存のレイアウト名をすべて削除し、再び図16の画面でドラッグ&ドロップで再配置することもできます。

「No」項目にセル結合(行)を指定します。今回は3行となったので"3"とします。

図18 セル結合(行)の指定

「備考」項目にセル結合(列)を指定します。この例では3列分の表示エリアを使うため"3"とします。

図19 セル結合(列)の指定

これまでの設定を保存します。

図20 レイアウト設定を保存する

リポジトリの確認

ここまでの設定が、どのようにリポジトリに反映されたかを確認します。セル結合(行)とセル結合(列)に指定した値が設定されています。

図20 リポジトリの確認