サポート > リポジトリ > レイアウト > 外部キー子モデル - 多段レイアウト

外部キー子モデルの各項目を複数行にまたがって表示することができます。

外部キー関係で、子モデルを(親モデルの画面で同時に)更新することができます。このとき、多段レイアウト指定を行うと見栄えがよくなります。

多段レイアウトを用いない場合

図1のように、横に項目が並びます。Webブラウザは可能な限り画面内にまとめようとするため、「種別」や「性別」の選択肢が縦に長く表示されています。それでも入りきれないため、横スクロールバーが表示されています。

図1 多段レイアウトを用いない場合

多段レイアウトを用いた場合

二段の設定を行った例を図2に示します。「内容」と「売上」項目を二段目としています。

図2 多段レイアウトを用いた場合

設定方法の説明で後述しますが、1段目を "L1" とし、2段目を "L2" と扱っています。

図3 ラベルの設定

さらにセル結合設定も行っています。図4に示すように、2段目では3つのセルを1つにまとめています。

図4 セル結合の設定

上の例で用意したモデル定義を図5に示します。

図5 モデル定義

「レイアウト>一覧」を設定します。「ラベル名」は重複しない英数字の識別子とします。「セル結合」は、結合を適用する項目に数値を指定します。

図6 一覧レイアウトの設定