サポート > リポジトリ > 集計・グラフ > メジャー毎に合計・個数・平均・最大・最小・積・中央・最頻・標準偏差・分散を指定する
ja | en

メジャー毎に合計・個数・平均・最大・最小・積・中央・最頻・標準偏差・分散を指定することができます。

メジャー毎にさまざまな計算方式を指定することができます。図1は、合計と平均を交互に並べた集計の例です。

図1 合計と平均を交互に並べた集計

メジャーとして指定する項目を定義します。(今回はすべて数値型です。)

図3 集計対象モデル

「画面>ビュー>集計ビュー」を開きます。「画面を作成する」を有効にします。

「ページタイトル」は、集計ビューへ遷移するためのボタン名としても利用されます。空白時はボタン名が「集計ビュー1」などとなるため、なるべくページタイトルを設定してください。

「ディメンジョン」の欄に、項目を設定します。今回は "店舗名" と "データ" の二つのディメンジョンを指定します。

図4 ページタイトルとディメンジョンの設定

図4で「メジャー」のボタンを押下し、どの項目をメジャーとして使うかを指定します。(図5)
ここでは各項目毎に、合計または平均を指定しています。

図5 メジャーとなる項目の設定

数値型項目では、集計方法は次のいずれかを指定できます。

  • 合計
  • 個数
  • 平均
  • 最大
  • 最小
  • 中央
    中央、最頻、標準偏差、分散の詳細は、リンク先の関数の説明をお読み下さい。標準偏差や分散は2つ以上の値が必要など、計算上の制約があります。
  • 最頻
  • 標準偏差
  • 母集団の標準偏差
  • 分散
  • 母集団の分散
  • メジャー
    その項目の型による自動判定が行われます。数値は合計に、モデル参照や文字列型は合計または個数になります。