サポート > 運用ガイド(R6) > ログフォーマット

Wagby で構築した Web アプリケーションが出力するログのフォーマットについて解説します。

フォーマット

基本形

yyyy-MM-dd HH:MM:ss [type classname methodname] (user) message
  • yyyy-MM-dd は日付(西暦)です。
  • HH:MM:ss は時分秒です。
  • type はログの種別を示します。"INFO", "ERROR", "WARN", "FATAL", "DEBUG" が用意されています。
  • classname は、このログを出力した Java のクラスです。
  • methodname は、クラス内のメソッドです。
  • user はログオンアカウントです。「@」の後に操作端末のホスト名(ホスト名が不明の場合はIPアドレス)が付与されます。ただしシステムレベルのログの場合、この値は省略されます。
  • message はログメッセージ本体です。

ログオン時

ログオン時は次のようなログが出力されます。


2007-10-03 12:03:12 [INFO jp.jasminesoft.jfc.LogonStatusManager addUserName]
User:admin is added to the session. total user is 1. total session is 1.
2007-10-03 12:03:12 [INFO jp.jasminesoft.jfc.struts.LogonAction logon]
user admin is logged on.
  • "total user" は、このアカウント名で同時にログオンしている数です。
  • "total session" は、システムにログオンしている全体数です。

画面操作

画面操作時は次のようなログが記録されます。


2007-10-03 12:03:40 [INFO jp.jasminesoft.jfc.DbShowAction perform_db]
(admin@127.0.0.1) showStaff|DoShow:yamada
  • アカウント部分はログオンアカウントの後に「@」文字が入り、その後に操作端末のホスト名(上の例ではホスト名が不明のため IP アドレスを利用)が記録されます。
  • メッセージ部は「画面名|操作アクション名」で始まります。

このログにより「いつ、誰が(どの端末から)、どの画面に対して、どういうアクションを行ったか」がわかります。