参照連動とは、参照先モデルの情報を転記する仕組みです。

参照連動の動作を下図を用いて説明します。

  1. 営業日報モデルでは、顧客モデルの「顧客名」を取得します。
  2. このタイミングで、顧客モデルの主キーが確定します。(例:顧客IDが1000のデータを参照した。)
  3. この主キーを用いて、改めて顧客モデルの「会社名」を取得(読み込み)します。
  4. 会社名を、営業日報モデルの画面に表示(転記)します。

本チュートリアルでは、参照連動を設定する方法を学びます。

「営業日報」モデルを編集します。「顧客」項目と「内容」項目の間に「会社」項目を挿入します。

図1 挿入先の項目(「内容」項目)にチェックを入れ、ギアアイコンから新規(項目)を選択
図2 新規項目が挿入された

「会社」項目を次のように定義します。型は「他モデルの項目参照」を選びます。

項目名(日本語) 項目名(英語) 項目の型
会社 visit/vcompanyname 他モデルの項目参照 - 参照連動
図3 会社項目を定義する

参照連動を設定します。「参照先モデル」を選択することで、「連動する項目名」と「参照先モデル項目」をそれぞれ選択できるようになります。

図4 参照連動を設定する

これまでと同様に、Webアプリケーションの停止、ビルド、再起動を行います。 アプリケーションにログオン後、過去データのインポート処理を行います。

営業日報の新規登録画面で、顧客名を決定します。

図5 顧客名を決定する

顧客名を確定させるとすぐに、会社名が表示されます。

図6 参照連動が行われる

保存後の詳細表示画面を示します。

図7 営業日報の詳細表示画面

参照先(この例では顧客モデル)の会社名が変わった場合、転記される情報(営業日報モデル側)は自動的に最新になります。

参照連動と設定した項目は、データベースのテーブルには用意されません。表示時には常に参照先モデルから値を取得して表示します。

参照連動項目をデータベースに保存するという設定方法もあります。この場合、表示時にはテーブルの値を用います。詳細はマニュアル「参照連動項目を自モデルに保存する」をお読み下さい。

「よくある質問と回答 > チュートリアル」をお読み下さい。