製品 > 更新情報 > R7の更新履歴

R7.10.1 |  R7.10.0 |  R7.9.2 |  R7.9.1 |  R7.9.0 |  R7.8.3 |  R7.8.2 |  R7.8.1 |  R7.8.0 |  R7.7.2 |  R7.7.1 |  R7.7.0 |  R7.6.1 |  R7.6.0 |  R7.5.2 |  R7.5.1 |  R7.5.0 |  R7.4.3 |  R7.4.2 |  R7.4.1 |  R7.4.0 |  R7.3.2 |  R7.3.1 |  R7.3.0 |  R7.2.1 |  R7.2.0 |  R7.1.3 |  R7.1.2 |  R7.1.1 |  R7.1.0 |  R7.0.4 |  R7.0.3 |  R7.0.2 |  R7.0.1 |  R7.0.0

[2016.12.22] Wagby R7.10 を公開しました。

本版は R7.10 の不具合修正ならびに機能改善版です。R7.10利用者は、R7.10.1への移行を行ってください。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.12.13] Wagby R7.10 を公開しました。

機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.8.19] Wagby R7.9.2 を公開しました。

本版は R7.9/R7.9.1 の不具合修正ならびに機能改善版です。R7.9/R7.9.1利用者は、R7.9.2への移行を推奨します。

機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.7.29] Wagby R7.9.1 を公開しました。

本版は R7.9 の不具合修正ならびに機能改善版です。R7.9利用者は、R7.9.1への移行を推奨します。

機能

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.6.20] Wagby R7.9.0 を公開しました。

機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.4.28] Wagby R7.8.3 を公開しました。

本版は R7.8/R7.8.1/R7.8.2 の不具合修正版です。R7.8/R7.8.1/R7.8.2利用者は、R7.8.3への移行を推奨します。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.3.18] Wagby R7.8.2 を公開しました。

本版は R7.8/R7.8.1 の不具合修正ならびにセキュリティ脆弱性対応版です。R7.8/R7.8.1利用者は、R7.8.2への移行を推奨します。

セキュリティ脆弱性対応

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.2.18] Wagby R7.8.1 を公開しました。

本版は R7.8 の不具合修正版です。修正箇所はフレームワーク部分のみで、自動生成されるコードに変更はありません。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2016.2.8] Wagby R7.8 を公開しました。

機能

Wagby Designer

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.10.27] Wagby R7.7.2 を公開しました。

セキュリティ

  • クロスサイトスクリプティング脆弱性が発生する箇所が発見されました。この対応を含む、いくつかのセキュリティ強化を行いました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.10.16] Wagby R7.7.1 を公開しました。

ビルド処理

  • テーブル定義のためのスクリプト自動生成処理の最適化を行いました。これによって差分ビルドの時間が短縮されます。
  • 内蔵データベース利用時、テーブル定義の変更が不要の場合、ビルド前のエクスポート処理とビルド後のインポート処理をスキップさせる最適化を行いました。これによって差分ビルドの時間が短縮されます。

同梱するライブラリのアップデート

  • Dojotoolkit を 1.10.3 から 1.10.4 へアップデートします。

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.9.30] Wagby R7.7.0 を公開しました。

基本機能

  • リアルタイム入力エラー検出時は、保存などのボタンを押下できないようになりました。(フォームの送信機能もDojoToolkitを使うようにしました。)
  • 入力エラー発生時、エラーとなった入力項目の背景色を赤に変更する処理を加えました。エラー項目の場所がわかりやすくなります。本仕様に対応する入力フォームはテキストボックスと、日付時刻リストボックスです。
  • データベースにテーブルを作成しない選択肢モデルを定義できるようになりました。運用中に変更されることのないケース(例、男女フラグなど)でご利用いただけます。

パフォーマンス

  • メール送信ジョブの処理速度が向上しました。おおよそ2倍の高速化となっています。また、メモリ消費量も従来より抑えられています。
  • インポート処理の処理速度が向上しました。3倍から4倍の高速化となっています。
  • ビルドしたWagbyアプリケーションの起動が高速化されました。1.5倍から2倍の高速化となっています。

ワークフロー

Wagby Designer

  • 項目の型の変更を行ったとき、主キー・外部キー・繰り返し・計算・DB設定・入力チェック・絞り込み・出力書式・初期値・暗黙条件をクリアするようになりました。これは古い設定が残った影響によるビルドエラーを起こさないようにするためです。

