製品 > 更新情報 > R7の更新履歴 > R7.1.3 > 改善・不具合修正

  • JDBCの設定をしたJasperReportsの帳票を帳票テンプレートに設定して、[モデル]-[画面]-[帳票]で「JasperReports-JDBC」に設定すると、実際の帳票出力でExcelファイルがダウンロードされてしまう。
  • メール送信時、プレースホルダの置換が行われない。
  • グループ権限「グループデータ管理 使用する項目の種類」と パターン1 + グループ管理者の権限「RW」を組み合わせると動作しない。
  • 外部キー項目と参照連動する項目に対して参照先保存の定義を行うと自動生成時にエラーが発生する。
  • 画面のページタイトル設定をメニューボタンのラベルに利用しない。(それぞれ独立して設定する。)
  • ビルド後のアプリケーションで「このアプリケーションについて」を表示させたとき、ビルド日付が更新されない。
  • 繰り返しコンテナのレイアウトの変更項目がWagbyDesingerで表示されないことがある。
  • R7.0.0〜R7.1.2に付属の移行ツールでメールテンプレート、帳票テンプレートのテンプレートファイル名が正しくセットされない。
  • R7.0.0〜R7.1.2に付属の移行ツールでリポジトリフォルダに余分なファイル、フォルダが含まれていると実行時エラーになる。
  • R7.0.0〜R7.1.2に付属の移行ツールで帳票設定で出力ファイル名が未指定のときに実行時エラーになる。
  • R7.0.0〜R7.1.2に付属の移行ツールで帳票タイプが旧表記の場合 (POIやJExcelAPIといった種別指定が含まれていないもの) 移行後の同設定欄が空白になる。