REST API を使って、Wagbyが保持する(モデルの)キャッシュ情報をクリアすることができます。外部から直接、データベースを更新した場合にこの API を呼び出すとよいでしょう。 R7.4.2

URLに主キーを指定して、詳細データを取得します。

@RequestMapping(value="/rest/${modelid}/clearcache/{pkey}", method=POST)

URL例

http://localhost:8921/wagby/rest/customer/clearcache/1000 POST

レスポンス

STATUS=200 OK

{
   "errors": {
       "jfcdebug": [],
       "jfcerror": [],
       "jfcinfo": [],
       "jfcwarn": []
   },
   "clearcache_state": "clearone",
   "status": "showJnews.input",
   "pkey": "1000"
}

主キーを指定しない場合、当該モデルのすべてのキャッシュがクリアされます。

@RequestMapping(value="/rest/[modelid]/clearcache", method=POST)

URL例

http://localhost:8921/wagby/rest/customer/clearcache POST

レスポンス

STATUS=200 OK

{
   "errors": {
       "jfcdebug": [],
       "jfcerror": [],
       "jfcinfo": [],
       "jfcwarn": []
   },
   "clearcache_state": "clearall",
   "status": "showJnews.input",
   "pkey": null
}