サポート > Wagby Developer Network(R7) > 移行 > R6のカスタマイズコードをR7へ移行する

R6系のカスタマイズコードをR7(7.12.x)へ移行する場合のガイドです。

BaseActionクラス

BaseActionクラスは廃止されました。これは Struts に依存していましたが、R7 では Spring MVC に変更されています。 カスタマイズコードで直接、BaseAction を利用していた場合は、次の手順に従って書き換えてください。

BaseAction.getCsvEncoding()

JfcConfigクラスが代替します。次のコードをご利用ください。

p.appctx.getBean(jp.jasminesoft.jfc.service.JfcConfig.class).getCsvEncoding()

BaseAction.getJspEncoding()

JfcConfigクラスが代替します。次のコードをご利用ください。

p.appctx.getBean(jp.jasminesoft.jfc.service.JfcConfig.class).getJspEncoding()

BaseAction.getJFCErrorManager()

BaseAction.getJFCErrorManager()は、applicationContextから取得してください。 DbActionParameter(p)が使える場合、次のように記述することができます。

p.appctx.getBean(JFCErrorManager.class)

ShowListXXXControllerなど、jp.jasminesoft.jfc.controller.BaseController を継承したクラスであれば、次のように記述できます。

getJFCErrorManager()

HelperやProcessBeanなどSpringのbeanとして指定されている場合、下記のようにAutowiredでbeanが作成された際にセットすることができます。

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
...
   private JFCErrorManager errorManager;
...
   @Autowired
   public void setJFCErrorManager(JFCErrorManager errorManager) {
       this.errorManager = errorManager;
   }

BaseAction.MultiPagemapName

jp.jasminesoft.jfc.controller.BaseControllerクラスのMultiPagemapNameフィールドを利用してください。

BaseAction.isDeniedNullForwardRequestName

BaseAction に用意されていた定数は BaseController クラスが管理します。

jp.jasminesoft.jfc.controller.BaseController.isDeniedNullForwardRequestName

HibernateUtilクラスのunbindCurrentSessionメソッド

HibernateUtil#getCurrentSession() を使って、HibernateSession を取得した場合に、HibernateUtil#unbindCurrentSession() の呼び出しが必要でしたが、R7 では HibernateUtil#getCurrentSession() が廃止となったため、unbindCurrentSession() の呼び出しも不要となります。

R6 のカスタマイズコードで unbindCurrentSession() を呼び出していた部分は、R7 では何もする必要はありません。

JFCDataAccessManagerクラスのclearCountAllメソッド

R7 では JFCDataAccessManager#clearCountAll() を呼び出す処理が不要となります。

例えば R6 で次のようなコードを記述していた場合、これをそのまま削除してください。

/* R7 では不要となったコード */
JFCDataAccessManager dam =
  (JFCDataAccessManager)p.appctx.getBean(
   "JFCDataAccessManager");

if (dam == null) {
  logger.error("failed get JFCDataAccessManager");
} else {
  dam.clearCountAll((DbActionParameter)p);
}

「バッチ処理 > 自作クラスをジョブスケジューラに登録する」を行っている場合、applicationContext に登録する bean 定義ファイルに変更が生じます。Spring Framework のバージョンが 3 から 4 へアップデートされたため、org.springframework.scheduling.quartz.JobDetailBean クラスが廃止されました。代わりにorg.springframework.scheduling.quartz.JobDetailFactoryBean クラスを指定するようにしてください。[詳細...]