サポート > リポジトリ > レイアウト > 繰り返しコンテナ - 縦並び

繰り返しコンテナの標準レイアウトは横並びですが、縦並びのレイアウトにすることもできます。

実行例

繰り返しコンテナ内の項目を縦並びにした例を図1に示します。

図1 繰り返しコンテナの縦並びレイアウト

定義方法

繰り返しコンテナ「内訳」の定義を図2に示します。

図2 モデル項目

繰り返しコンテナのレイアウトを縦並びにする場合、コンテナ内の各項目名の先頭に「コンテナ名」を付与します。 すなわちコンテナ名を、レイアウト名のように扱います。

「繰り返しコンテナ」「繰り返しコンテナID」の項目には指定しません。

図3

横並びレイアウト(標準方式)との違いを下表に示します。

横並びの繰り返しコンテナ(標準) 縦並びの繰り返しコンテナ
コンテナ名 内訳 内訳
コンテナID No No
コンテナ内の項目 商品 内訳>商品

レイアウトタブ内の「グループ・タブ」レイアウトで、レイアウト名「内訳」の並び方向を「縦」とします。(図4)

図4 並び方向の設定
「繰り返しコンテナID」には「コンテナ名>」を含めないようにしてください。
繰り返しコンテナ以外の項目に「コンテナ名」をレイアウト名として定義することはできません。

実行例

「価格」「個数」「小計」の項目を横並びとした例を図5に示します。

図5 縦並びレイアウトと横並びレイアウトの組み合わせ

定義方法

「価格」「個数」「小計」のレイアウト名を「コンテナ名>*隠しレイアウト名」としています。

アスタリスク「*」のあとに続くレイアウト名は英数字の組み合わせとしてください。レイアウト名は任意です。

図6 隠しレイアウトの設定

隠しレイアウトに対する「横並び子要素の表示比率」を指定します。

図7 横並び子要素の表示比率の設定

このレイアウトは「繰り返しコンテナID」の項目に「追加」「挿入」「削除」ボタンが用意されます。そのため、一件もデータが含まれない場合、更新画面でボタンが表示されません。