スクリプト

リポジトリ構成の変更

環境

  • Tomcat 7.0.64 を同梱します。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.9.1] Wagby R7.6.1 を公開しました。

新機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.8.21] Wagby R7.6.0 を公開しました。

基本機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.6.19] Wagby R7.5.2 を公開しました。

基本機能

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.6.1] Wagby R7.5.1 を公開しました。

基本機能

アップロード更新

メール送信

REST API

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.5.12] R7.5.0 を公開しました。

クラウド対応

パフォーマンス

  • 一覧表示画面で、不要な権限チェック文を生成しないようにしました。(これまでは一律、チェック文を生成していました。)これにより、項目権限を指定していない場合の表示パフォーマンスが向上します。

レイアウト

  • 「出力(一覧表示)> テキストエリアをラベルで表示する」の設定を用意しました。これにより、通常の一覧表示画面と外部キー親モデル内の一覧表示画面でテキストエリアの表示形式を個別に制御できるようになります。(これまでは、子モデルの詳細画面の設定を反映させていました。)R7.5.0に同梱される移行ツールを適用することで、旧リポジトリは本設定が標準で「○」となります。これによって見た目の互換性が維持されます。
    このため、移行後のリポジトリのモデル項目に初期値として「presentation/displayitem/@textarea2labelForShowList=○」が追加されます。svnやGitなどのバージョン管理ツールをご利用の方は、R7.5へ移行後、全ファイルをコミット対象としてください。
  • 標準の common.css の一部だけを書き換える仕組みを用意しました。mycommon.css に変更したい箇所のみ記述すると自動的にマージされます。

REST API

関数

ログ

  • 一般例外とセキュリティ例外の場合、ログファイル(system.log)にスタックトレースを記録することを標準としました。(これまではログレベルDEBUGで出力していました。)

Java 8 対応

  • 環境 > サーバ > ビルド > Javaのバージョン」の初期値を "1.8" としました。カスタマイズする Java コードならびにサーバサイド JavaScript のいずれも Java 8 文法を利用することができます。(これまでは Java 8 で動作しても、カスタマイズコードに Java 8 の文法を使うことには未対応でした。)

セキュリティ

  • REST APIを有効にしたモデルがファイル型項目を含む場合、任意のファイルを閲覧できるという問題を修正しました。[重要] REST API を利用している場合、R7.5 へのアップグレードを行ってください。

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.3.18] Wagby R7.4.3 を公開しました。

R6.x および R7.0.x 〜 R7.3.2 をご利用の方は、移行ツールを使ってリポジトリをアップデートしてください。(システム系のモデルが変更されています。
※ 7.4.0/7.4.1/7.4.2 から 7.4.3 へのアップデートでは、移行ツール適用は必要ありません。repository フォルダをそのままコピーしてお使いください。

パフォーマンス

  • 一覧表示機能で、キャッシュデータの複製処理を改善しました。一覧表示のモデル参照項目が多い場合、R7.4.2 に比較して、さらに表示パフォーマンスが向上しています。

機能

改善・不具合修正一覧はこちら。

[2015.3.13] Wagby R7.4.2 を公開しました。

パフォーマンス

  • 一覧表示時に、不要なモデル参照を行わないようにすることで処理速度が向上しました。この処理はR6で行われていたもので、これによってR6と同等になりました。(一覧表示項目にモデル参照が含まれており、かつ参照先モデルの項目数が多い場合に効果があります。)
  • ワークフロー「開始フロー状態検索」で、いくつかのSQL発行を削減することで処理速度が向上しました。

ワークフロー

REST API

Excel帳票・メール送信

ログオンフォーム

  • ブラウザにIEまたはFirefoxを利用したとき、ログオン画面のユーザIDとパスワード入力欄のオートコンプリート機能が使えるようになりました。ユーザIDのオートコンプリート候補をドロップダウンリストから選択する機能が働きます。カーソルキーで候補を選択後に Enter キーを押して確定させることができます。
ユーザIDの入力欄で Enter キーを押してもパスワード欄には移動しません。(Enterキーは、オートコンプリート機能で用いるためです。)

Java 8 対応

同梱するライブラリのアップデート

  • Apache POI のバージョンが 3.10-FINAL から 3.11 になりました。

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.2.10] Wagby R7.4.1 を公開しました。

