サポート > 運用ガイド(R6) > 64bit OS で動作させる場合の設定

Wagby で開発したシステムを 64bit OS 上で動作させる場合、以下の手順を行ってください。

設定方法

Wagby でビルドしたアプリケーションを 64bit OS で動作させる場合、次の手順を行ってください。

  • $(DEVHOME)/env に含まれている apache-tomcat-6.0.xx-x64.zip を解凍します。
  • 解凍されたファイル群を $(APPHOME)以下に上書きコピーします。
(*) Wagby のバージョンによって、同梱される apache-tomcat-6.0.xx-x64.zip のファイル名(xx の部分)は変動します。適切に読み替えてください。

この手順は、本番環境入れ替えのたびに実施が必要な作業となります。

補足説明

Tomcat はもともと 32bit用と 64bit 用が配布されています。
この違いはサービス登録用の下記の exe 及び dll の2ファイルのみとなっています。

  • tcnative-1.dll
  • tomcat6.exe

Wagby では通常 32bit 版の Tomcat でビルドを行いますが、64 bit 版で Windows サービスを利用するユーザーのために、上の2つのファイルを 64 bit 用の差分ファイルとして同梱しています。

ここで説明した手順(64bit 版への入れ替え)を行わないということは、上記の2ファイルが 32bit 版のままということになります。この場合、startup.bat では起動しますが、install_service.bat でサービスに登録し、サービスを起動しようとすると失敗します。

サービスとしての起動が失敗するだけで、startup.batによる実行で、アプリケーション自体は正常に起動し、運用できます。