リポジトリダウンロードサービス > 消防本部「防火対象物・危険物」

沖縄県名護市消防本部様ならびに東部消防組合様にて運用されているシステムの設計情報です。

防火対象物管理

ホテルやデパート、病院など大勢の人を収容する防火対象物について建物の構造や建築経過など、および消火器や火災報知設備などの消防用設備の設置状況や定期点検などについて記録します。防火管理者や消防訓練状況なども管理します。

危険物管理

石油やガスなどの危険物を扱う製造プラントやガソリンスタンド、タンクローリーなどの施設や設備に関する情報、ならびに取り扱う危険物の内容について記録します。また、保安管理者や予防規定などの申請や許可などの履歴も管理します。

このアプリケーションをビルドするためには、開発キットのご購入が必要です。

項目 説明
対応するWagbyのバージョン R7.7.1以降
初期データ あり(ダミーデータ含む)
注意点 地域の特殊性が盛り込まれているため、そのまま他の拠点でご利用いただくことは想定していません。この設計情報を参考にして、オリジナルのアプリケーションを開発してください。

こちらからダウンロードできます。リポジトリファイル、初期データ、帳票テンプレートファイルを含みます。

1. ダウンロードする

このページに用意されているファイルをダウンロードします。「設計情報(リポジトリ)」と「初期データ」が含まれています。

2. ダウンロードしたリポジトリを読み込む

WagbyDesignerを起動し、ダウンロードしたリポジトリを読み込みます。

読み込み手順の詳細は「サポート > リポジトリ > Designerの機能・その他のツール > リポジトリのバックアップとリストア > 操作例 他者が作成したリポジトリを読み込む」をお読みください。

3. ビルドする

リポジトリ読み込み後、ビルド処理を行ってください。ビルド種別は、フルビルドを選択してください。

ビルド手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > ビルド」をお読みください。

4. アプリケーションを起動する

ビルド処理が終わったら、アプリケーションを起動します。

起動手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > アプリケーションの起動と停止」をお読みください。

5. ログオンする

システム管理者 (admin) でログオンします。

6. 初期データを読み込ませる

ダウンロードした "data_" で始まる zip ファイルを、ビルドしたアプリケーションのexportフォルダに保存してください。その後、インポートの操作を行ってください。

データ読み込みの詳細は「サポート > 管理者ガイド(R7) > インポート・エクスポート > インポート」をお読みください。

本システムの問い合わせは、いずれのWagby販売代理店でも承ります。お気軽にお問い合わせください。