サポート > リポジトリ > スクリプト

Wagbyが生成したコードを活かして、さまざまな業務ロジックを実装することができます。WagbyではサーバサイドJavaScriptを「スクリプト」と呼びます。またクライアントJavaScriptを「JavaScript」と呼びます。

一般に "JavaScript" といえば、Webブラウザ上で実行されるクライアントサイドJavaScriptとして知られています。これはHTML要素の操作のために使われるもので、主に「画面描画」に関する処理を記述します。

本章で説明するスクリプト(サーバサイドJavaScript)は、Javaオブジェクトを操作するために用います。文法は両方ともJavaScriptですが、両者は目的が異なります。ここで説明するスクリプトは業務ロジックを記述するものです。画面表示をカスタマイズすることはできません。

図1 サーバサイドJavaScriptとクライアントサイドJavaScript
Wagbyでは、サーバサイドJavaScriptのことを「スクリプト」と表記します。クライアントJavaScriptのことを「JavaScript」と表記します。
サーバサイドJavaScript技術は、Java に標準で組み込まれています。JavaScript で記述されたプログラムから、Java オブジェクトを操作できるという特徴があります。またビルド不要で、すぐに動作させることができます。

スクリプトの作成方法

「画面 > スクリプト」からスクリプトファイルを作成することができます。編集後、Wagbyアプリケーションで対応するモデルの画面を再描画(リロード)することで、すぐに動作を確認することができます。

図2 スクリプトの入力

スクリプト欄をクリックすると、エディタが起動します。

図3 スクリプトエディタ
テキストエディタはオープンソースの Ace を同梱しています。
(1) ヘルパとコントローラ、トランザクション境界の関係スクリプト
スクリプトはヘルパ系とコントローラ系に大別されます。実装したい処理の用途に応じて、適切なポイントにスクリプトを記述します。
(2) モデルの基本 (1) スクリプト
Wagbyのモデルはどのような構成になっているかを説明します。その中でも基本となるストアモデルの操作方法を説明します。
(3) モデルの基本 (2) スクリプト
プレゼンテーションモデル、コンディションモデル、リストモデルを説明します。
(4) 生成されるスクリプトファイルの詳細 スクリプト
Designerで入力したスクリプトはファイルとして生成されます。
(5) Wagby関数を利用する スクリプト
Wagbyが提供する関数をコードでも利用することができます。
(6) スクリプトを用いた主キーの拡張 スクリプト
スクリプトを利用して、任意の書式を設定する方法を説明します。
(7) サブデータベースで順序を使う スクリプト
スクリプトを利用してサブデータベースの登録時に順序を使う方法を説明します。
(8) スクリプトでの初期化処理 スクリプト
スクリプトを使った初期値の定義方法を説明します。
(9) 入力チェック・整合性チェック スクリプト
複雑な入力チェックや整合性チェックをスクリプトで実現する方法を説明します。
(10) 入力フィルタ スクリプト
Webフォームから入力された値を変換する「フィルタ」処理をスクリプトで記述できます。
(11) 一括更新 スクリプト
一覧表示画面で用意した「一括更新」処理の本体をスクリプトで記述します。
(12) 一覧帳票出力後の更新 スクリプト
帳票出力を実行後、呼び出されるスクリプトを紹介します。
(13) モデルをまたがる計算(トランザクション)スクリプト
モデルをまたがる計算は「トラザクション」となります。ここではトランザクションスクリプトの作成方法を説明します。
(14) Service/Daoクラス、ヘルパ、SQLを利用する スクリプト
スクリプトから(Wagbyが自動生成した)Service/Daoクラスを利用できます。またSQLを利用することもできます。
(15) メールを送信する スクリプト
スクリプトからメール送信を行う方法を説明します。
(16) ログ出力 スクリプト
スクリプトからログ出力を行う方法を説明します。
(17) サンプルコード スクリプト
業務で使えるサンプルコードを紹介します。