製品 > 更新情報 > R7の更新履歴 > R7.4.1 > 改善・不具合修正

  • R7.4.0で、親子孫モデルにて、孫の一覧更新画面を作成しない場合、計算結果に不整合が生じる件を修正したが、この影響で親子モデルの計算が行われない場合が生じた。
  • 参照連動項目の参照先がモデル参照で、連動する項目を未入力としたとき、一覧表示画面に「存在しないデータ -1 (-)」と表示される。
  • ウィザードを使ったモデルにて、新規登録した直後に更新画面を開くと、値がクリアされることがある。
  • 全文検索利用モデルでは集計ビューにデータが表示されない。
  • モデル参照(検索画面)の参照先モデルに全文検索の定義が行われており、かつモデル参照(検索画面)が「グループデータ管理 - 使用する項目の種類」に「ユーザID」を定義している場合、検索用サブウィンドウを開いた際にエラー画面となる。
  • 日付・時刻のリストボックスで日付選択後に値をクリアできない。
  • 日付・時刻のリストボックスの場合、自動計算の Ajax が実行されない。
  • 日付・時刻のリストボックスで「値変更時に画面を再描画する」を設定したも再描画されない。
  • 日付・時刻のリストボックスが入力不可の状態では登録時にサーバの入力チェックでエラーとなり保存できない。
  • 検索一覧表示>ダウンロード>ボタン名の設定を、検索条件内のボタン名にも反映させる。
  • 一覧更新画面での画面再描画時におけるフォーカス制御の改善。画面再描画後にフォーカスをセットする入力欄を、サブミットをかけた入力欄から、画面再描画前にフォーカスがあった入力欄へと変更する。
  • 単一主キーをもつモデルで、主キーの値にアポストロフィ、バックスラッシュ、アンパサンド、コロン、ドル記号を含む場合、詳細画面から別の画面(更新画面など)へ遷移できない。
  • 更新画面遷移時にデータが存在しない場合、新規登録画面に遷移する設定を行うと実行時エラーになる。
  • 検索画面でチェックボックス、ラジオボタン、リストボックス、検索画面の値変更、クリアボタン押下時にダウンロードボタンが非活性とならない。
  • ジョブスケジュールを有効にした状態で、同じジョブを「今すぐ実行」するとエラーになる。
  • 数字入力欄に空白文字が入っているときに、未入力として扱うようにする。(エラーにしない。)
  • モデル項目の型詳細設定ダイアログでリポジトリの設定値が正しく表示されない。
  • 設計情報のリアルタイムチェックの強化。
    • 主キー日付型項目のフォーマット検査
    • 検索条件に指定した項目がデータベース保存されているかのチェック
    • 閲覧権限が設定されている項目に対して「必須チェック」は指定できない
    • 「値を直接入力できるようにする」設定のチェック
    • 「追記型リストボックス」の妥当性検査
    • 「同一項目値チェック」の妥当性検査
    • 「他項目の値による入力制御」の妥当性検査
    • 「別項目の値をコピーする」の妥当性検査
    • 「検索制御 > 必須チェック」の妥当性検査
    • 「暗黙条件」の妥当性検査
    • 「他項目比較チェック」の妥当性検査
    • カレンダビュー日付項目の妥当性検査
    • 「モデル参照(絞込) > 選択肢の先頭のみ表示する」の妥当性検査
  • モデルフォルダに "." ではじまるフォルダ(例 .svn)があるとプロパティファイル読み込みエラーになる。
  • 項目定義フォルダを手動でコピー&ペーストしたリポジトリを移行すると、項目の順番が変わることがある。