グループウェアのスケジュール管理機能を Wagby で実現した例です。

マニュアル「モダンカレンダビュー」に対応しています。使い方の詳細はこちらをお読みください。

図1 システムイメージ

無料のトライアルキットでお試しいただくことができます。

項目 説明
対応するWagbyのバージョン R7.12以降
初期データ なし
アプリケーションの規模 1モデル、9項目

こちらからダウンロードできます。 (2017.10.18 改訂。R7.12向け)

1. ダウンロードする

このページに用意されているファイルをダウンロードします。「設計情報(リポジトリ)」が含まれています。

2. ダウンロードしたリポジトリを読み込む

WagbyDesignerを起動し、ダウンロードしたリポジトリを読み込みます。

読み込み手順の詳細は「サポート > リポジトリ > Designerの機能・その他のツール > リポジトリのバックアップとリストア > 操作例 他者が作成したリポジトリを読み込む」をお読みください。

3. ビルドする

リポジトリ読み込み後、ビルド処理を行ってください。ビルド種別は、フルビルドを選択してください。

ビルド手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > ビルド」をお読みください。

4. アプリケーションを起動する

ビルド処理が終わったら、アプリケーションを起動します。

起動手順の詳細は「サポート > チュートリアル(R7) > WagbyDesignerの使い方 > アプリケーションの動作確認 > アプリケーションの起動と停止」をお読みください。

5. ログオンする

システム管理者 (admin) でログオンします。

6. 試す

メニューから「スケジューラ」を選択します。このモデルを共有データとして、拠点間で活用します。

本システムの問い合わせは、いずれのWagby販売パートナーでも承ります。お気軽にお問い合わせください。

Wagby Developer Day 2017