製品 > 更新情報 > R8の更新履歴 > R8.1.1 > 改善・不具合修正

R8.1.0向けパッチファイル (2018.8.14公開)

2018.8.10に公開した R8.1.0 向けパッチファイルです。R8.1.1 が出荷されるまでの間、ご利用ください。REG1036312「郵便番号から住所を求める機能で、項目名にアンダースコアが含まれると実行時エラーになる。」の修正が含まれています。

WagbyPatch_R8.1.0_20180814.zip

適用方法

パッチファイルをダウンロード後、展開すると wagbydesigner フォルダが用意されます。R8.1.0 の wagbydesigner に「上書き(コピー)」を行なってください。

パッチが適用されたかどうかの確認方法

wagbydesigner/webapps/wagbydesigner/WEB-INF/classes/jp/jasminesoft/jfc/gen フォルダが生成されます。その中に .class ファイルが見つかればパッチは適用されています。

パッチ適用後はフルビルドを行なってください。
No 分類 内容 変更箇所
ENH1024111 改善 検索画面表示時の初期値の値/式をトリガーにした参照連動解決を行うようにする。 [G] ヘルパクラス initialize メソッド
ENH1049101 改善 参照連動自モデル保存の登録更新画面で、参照連動元を変更したときは(入力されていた)参照連動項目を上書きするオプション設定を用意する。これまでは入力項目は常に維持されていた。 [G] JSP,JavaScript,ヘルパクラス
ENH1048401 改善 R8.1.0の新機能「数値をバーゲージとして表示する」の色をカスタマイズできるようにする。 -
ENH1048901 改善 一括処理が設定されている場合、処理対象のデータがチェックボックスで選択されるまで、一括処理のボタンを押下できないようにする。 [G] JavaScript
ENH1047901 改善 CSV・Excelダウンロード画面に "リセット" ボタンを用意する。検索条件をクリアする用途のため。 [G] downloadXX.jsp
ENH1048601 改善 オリジナルボタンから別モデルの検索一覧画面に遷移したときに、検索結果が1件のとき詳細表示画面に遷移したり、0件のときに新規登録画面に遷移する機能を動作させる。 [G] ShowListXX.java
ENH1030406 改善 繰り返し項目/繰り返しコンテナの初期表示数とは別に、登録、更新時に行数を固定する機能を用意する。 [G] Insert/Update Controller
ENH1045208 改善 R8.0.5で対応した複合外部キーで参照連動を動作させる機能で、連動元項目を手動で入力したときに画面再描画時に参照連動を解決できるようにする。 [G] コントローラクラスdo_defaultメソッド
ENH1051001 改善 "許容文字種が設定されていても入力フィルタの手動設定を行う" 設定を追加する。これまでは許容文字種を設定したときの入力フィルタは常に "文字列(最小限)" となっていた。 [G] XXPFilterHelper
ENH1052801 改善 一覧表示・一覧更新のテーブルの幅をピクセル単位で設定できるようにする。これまではラベルの幅を設定する場合にはヘッダ行固定を追加設定し、テーブルを固定レイアウトとする必要があった。今回のテーブル幅設定の追加により、項目のラベル幅の設定が反映できるようになる。 [G] showListXX.jsp
ENH1052901 改善 スクリプト(サーバサイドJavaScript)の高速化。一度読み込んだスクリプトをメモリに保持する方法を改善し、30-40%の高速化を実現する。 [FW] ScriptCodeRunner
ENH1053201 改善 ボタン表示制御で、検索条件の値を利用できるようにするために特別な接頭語 "cond." を用意する。 [G] XXPButtonControlHelper
ENH1053801 改善 エクスポートジョブの unlinkfile オプション指定時、一度でも削除またはリネームの処理がエラーとなったとき、残りの処理を中止させる。ディスク障害を考慮した。 [FW] ExportTask
ENH1054001 改善 入力チェックスクリプトでストアモデルも参照できるようにする。これまではプレゼンテーションモデルのみ参照できた。 [G] XX_input_check.js
ENH1054801 改善 自動計算式は設定せず、ヘルパの計算スクリプトのみを作成した場合でもスクリプトが呼び出されるようにする。(これまではモデル内に1つ以上、自動計算式が設定された項目がないと計算スクリプトも呼び出されなかった。) [G] ヘルパクラス
ENH1055101 改善 一覧更新画面で読み込み専用のファイル型項目についても画像もしくはファイルタイプに応じたアイコンが表示されるようにする。 [G] updateListXX.jsp
