Wagbyが利用するメールサーバに関する詳細な設定を行います。

Wagby自身にはメールサーバ機能はありません。すでに貴社内で利用しているメールサーバを使います。 以下の設定は(運用中の)メールサーバに合わせて行ってください。

「環境」メニューから「メール」を選択します。

図1 メールの設定

メールホスト名

ここで指定するメールホストはプロジェクト全体で共通に利用できます。

各メール送信設定のメールホストを空欄とした場合、ここで指定したメールホストが使われます。

ポート番号

メール送信ポート(SMTP)の番号を指定します。省略時は選択したプロトコルの標準のポート番号が用いられます。SMTPの場合は25番、SMTP over SSLの場合は465番です。

プロトコル

SMTP または SMTP over SSL を選択します。

SMTP認証

SMTP認証機能が必要な場合、本設定を有効にします。
SMTP認証は、"LOGIN" と "PLAIN" 方式に対応しています。("CRAM-MD5", "DIGEST-MD5", "NTLM" といった方式には対応していません。)

アカウント名

SMTP認証を有効とした場合、認証用のアカウント名を指定します。

パスワード

SMTP認証を有効とした場合、認証用のアカウントに対するパスワードを同時に指定します。

コネクションタイムアウト

メールサーバとの通信に関するコネクションタイムアウト時間を指定します。単位はミリ秒です。標準値は 60,000 ms (60秒) となっています。省略時は無制限(タイムアウトなし)となります。

タイムアウト

メールサーバとの通信に関するI/Oタイムアウト時間を指定します。単位はミリ秒です。標準値は 60,000 ms (60秒) となっています。省略時は無制限(タイムアウトなし)となります。