サポート > リポジトリ > 繰り返し > 繰り返しコンテナの参照連動

繰り返しコンテナに対する参照連動を説明します。

見積書モデルを用意しました。これを参照連動の元とします。

図1 見積書モデル

この見積書モデルを参照する、注文書モデルを用意しました。見積書を選択しています。

図2 注文書モデル

紐づく(見積書)モデルが確定されると、繰り返しコンテナ全体が参照連動されます。

図3 繰り返しコンテナの参照連動

この動作イメージを図4に示します。

図4 動作イメージ

4つのモデルを定義しています。「顧客」と「商品」はマスタデータとして扱います。(説明を省略します。)

図5 顧客・商品・見積書・注文書モデル

見積書モデルの定義を示します。「明細」は繰り返しコンテナになっています。

図6 見積書モデルの定義

注文書モデルの定義を示します。ここで「明細」モデルに含まれる「商品名」「価格」を "参照連動" としています。

図7 注文書モデルの定義

繰り返しコンテナ内の項目「商品名」は、見積書項目が確定したら(見積書モデルに含まれる)商品名項目を参照連動するように設定します。

図8 商品名項目の参照連動の設定

同じように「価格」も参照連動の設定を行います。

図9 価格項目の参照連動の設定

画面再描画の設定

本機能を利用する場合、繰り返しコンテナ内に少なくとも一つのリストボックス/ラジオボタン/チェックボックス項目を含めるか、または連動元のモデルを選択する(モデル参照)項目に「この項目が変更されたら画面リロードする」を設定してください。画面再描画によって参照連動を行わせる必要があるためです。

今回のケースでは、繰り返しコンテナ内にリストボックス項目が含まれるため、本ルールを満たしています。

参照連動項目を自モデル保存とすることで、参照後に値を変更して保存することもできます。 書き換えた値は、参照元とは別個に管理されます。

実行例

図3のアプリケーションを、参照連動自モデル保存に変更した例を示します。

値を変更して保存することができます。その後、紐づく見積書モデル側の明細を変更しても、この注文書モデルには影響はありません。

図10 参照連動自モデル保存の例

定義方法

自モデル保存する項目は「値をデータベースに保存する」を有効にします。 また、「読込専用」の設定を "解除" します。

図10 値をデータベースに保存する
図11 読込専用の設定を解除する

仕様・制約

参照連動の保存を行う場合、次のルールが適用されます。

  • コンテナ初期数はゼロに設定されます。
  • コンテナの追加、削除、挿入処理は行えません。

参照元となるモデルの繰り返しコンテナに対して、条件式を指定して(参照連動するデータを)絞込むことができます。

実行例

価格が100(円)より大きい場合のみ参照連動する、という条件を付与した例を示します。 見積書には、3件の明細を含めています。

図12 見積書

注文書の新規登録画面では、2件の明細が参照連動されました。

図13 注文書

定義方法

「コンテナの参照連動時の表示条件」に式を記述します。この式がtrueとなった行のみが参照連動されます。

図14 コンテナの参照連動時の表示条件の設定

ここでは式を次のように設定しています。

${rcont/rprice}>100

繰り返しコンテナの参照連動が動作しないという場合、「画面再描画の設定」ルールを満たしているかどうかをご確認ください。