REG1036312 デグレード 郵便番号から住所を求める機能で、項目名にアンダースコアが含まれると実行時エラーになる。R8.1.0で対応した Ajax 方式へ切り替えの影響。 [G] JSP
REG1049301 デグレード 郵便番号から住所を求める機能で、郵便番号項目に存在しない郵便番号を入力するとエラーで保存できない。 [FW] ZipCodeComboBox.js
REG1048301 デグレード 郵便番号から住所を求める機能で、郵便番号項目に(クリップボードにコピーされた郵便番号を)直接、ペーストできない。 [FW] ZipCodeComboBox.js
REG1049201 デグレード 日付と時刻の時刻のフォーマットがHH:mm:ssの場合に秒を入力せずにフォーカスを外すと時刻のデータが00:00:00で保存される。R8.1.0で対応した新 UI 切り替えの影響。 [FW] DateTimeTextBox.js
FIX0997806 不具合 一覧表示の一括選択で "全データを一括処理の対象とする" としたとき、ページネーションでは選択肢が維持されない。 [FW] page_index.tag
FIX1048201 不具合 郵便番号にハイフン区切りで7桁入力するとサーバから返却されるJSONデータのZIPCODEにハイフンが含まれていない。 [FW] ZipcodeToAddressController
FIX1050501 不具合 レスポンスヘッダに X-Frame-Options: DENY が出力されることがある。R8.1.0 で対応した Spring Security バージョンアップの影響。R8.0.5 までは SAMEORIGIN であったため元に戻す。 [FW] SecurityConfiguration
FIX1050801 不具合 決裁ノードが合議の場合にFLOWSTATUS関数でNullPointerExceptionが発生する場合があった。ワークフローの動作に影響ないが、FLOWSTATUS関数の表示が空白になっていた。 [FW] WorkFlowManager
FIX0943101 不具合 繰り返しコンテナのソート機能を併用すると、モデル参照項目(検索画面)によって表示される参照連動項目の表示場所がずれてしまう。 [G] ヘルパクラスbeforeShowメソッド
FIX1039404 不具合 繰り返しコンテナ多段レイアウトで隠し項目を含めるとヘッダ部が正しく表示されない場合がある。 [G] JSP
FIX1047001 不具合 レイアウト設定でラベルなしの横並びグループを指定すると画面が崩れる場合がある。 [G] JSP
FIX1048001 不具合 Chromeで一覧表示(更新)画面で行にマウスオーバーすると折り返しの設定が変更されレイアウトが崩れる場合がある。 [FW] css-dependency.properties
FIX1049401 不具合 LDAP連携環境での認証で、Wagbyでは不要な権限情報を取得しようとして失敗することがある。(権限情報の取得を抑制する必要がある) [FW] SecurityConfiguration
FIX1050001 不具合 メニューのラベルに "<" ">" を含めるとツリー形式のサブメニューで文字参照で表示される。 [FW] SubmenuController
FIX1050101 不具合 格納方式に Spring Session HashMapを選択している場合に、ログオン時にNPEが発生することがある。 [FW] LogoffController
FIX1050601 不具合 モデル参照先が自分自身である設定を行うと、自動生成処理が中断することがある。 コード生成部
FIX0945010 不具合 チェックボックス型項目で、選択肢モデルに有効期限切れで登録されているデータが詳細画面で "存在しないデータ n (-)" で表示される。 [G] XXPHelper#getXX_show
FIX1051401 不具合 参照連動元がモデル参照の数珠つなぎとなっているとき、型の判定で失敗することがある。 [G] XXHelper
FIX1051501 不具合 juserが管理するプレファレンス情報が削除されたときに実行時エラー(NullPointerException)が発生する。動作に影響なかったがエラーは抑制される必要がある。 [FW] UserInfoBase
FIX1051601 不具合 モダンカレンダービューREST APIにアクセスした際に、検索条件が有効とならず、全件取得してしまうことがある。 [G] カレンダビュー
FIX1051701 不具合 モダンカレンダービューを表示すると、ログに警告メッセージが記録される。REST API ical/models にアクセスする際に生じていた。 [FW] DbShowListByJcalendarViewController
FIX1051801 不具合 一覧表示画面のテキストエリア型項目でラベル表示を有効にしたとき、折り返さない設定が効かない。 [G] showListXXLp.jsp
