AWS環境の構築 [2] 環境の構築最終更新日: 2020年7月7日

ベース環境と実行環境

CloudFormationを使うと、テンプレートファイルからAWS環境を構築することができます。本ガイドでは W-MSA の運用に必要な AWS のサービスをすべて含めたテンプレートを提供します。AWS管理者は、このテンプレートをカスタマイズすることもできます。

本ガイドが提供する CloudFormation には CodeCommitリポジトリ、ECRリポジトリ、CodeBuild、S3バケット、仮想ネットワーク(VPC)、ロードバランサ(ELB)が含まれます。

ベース環境と実行環境

今回、ベース環境と実行環境という二つの区分を用意しています。それぞれの位置付けは次の通りです。

サービス名ベース環境実行環境
Gitリポジトリ
ECRリポジトリ
CodeBuild
S3バケット
VPC
ELB
ECSクラスタ
CodePipeline
DB,ElastiCache,MQなど各種サービス

ベース環境と実行環境の区分を用意しているのはなぜ?

ベース環境は、ECSクラスタを含まないスタックを準備します。この段階での課金対象はデータ量に依存するサービスが中心となっているため、課金が最小化されることを意図しています。そして実行環境には ECS を含むスタックが作成されますが、これによって ECS サービスが起動されます。実行環境の起動中は各サービスが課金の対象となります。

このように一回目のコマンドでベースを用意し、二回目のコマンドで実行環境を用意するという分割構成とすることで課金のタイミングを調整しています。実行環境を削除することで課金停止となりますが、ベース環境は残るため、次は再び実行環境を作成することでサービスを再開させることができます。

名前を用意する

最初に、以下の名前を定めます。

種別説明本ガイドで利用する名前
ApplicationName アプリケーション名を指定します。この値を元にして、Gitリポジトリ名、ECRリポジトリ名などの他の名前を決定します。 wagbyapp4
Hostname 公開するサーバのホスト名を指定します。アプリケーション名と同じでもかまいません。https://<ホスト名>.wmsa.wagby.com/ で公開されることになります。 wagbyapp4

ベース環境を用意する

(準備中)

実行環境を用意する

(準備中)