GoogleMapsへのリンクを用意する

最終更新日: 2022年6月8日

実行例

住所の項目に値が入ると、その横に "地図で探す" というリンクが表示されます。

この文字上にマウスカーソルをあてると、リンクになっていることがわかります。 このリンクをクリックすると、Google Mapsが開きます。

https://maps.google.co.jp/maps?q=沖縄県宜野湾市宇地泊902-1
地図で探すリンク

設定方法

アドオンギャラリー

このモデルはアドオンギャラリーから「顧客(地図表示)」をインストールすると自動的に用意されます。

アドオンギャラリー

サンプルのリポジトリを示します。 住所とURLに関する3つの項目を用意します。

顧客(地図表示)モデル

「地図を見る」項目は文字列型で、URLとします。

「地図を見る」項目は文字列型でURLとする
項目名 項目の型 隠し(入力) 隠し(出力)
住所 文字列
地図を見る 文字列 - URL
(地図へのリンク) 文字列

「住所」項目

郵便番号から住所を求めるようにしています。(この設定方法はこちらをお読みください。

郵便番号と住所の連動

「地図を見る」項目

データベースに保存する必要はありませんので「データベースの設定>値をデータベースに保存する」のチェックを解除します。

さらに「URLの詳細」設定欄で、「リンク表示に利用する項目名」として "(地図へのリンク)" 項目を指定します。(この項目は隠し設定をしていることがポイントです。)

「地図をみる」項目の設定(1)

「住所」項目と並べて表示するため、ラベルを表示しない設定にします。

「地図をみる」項目の設定(2)

「(地図へのリンク)」項目

データベースに保存する必要はありませんので「データベースの設定>値をデータベースに保存する」のチェックを解除します。

「(地図へのリンク)」項目の設定(1)

この項目は入力時ならびに出力時の両方で隠し項目とします。

「(地図へのリンク)」項目の設定(2)
「(地図へのリンク)」項目の設定(2)

レイアウトの設定

ここでは「住所」と地図へのリンク文字列を横並びのパネルにまとめてみました。枠なしとし、表示比率を 6:4 としています。

詳細画面レイアウト

「氏名」や「郵便番号」項目のラベル幅の標準値が25%のため、「住所」のラベル幅を他項目と同様に25%に近づけるため、0.25/0.6 で42%とします。

住所項目のラベル幅

スクリプト

「地図を見る」項目は計算式で、Google Maps へのリンク文字列を作成します。住所項目があればhttps://maps.google.co.jp/maps?q=という文字列の後ろに住所をつなげた文字列とします。

「地図を見る」項目のスクリプト

「(地図へのリンク)」項目も計算式で、住所項目に値があれば地図で探すという文字列とします。

「(地図へのリンク)」項目のスクリプト