FIX1052001 不具合 格納方式にSpring Session HashMapを選択している場合、ログオフ時にロックが解放されない。 [FW] LogoffController
FIX1052101 不具合 ラジオボタンをチェックボックスで表示する設定を行なうと隠し項目の設定が適用されない。 [G] JSP
FIX1052201 不具合 ウィザード利用時、画面遷移ボタンで「表示条件で非表示としている画面指定ボタン」が非活性にならないため、画面へ遷移できてしまう。 [G] JSP
FIX1052301 不具合 一覧表示項目にラベルの幅を設定した場合に一覧表示テーブルのボタンが隣の列に重なって表示される。 [G] showListXX.jsp
FIX1053401 不具合 ログオン画面で言語情報を選択しても、ログには常に"ロケールはja"と記録される。 [FW] LogonService
FIX1053501 不具合 セッションタイムアウト後に新規登録ボタンを押すと、エラー画面が表示される。 [FW] BaseController
FIX1053901 不具合 セッション格納方式にSpring Session Redisを指定している場合、セッションタイムアウトされないことがある。 [FW] LogoffController
FIX1054201 不具合 検索画面の場合チェックボックスを使う、という設定では、初期値にALLを指定してもチェックボックスにチェックが入らない。 [G] ヘルパクラス
FIX1054301 不具合 トランザクションスクリプトで繰り返しコンテナオブジェクトを参照することができない。 [FW] ScriptCodeRunner
FIX1054701 不具合 複合主キーのモデルを参照するリストボックス項目で、参照先キーの値がnullの場合にエラー画面に遷移してしまう。 [G] ヘルパクラス
FIX1055201 不具合 一覧表示画面から詳細画面(サブウィンドウ)を開く機能で、遷移先モデルが複合キーの場合に動作しない。 [G] showListXXLp.jsp
FIX1055301 不具合 一括処理が設定されていない場合で「チェックボックスの選択方法」を「検索画面」とした場合、データ選択のチェックボックスはサブウィンドウ検索画面のみに表示される仕様だが、一覧表示画面にもデータ選択のチェックボックスが表示されてしまう。その影響で一覧表示画面のページネーションが機能しない。 [G] showListXXLp.jsp
FIX1055401 不具合 一覧表示ヘッダ行固定時に折り返されない長い文字列が入力されている項目があるとヘッダ部とボディ部の列幅が揃わなくなる。 [FW] common.js
FIX1055501 不具合 一覧表示のヘッダ行・列固定時に右側のテーブルが段落ちして表示される場合がある。 [G] showListXXLp.jsp
FIX1055901 不具合 繰り返しコンテナ参照連動で、コンテナ内に必須のラジオボタンがあったとき、参照先が未選択のものを参照連動すると "-1" がセットされてしまう。 [G] ヘルパクラス
FIX1056001 不具合 検索画面の条件付き閲覧権限項目で範囲検索(数値、日付)のレイアウトが崩れる。 [G] conditionXX.jsp
SPC1049113 仕様変更 参照連動自モデル保存の登録更新画面で、項目ラベル部のクリアボタン押下によって参照連動元をクリアしたあと、参照連動項目(自モデル保存なので入力可)に値を入力しても画面再描画のタイミングで入力値は消えていた。これは参照連動元が空の状態で参照連動されていたため。この仕様を変更し、参照連動元が空の状態で画面再描画が行われた場合、入力値を優先して維持するようになった。 [G] JSP,JavaScript,ヘルパクラス
SPC1049005 仕様変更 同梱するcommon.cssのfont-family指定から span 要素を除く。動作に影響なし。 [FW] common.css
SPC1051101 仕様変更 入力文字数チェック(byte)のとき、"環境>データベースの文字エンコーディング情報"を利用するようにする。これまではShift_JIS固定だったが、この対応により標準動作はUTF-8換算のバイト数チェックになる。 [G] XXPInputCheckHelper
SPC1051201 仕様変更 スクリプト実行時にエラーが生じた時、スタックトレースをTomcatコンソールに出力しないようにする。代わって、文法エラー発生時はログファイル(system.log)にERRORレベルでスタックトレースが表示される。 [G] ScriptCodeRunner
SPC1052601 仕様変更 ジョブを実行するアカウントを「同一ログオンアカウントでシステムにログオンできる最大数」の制限の対象外にする。 [FW] ログオン認証部
SPC1052701 仕様変更 メールテンプレートと帳票テンプレートは権限にかかわらず閲覧できるようにする。 [G] ShowJfcmailtemplateProcessBean
ShowJfcreporttemplateProcessBean
