準備最終更新日: 2021年5月17日

設定のイメージ

Wagbyを正規契約すると、ジャスミンソフトより Docurain サービスにログオンするためのアカウントが開発者(お客様)に提供されます。開発者は Docurain にログオンし、Excel で準備した「帳票テンプレート」を事前に登録します。

Docurain連携イメージ

WagbyDesignerは、開発者がDocurainに登録済みの帳票テンプレートを把握しています。どの帳票テンプレートを使うか、および保存ファイル名ルールを設定するだけで、Docurainと連携できます。

ワンポイント

Docurainを使う場合、開発者は通常、帳票テンプレートに埋め込む値をJSON形式ファイルとして別途用意し、さらに何らかのプログラミング言語を使って Docurain クラウドサービスAPIを呼び出す必要があります。Wagbyはこれを「Docurain連携ブロック」で吸収します。つまりWagby利用においては、開発者はJSONファイルの内容や、API呼び出しといったことを一切、考慮する必要はありません。(すべてWagbyが自動的に行います。)

帳票テンプレートを登録する

開発者はあらかじめ、Excelで帳票テンプレートを用意します。帳票テンプレートの作成方法はDocurainのマニュアルをお読みください。ジャスミンソフトが発行したアカウントでDocurainへログオンすることで、マニュアルをお読みいただくことができます。

Docurainログオン

ログオン後、テンプレートを登録してください。複数のテンプレートを登録することができます。

テンプレートの登録

テンプレートはExcelで用意します。下図に示すように%{}で囲った箇所にモデル名と項目名を(ドット区切りで)指定します。この部分に実際の値が埋め込まれます。

Excelテンプレートの例

重要

無料トライアルでは、ジャスミンソフトが提供する「Wagbyチュートリアル用」テンプレートのみ、ご利用いただけます。次ページより使い方を説明します。