サポート > リポジトリ > 初期値 > 計算式によって初期値を求める例

初期値を式で記述することができます。

次の例は、ラジオボタンの項目の初期値に式を記述した例です。複数の条件を満たすことができれば "1" をセットします。そうでなければ null をセットし、ラジオボタンを未選択状態とします。三項演算子を使うことで1行で記述しています。

以下の例は繰り返し項目from_addressの文字列を結合した中に "info@jasminesoft.co.jp" が含まれ、かつ項目user_accountが空白でなく、かつ項目user_accountに "@jasminesoft.co.jp" が含まれておらず、かつ項目subjectに "添付ファイル" という文字列が含まれていないという条件をすべて満たした場合は 1 を初期値とする。そうでなければ null すなわち初期値は設定しない、というものです。

AND(
  ISINCLUDE(JOIN(${from_address}), "info@jasminesoft.co.jp"),
  NOT(ISBLANK(${user_account})),
  NOT(ISINCLUDE(${user_account}, "@jasminesoft.co.jp")),
  NOT(ISINCLUDE(${subject}, "添付ファイル"))
) ? 1: null

[参考ページ]

チェックボックスは複数の値を配列として管理しています。 そのため式中に関数を用いる場合は配列の値を返すことが必要です。 単一の値を返す場合であっても ARRAY_INT 関数などで括ってください。

権限によってチェックボックスの初期値を変える例を示します。

IF(HASMODELPERMISSION("sinsei","modelA"),
  ARRAY_INT(1,2,3,4),
  ARRAY_INT(1)
)

[参考ページ]