SPC1036707 仕様変更 存在しない主キーを指定して削除処理が失敗したとき、これまでは検索画面に戻ってエラーメッセージが表示されていた。これを変更し、エラー画面でエラーメッセージを表示するようにした。これにより詳細画面で存在しない主キーを指定したときのエラー処理と共通化された。 [G] コントローラ部
FW : フレームワーク、G : 自動生成されるコード
No 分類 内容
ENH1053301 改善 ビルド対象モデルを個別に指定したとき、関連するモデルを自動的にチェックしたとみなすようにする。
ENH1052401 改善 ビルドログの表示時、ログレベルが警告(WANR)のメッセージは黄色で表示する。なおログレベルがエラー(ERROR)は、これまでも赤色で表示されていた。
ENH1053101 改善 詳細画面レイアウトでグループを横並びにした際に表示比率が自動で設定されるようにする。
ENH1054101 改善 Web画面からのインポート処理完了後、インポートしたファイルが選択されている状態を維持させる。これまではインポートフォルダ名がdata_initに初期化されていた。
ENH1055701 改善 GoogleMaps設定欄で、「ライセンス」選択肢を削除する。GoogleMaps規約改訂に準拠するため。
REG1035010 デグレード モデルIDを変更したとき、および、Javaカスタマイズコードを作成したときに差分ビルドが失敗することがある。R8.1.0で対応した差分ビルド高速化の対応漏れ。
REG1035012 デグレード 差分ビルドを行うと、ウィザードを利用したモデルのウィザードボタンの文字が正しく生成されない。R8.1.0で対応した差分ビルド高速化の対応漏れ。
FIX1034503 不具合 R8.1.0 で対応したスクリプトのタイミングに「コントローラ > 一覧更新 > キャンセル」を用意する機能で、生成されるスクリプトのファイル名が誤っていた。
FIX1048101 不具合 Excelファイルからモデル定義を生成したとき、リポジトリのテンプレートの設定値が表示されない。(実際に値は設定されているが、見た目上は設定されていないようにみえる。)
FIX1049501 不具合 「クラウド」タブでエクスポートやアップロードを行なうとエラーが発生する。URL を設定する箇所でスラッシュが重複していた。
FIX1049707 不具合 環境 > データベース > メイン(データベース)の設定欄から "スキーマ" の指定を除く。動作していなかったが、設定欄を設けていた。この設定はサブデータベースで機能する。
FIX1049801 不具合 詳細レイアウト画面で入れ子のグループの内部グループを選択後に親グループを選択しても内部グループが選択状態のままになっている。
FIX1053001 不具合 ユーザモデル一覧のビルドのチェックボックスを外して再度ユーザモデル一覧を表示した際にチェックボックスの状態が元に戻る場合がある。
FIX1055001 不具合 「スクリプト」タブでスクリプトの行数が多い場合にスクリプトエディタを閉じるとタブが見えなくなる場合がある。
SPC1049901 文言の変更 "URLの詳細 > 別画面で開くときの画面識別子" を、"別画面で開くときのtarget属性" に変更する。動作に影響なし。
No 内容
ENH1045403 英語リソースの作成を強化する。
ENH1047601 プレファレンス設定画面「表示文字の大きさの指定」のパラメータ「大」「中」「小」が日本語のままであったため、リソースファイルに含める。
ENH1053601 選択肢モデルの内容部に、多言語の情報を格納できる特別表記を用意する。
ENH1055601 プリンシパルの内容部に、多言語の情報を格納できる特別表記を用意する。
FIX1054901 標準で同梱されているリソースファイル jfcapp_ja.properties と jfcapp_en.properties のキーに違いがあった。jfcapp_en のキー名を jfcapp_ja に合わせた。修正したキー名は次の通り。(1) __jfc_common.displaycalendar.format.yyyyM (2) __jfc_common.title.analyticsLog (3) __jfc_common.text.licenseupdator.account。なお (3) は jfcapp_en に存在しなかったため追加している。
No 内容
ENH1036314 R8.1.0 で提供された新しい UI (郵便番号住所変換) に対応する。
ENH1036511 R8.1.0 で提供された新しい UI (日付時刻入力) に対応する。
No 内容
LIB1044502 メニューアイコンとして利用している Font Awesome を 5.1.1 から 5.3.1 へバージョンアップする。
LIB1050201 DojoToolkit のバージョンを 1.13.0 から 1.14.1 へバージョンアップする。グリッドライブラリ dgrid も 1.2.1 へバージョンアップする。
LIB1054401 Java 11 に対応する。