パフォーマンス

  • ワークフロー、メールテンプレート、帳票テンプレート利用時に、全モデルの個数を取得するSQL処理が行われていましたが、これを抑制するようにしました。

同梱するライブラリのアップデート

  • Spring 3.2.10 から 3.2.13 へアップデートします。

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2015.2.2] R7.4.0 を公開しました。

新機能

既存機能の強化

ワークフロー

関数

スクリプト

運用

同梱するライブラリ

  • Dojotoolkit 1.10.3 へアップデートしました。XSS 脆弱性に対応するものです。

Wagby Designer

  • 項目間のカーソル移動が行えるようになりました。
  • モデルとモデル項目の設定欄を記入式から選択式へ統一されました。
  • 画面・メール・権限・レイアウト設計タブで、どのモデルを操作しているかをわかるようにするため、モデル名とモデルID欄を常に表示するようになりました。
  • ビルドエラー時に、メッセージがダイアログに表示されるようになりました。(これまではlogs/system.logファイルを直接、閲覧していました。)

同梱する郵便番号データ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.11.28] Wagby R7.3.2 を公開しました。

データベース

  • Oracle 12c に対応しました。
  • SQLServer 2014 に対応しました。同時にSQLServer 2000はマイクロソフト社サポート終了のため選択肢から削除しました。
  • DB2 10.5 に対応しました。
  • モデル毎に(外部)データベースの「識別子の区切り文字」を選択できるようになりました。
  • JDBCドライバの配置ルールを簡素化しました。

仕様変更

  • 検索条件の「リセット」を行ったタイミングで、ページに表示する件数も初期値に戻すようになりました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.11.14] Wagby R7.3.1 を公開しました。

新機能

インポート・エクスポート

  • ロックオブジェクトを管理する jfclockobject モデルをインポート・エクスポート処理の対象外としました。

国際化

  • 出荷時に同梱する英語版リソースの翻訳内容を強化しました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.11.6] R7.3.0 を公開しました。

新機能

標準機能の強化

Wagby Designer

インストーラの提供

同梱する郵便番号データ

  • この版より、R6系の住所マスタと共通化されました。(R7.2.1までは互換性なし)
  • 日本郵政公社の住所マスタにおける、括弧表記を除外する。例: 郵便番号が「600-8016」の場合、これまでは"京都府京都市下京区材木町(木屋町通松原下る、松原通木屋町東入、松原通高瀬川筋" となっていましたが、この版より括弧部分を除去し、"京都府京都市下京区材木町" となります。
  • 平成26年10月31日更新分の郵便番号データ(zipcloud版)を含みます。

バッチジョブの作成支援

  • スケジューラに登録するジョブクラスから Dao を呼び出せるようになりました。
  • Spring Batch によるジョブクラスの作成が行えるようになりました。

移行ツール

カスタマイズ

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.9.30] Wagby R7.2.1 を公開しました。

新機能

改善点

Wagby Designer

同梱するライブラリ

  • Dojotoolkit 1.10.1 へアップデートしました。

移行ツール

  • R6.6 Update 9 以前の版で使われていた旧方式の計算式を、現在の方式に変換するようにしました。(四則演算式ならびに初期値の式を対象とします。)
  • juserモデルを参照している項目で、juserのid項目を表示優先度、内容、有効期限、絞込項目に指定していた場合、これをuserid項目へ置換するようにしました。(juserのid項目は廃止されたため)
  • R7.2 よりワークフローの状態を記録するモデル jfcworkstate の processed_layerid 項目の一覧表示を有効にする必要があります。移行ツールにより、本設定を常に有効にするようにしました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.9.10] R7.2.0 を公開しました。

改善点

Wagby Designer

  • Designerで、モデル名またはモデル項目名を変更したとき、これを参照しているすべてのモデルの情報が一斉に置換されるようになりました。(確認ダイアログにより、どのモデルに影響があるかも把握できます。)
  • 他モデルの項目参照ダイアログキャンセル時には型を元に戻すようになりました。(これまでは設定を行なわずにダイアログを閉じても型が「他モデルの項目参照」のままとなっていました。)
  • 項目の型詳細の内容がツールチップで表示されるようになりました。
  • モデル項目詳細ダイアログに項目移動ボタンを用意しました。連続した設定内容の確認や変更が可能となりました。
  • 繰り返しコンテナ項目のレイアウトを設定後、通常の項目に変更した際にコンテナのレイアウト設定をクリアするようになりました。
  • 運用タブ内に、リポジトリ再読み込みボタンを用意しました。

