サポート > リポジトリ > 検索制御 > [応用] 通常の検索画面とサブウインドウ検索画面で検索条件の表示・非表示を個別に指定する

ja | en

「検索制御 - 隠し項目にする」設定を、通常の検索画面とサブウインドウ検索画面のそれぞれで指定することができます。

設定

「顧客」モデルに、「会社1」「会社2」「会社3」という3つの項目を用意してみます。いずれも検索条件として用いますが、次の性質があります。

  • 「会社1」は常に非表示。
  • 「会社2」はメイン画面(通常検索画面)で非表示。
  • 「会社3」はサブウィンドウ検索画面で非表示。
図1 顧客モデル

「会社1」項目

「会社1」項目の検索制御の設定を図2に示します。

図2 会社1項目の設定

「会社2」項目

「会社2」項目の検索制御の設定を図3に示します。

図3 会社2項目の設定

「会社3」項目

「会社3」項目の検索制御の設定を図4に示します。

図4 会社3項目の設定

実行例

通常の検索画面(メインウィンドウ)を図5に示します。「会社1」項目と「会社2」項目がそれぞれ非表示になっていることがわかります。

図5 通常の検索画面

この顧客モデルを参照する「営業日報」モデルを用意してみました。モデル参照(検索)で、サブウィンドウを開きます。サブウィンドウでは「会社1」項目と「会社3」項目がそれぞれ非表示になっていることがわかります。

図6 顧客モデルを参照する営業日報モデル

実行例

通常の検索画面では自由に検索条件を変更できるが、サブウインドウ検索の場合はメインウインドウから指定された初期値を隠し項目にセットして検索範囲を制限する例を紹介します。

(顧客モデルを参照する)営業日報モデルで、「会社1へ」という項目を用意しました。この項目は顧客モデルをモデル参照するのですが、そのとき「会社」項目で指定された値(図8の例では "ジャスミンソフト")で絞込むように設定されています。

図7 あらかじめ用意された顧客リスト
図8 営業日報モデルのサブウィンドウ検索への絞り込みの適用

設定

営業日報モデルの定義を図9に示します。

図9 営業日報モデル

「会社の絞り込み」項目は、会社モデルを参照します。

図10 「会社の絞り込み」項目

「顧客」項目は、顧客モデルを参照します。

図11 「顧客」項目

ここで「顧客」項目に図12に示す絞り込み条件を設定します。

図12 絞り込み条件の設定
ja | en