リポジトリダウンロードサービス > ソフトバンクCRM/SFA

ソフトバンク社で開発・運用中のCRM/SFAに関する設計情報です。

ソフトバンクで開発したシステムを汎用的に使える内容にしたCRM/SFAテンプレートです。

BtoB業務において、お客様企業に紐づく対応内容を一括管理する仕組みを実装しています。さらに、ソフトバンクの提供するホワイトクラウドコンタクトセンターとのCTI連携機能を実装しています。

図1 システムイメージ
図2 ログオン後のトップ画面(ポータル機能)
図3 企業情報 検索&一覧表示画面
図4 案件情報 検索&一覧表示画面

1. 情報の一元管理

顧客企業に関連するさまざまな情報を一元管理し、営業、サポート部門、企画部門で共通の情報をリアルタイムで共有します。ビジネスのスピードアップと対応精度の向上を実現できます。

2. 状況のリアルタイム共有

商談の進捗や顧客サポートの対応状況をダッシュボードでリアルタイムで表示します。日々の積み残しや明日の予定を誰でも見ることができる仕組みです。

3. 顧客接点/営業力の強化

全ての情報を顧客フロントに立つ営業からそれを支える企画部門までが共有することにより、実際のビジネスに即した各種施策を練り、実行し、追跡することができます。

4. 自由なカスタマイズ

Wagbyのライセンスを購入することによりシステムの改修も容易に行えます。このため、カスタマイズニーズの高いメールサーバとの連携機能なども容易に対応することができます。

メールサーバやPBXとの連携に必要な各種セッティングは、対応SIerであるソフトウェアパートナー社よりご紹介します。

ダウンロードしたファイルに、256項目までビルドできるライセンスキーが同梱されています。Wagby未購入者の方もお試しいただけます。

項目 説明
対応するWagbyのバージョン R7.8.1以降
初期データ なし
アプリケーションの規模 11 モデル、80 項目
有効期限 2017年3月31日
(ライセンスキー差し替えによって延長可能)

こちらからダウンロードできます。

1. ダウンロードする

このページに用意されている「設計情報(リポジトリ)」をダウンロードします。展開するとリポジトリファイル ("wrb_" ではじまる zip ファイル) と、ビルドに必要な評価用ライセンスキーファイル (wagby-licensekey.xml) を入手できます。

2. 評価用ライセンスキーを適用する

ダウンロードファイルに含まれている評価用ライセンスキーファイル (wagby-licensekey.xml) を、Wagbyをインストールしたフォルダの直下に上書き保存します。

図 ライセンスキーを上書き保存する
ライセンスキーには有効期限があります。有効期限を過ぎたキーはご利用いただけません。

3. ダウンロードしたリポジトリを読み込む

WagbyDesignerを起動し、ダウンロードしたリポジトリ ("wrb_" ではじまる zip ファイル) を読み込みます。

詳細は「サポート > リポジトリ > Designerの機能・その他のツール > リポジトリのバックアップとリストア > 操作例 他者が作成したリポジトリを読み込む」をお読みください。

4. ビルドする

リポジトリ読み込み後、ビルド処理を行ってください。ビルド種別は、フルビルドを選択してください。

ビルド手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > ビルド」をお読みください。

5. アプリケーションを起動する

ビルド処理が終わったら、アプリケーションを起動します。

起動手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > アプリケーションの起動と停止」をお読みください。

6. ログオンする

システム管理者 (admin) でログオンします。

7. 試す

メニューから「CRM/SFA」を選択します。

本システムの問い合わせは、株式会社ソフトウェア・パートナー (Wagby販売代理店)が承ります。お気軽にお問い合わせください。