環境

  • 平成26年8月29日更新分の郵便番号データを含みました。

セキュリティ

  • 帳票テンプレートとメールテンプレートの定義で、一般ユーザ(common)の閲覧権限を除去しました。これはセキュリティ強化のためです。移行ツールではこの処理は行なわないため、旧バージョンを利用している方で、一般ユーザがこのデータを直接、閲覧できるのが好ましくないという場合は、この二つの定義の権限から、一般ユーザを除去してください。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.8.15] Wagby R7.1.3 を公開しました。

改善点

  • Java 8 環境に対応しました。
  • 外部キー子モデルの同時更新、一覧更新で参照連動項目の修正が行えるようになりました。(R6では制約となっていました。)
  • 関数A1FORMATを提供しました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.7.31] Wagby R7.1.2 を公開しました。

改善点

  • 差分ビルドの安定性が向上しました。
  • R6のスマートフォン機能に対応しました。
  • R6のパスワードリマインダ機能に対応しました。
  • JasperReportへの印刷機能に対応しました。
  • リストボックスに対する"未選択"の検索に対応しました。
  • 参照連動他モデル保存機能に対応しました。

環境

  • 平成26年6月30日更新分の郵便番号データを含みました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.6.16] Wagby R7.1.1 を公開しました。

リポジトリ構造

  • どのバージョンのWagbyに対応しているかを示す情報および最終更新日付時刻を保持するようになりました。(同梱する「移行ツール」を適用すると、R7.1.1用の構造に変換されます。)

設計書出力

環境

  • 平成26年5月30日更新分の郵便番号データを含みました。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.5.23] R7.1.0 を公開しました。

新機能

仕様変更

  • R7.0.xのアカウントモデル(juser)の主キー項目idは廃止されます。代わってuserid項目が主キーとなります。(移行ツールによって自動的に変換します。)

R6機能の対応

  • メール送信機能を設定できるようになりました。
  • Excel・PDF帳票機能を設定できるようになりました。
  • 「別項目の値をコピーして利用する」設定が行えるようになりました。
  • IME制御の設定が有効になりました。(IE限定です。)

環境

  • Tomcat 7.0.53 を同梱しました。
  • 平成26年4月30日更新分の郵便番号データを含みました。

REST API

  • カレンダビューの情報を提供するREST APIを用意しました。
  • 集計ビューの情報を提供するREST APIを用意しました。
  • ログオン一覧情報を提供するREST APIを用意しました。
  • ワークフローのフロー状態を提供するREST APIを用意しました。
  • モデルのREST API機能は標準で無効としました。必要なモデルだけ有効にしてお使いください。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.4.14] Wagby R7.0.4 を公開しました。

変更点

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.3.10] Wagby R7.0.3 を公開しました。

基本機能

  • 許容文字種を設定したとき、フィルタは自動的に「文字列(最小限)」になります。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.2.10] Wagby R7.0.2 を公開しました。

変更点

  • システムが提供するjuserモデルを拡張できるようになりました。
  • テーブルの変更を伴うモデル定義の修正を行った場合、Wagbyアプリケーションを停止してからビルドを行うことでテーブル変更を自動的に行うようになりました。(内蔵データベース利用時)
  • チュートリアルを修正しました。ビルドの手順がWagbyアプリケーションの停止、ビルド、再起動というように変わっています。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.1.28] Wagby R7.0.1 を公開しました。

変更点

  • リポジトリファイルの書式を変更しました。先頭の日付コメントを除去し、キー名で並び替えて出力します。これによってバージョン管理システムを用いた場合の差分が判断しやすくなります。

すべての改善・不具合修正一覧をみる。

[2014.1.15] R7.0.0 を公開しました。

R6系からの変更点

  • ExcelベースのWagby定義ファイルに代わり、Webブラウザから操作する新しい「WagbyDesigner」を提供しました。
  • ユーザーインタフェースが刷新されました。
  • 内部アーキテクチャが刷新されました。Spring 3, Hibernate 4 を中心とした基盤となり、より洗練されたJavaカスタマイズが可能になります。
  • R6の定義ファイルからR7のリポジトリ(設計情報)へ変更するための移行ツールが提供されます。

〜 Wagby & Pivotal Cloud Foundry on Azureで古いクラサバを捨てよう!〜

レガシーシステムをDevOpsの世界に変えていくうえで、まず何をすればよいのか、をお伝えします!