サポート > リポジトリ > 入力チェック > 文字数チェック

入力文字数をチェックする方法を説明します。

指定したサイズを超えて入力したタイミングで、リアルタイム入力チェックが作動します。(図1,図2)

図1 入力サイズを超えない
図2 入力サイズを超えた

範囲チェックを指定します。例えば4桁の場合、「0-9999」と設定してください。

モデル項目の詳細定義にて「入力チェック-文字数チェック」に数値を設定します。

図3 文字数チェックの指定

チェックの単位を設定できます。「char」は文字数で、「byte」は文字を構成するバイト数です。

「char(警告)」および「byte(警告)」を設定すると、入力値が設定した文字数を超えた場合、登録時に警告を表示します。再度「保存」ボタンをクリックすると、登録を行うことができます。

この欄には数字以外の特別表記を指定することができます。

指定方法 記述例 説明
数字のみ 5 最大5文字(6文字ならエラー)
max:数字 max:5 数字のみの記述と同じ
min:数字 min:5 最小5文字(4文字ならエラー)
数字- 5- min:数字と同じ
-数字 -5 max:数字と同じ
数字1-数字2 5-8 最小5文字、最大8文字

文字列型の項目に「文字数チェック」を指定しない場合、テーブル定義上で指定された最大文字数を超えた入力が行われてしまうとデータベースエラーが発生します。

例えば Oracle の場合、標準では文字列型項目に「varchar2(255 char)」が適用されるため、最大文字数は 255 文字です。従って、文字数チェック設定に 255 より小さい数値を指定することで、過入力によるデータベースエラーを回避できるようになります。

  • このチェックはリアルタイムで行われます。(ブラウザのJavaScriptでチェックします。)
  • 入力エラーの状態では「保存」などのボタンを押下することはできません。
  • エラーとなった入力項目は、背景が赤となります。テキストボックスまたは日付時刻リストボックスが対象です。

リポジトリキーはmodel/modelitem/limitです。