サポート > リポジトリ > 検索制御 > 文字列の一致ルールを指定する(ワイルドカードの利用)

文字列型の項目は部分一致/完全一致/前方一致/後方一致検索を指定できます。また、ワイルドカードを利用することもできます。 R7.8

「検索制御 > 条件式」で判定ルールを選択します。文字列型の場合、次のルールを適用できます。

  • 等しい (完全一致)
  • 文字列の部分一致
  • 文字列の前方一致
  • 文字列の後方一致
  • 文字列の部分一致(実行時指定)

標準は "文字列の部分一致" となっています。

図1 検索制御 > 条件式の設定

条件式に「文字列の部分一致(実行時指定)」を指定すると、検索語にワイルドカードを指定することができます。

書式 説明
? 任意の文字 「あい?」と検索すると「あいう」がヒットします。
* 任意の長さの任意の文字 「あい*」と検索すると「あいうえお」がヒットします。