製品 > 更新情報 > R7の更新履歴 > R7.12.13 > 改善・不具合修正

No 分類 内容 変更箇所
ENH1091201 改善 新元号「令和」への対応。既存システムへの手動変更方法はこちら。 [FW] TranslateJpEra.properties.UTF8
common.js
ENH1091301 改善 Java 12 に対応する。Designerの環境設定でJavaバージョンに"12"と記述することができる。 [FW] JavaVersion
ENH1091401 改善 祝日情報を2020年に合わせて更新する。Mozillaの公式サイトが未対応のため、ひとまず暫定版としてジャスミンソフトが情報を追記している。(公式が更新され次第、こちらに差し替える予定) [G] JapanHoliday.ics
ENH1089501 改善 ワークフローの申請・承認等のボタン押下後にパンくずのリンクで画面遷移できないようにする。ワークフロー処理中に不用意な画面遷移が行われないな配慮となる。 [FW] WorkFlowManager
ENH1089601 改善 ClientAbortException発生時のログ出力をINFOレベルとし、スタックトレースは出力しないようにする。これによってポートレットが表示される前に別のページに遷移するなどした場合のエラーログ出力を抑制できる。 [G] JAXBJsonSerializer
error.jsp
REG1087705 デグレード 「印刷形式で表示」画面で表示内容の前半部分の項目が一部、欠落する。R8.2.2で対応したFIX1087701「HTML簡易印刷機能の修正」の対応漏れ。 [G] printScreenXX_body.jsp
REG1091001 デグレード アップロード更新時のヘルパのスクリプト「詳細画面表示(アップロード更新)」が呼び出されない。R7.12.12で対応したSPC10849 スクリプト呼び出しタイミングの変更の影響。 [FW] EntityHelper
FIX1089401 不具合 繰り返しコンテナに更新権限を設定したとき、コンテナの削除機能で0件にすることができない。 [G] ヘルパクラスs2pメソッド
FIX1089801 不具合 サジェストに値を設定しクリアボタンで値クリア後にサジェスト入力欄からフォーカスを外すと参照連動項目の値が再表示される。 [G] JSP
FIX1090001 不具合 複合キーモデルにおいて全文検索インデックスの更新が正常に行われない。 [FW] Indexer 他
FIX1090101 不具合 無効判定項目が設定された選択肢の表記が消える場合がある。 [FW] PresentationPHelperPart4_s2p_combo
[G] ヘルパクラスs2pメソッド
FIX1091501 不具合 サジェスト利用時、対象項目の参照先データが同一の値をもっていた場合に更新画面表示時に空となっていた。(サジェストでは対象データがすべて重複文字列はない、と仮定していたため。重複があっても適切に表示されるように修正した。) [FW] FilteringSelectEx
FIX1091701 不具合 アップロード更新画面のエラーメッセージで、サニタイジング処理が重複して行われることがあった。例えばエラーメッセージに "&" が含まれていた場合、出力時に "&" となっていた。 [FW] AbstractDbUploadUpdateRunnableMonitor2
[G] JSP
FIX1092101 不具合 一覧表示グリッド利用時、検索条件を変更するとダウンロードボタンが押下不可のままとなる。 [FW] Grid.js
FIX1092301 不具合 サブウィンドウ検索画面のページネーションが常にボタン形式で表示される。リンク形式でよい場合の判定を加える。 [FW] page_index.tag
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード
No 内容
LIB1090601 Tomcat を 8.5.34 から 8.5.39 へバージョンアップする。脆弱性 CVE-2019-0199 への対応。Wagby は標準で HTTP/2 を使っていないため直接の影響はないが、server.xml を修正して HTTP/2 を有効にする場合を考慮した。
LIB0786233 平成31年3月29日更新分の郵便番号データ(アイビス版)を含める。