製品 > 更新情報 > R7の更新履歴 > R7.2.0 > 改善・不具合修正

  • 外部キー親子関係で、親側に子の要素を用いた計算式があり、かつ子が親を参照連動するような定義で、計算結果がゼロになる場合がある。
  • 親子孫の外部キーで子と親、子と孫でそれぞれを相互に参照するような計算式を設定すると、生成されたコード内の変数が重複することがある。
  • R7.1.3で、一覧更新画面にチェックボックスを含めると、本チェックボックスを有効にして保存すると「削除マーク」とみなされ、データが消える。
  • サブウィンドウ(検索画面)で、表示項目数が多い場合にスクロールバーが表示されない。
  • チェックボックス、繰返し項目、繰り返しコンテナ項目を検索した場合に検索結果の件数が合わないことがある。
  • チェックボックス、ラジオボタンでEtner キーを無視すると設定してもフォームのsubmitが実行される。
  • IE で Enter キーの取り扱いをボタン押下に変更すると Enter キー押下時に IE が応答しなくなる。
  • 詳細画面の初期値設定に式を書いても、対応するコードが生成されない。
  • 主キー(複合キー)に日付/時刻型の項目を含めるとビルドエラーになる。
  • 自分自身をモデル参照する定義を使った主キーの枝番自動生成機能への対応。
  • 画面遷移後にサブメニューが崩れたものが一瞬表示されることがある。
  • 検索条件のリストボックスが値変更時に画面を再描画する設定を行なってもリロードが行なわれない。
  • JasperReport(JDBC)で帳票テンプレート内に結合テンプレートを指定すると、結合部のデータ取得が行われない。
  • メニューの文字色の設定が反映されない。
  • パスワード変更画面で複数回現在のパスワードを間違え、アカウントロックされる際に、不正なエラーメッセージが表示される。
  • システム管理者が現在ログオン中のユーザーに対して「パスワード強制変更」を有効にすると当該ユーザーのメニューが表示されなくなることがある。
  • アカウント登録・更新画面で「パスワード強制変更」を有効にして保存処理を実行すると詳細画面ではなくメニュー画面に遷移し、「データの登録(更新)処理は正常に行われました」メッセージが表示されず、正しく処理が終了したかがわからない。
  • ブラウザのUser-Agent判定に失敗した際のログを出力しないようにする。(REST APIでの利用を考慮した変更。)
  • R7.1.3 で行った Java 8 の対応に伴い、設計書出力ツールが起動しない。
  • 必須チェック設定後に再度モデル項目詳細ダイアログを開くと必須チェック設定がクリアされる。
  • 「検索制御>別項目の値をコピーして利用する」を設定しても動作しない。
  • R7.0.0〜R7.1.3に付属の移行ツールで、R6からR7へ移行すると、ポータルに関するモデル定義が消失する。