ja | en

文字列型の活用ポイントを説明します。

文字列型はさらにいくつかの属性を指定することができます。「モデルの定義>型>Wagbyで利用できる型」をお読み下さい。

Wagbyでは、入力された値は「フィルタ」によって補正されます。 フィルタにより「ゆれ」を自動的に補正することができます。この機能は自動的に設定されます。

図1 入力フィルタ

文字列型項目で選択できるフィルタは次のとおりです。

文字列(一般)

入力値を「文字列」と判定するフィルタです。日本語が含まれる値が入る項目は「文字列(一般)」フィルタを選択することを推奨します。次のような処理が行われます。

  • 前後のスペース(半角/全角空白及びタブ)を削除
  • 改行コードを "LF" に統一します。
  • 全角アルファベット、数字、記号はそれぞれ半角にします。
  • 半角カタカナは全角カタカナにします。
  • 「−」(マイナス)、「ー」(長音)、「—」(ダッシュ)、「-」(ハイフン) 等の全角マイナス文字を 「ー」(長音)に統一します。

すなわち、本指定は後述する「文字列(最小限)」「半角→全角」「全角→半角」を含んだものとなっています。

文字列(最小限)

改行コードを "LF" に統一します。

改行コードを "LF" へ統一することで、ユーザが利用するクライアント OS にかかわらず、データベースに格納された文字列は、常に改行文字は LF であることを保証します。

半角→全角

入力値に半角文字が含まれていた場合、この半角文字に対応する全角文字に変換します。

半角→全角(カナのみ)

入力値に半角カタカナが含まれていた場合、この半角カタカナを全角カタカナに変換します。

半角→全角(空白を含む)

入力値に半角文字が含まれていた場合、この半角文字に対応する全角文字に変換します。半角空白も全角空白に変換します。

全角→半角

入力値に全角文字が含まれていた場合、この全角文字に対応する半角文字に変換します。対応する半角文字がなければ変換はされません。

全角→半角(空白を含む)

入力値に全角文字が含まれていた場合、この全角文字に対応する半角文字に変換します。全角空白も半角空白に変換します。対応する半角文字がなければ変換はされません。

フィルタを「なし」とすることはできません。この欄を空白とした場合、フィルタなしではなく、型に応じた標準のフィルタが自動選択されます。文字列型の場合は「文字列(一般)」が適用されます。全角英数字や半角カナ文字をそのまま保存したい場合は「文字列(最小限)」を選択してください。
フィルタはWebフォーム、アップロード更新、REST APIいずれも共通で利用されます。

許容文字種を指定した場合は、自動的に「文字列(最小)」フィルタが適用されます。

例えば許容文字種に全角数字を指定した場合、入力フィルタが「文字列(一般)」のままですとフィルタが「全角数字」を「半角数字」に変換してしまうため入力ができなくなってしまいます。
フィルタを「文字列(最小限)」とすることで、この問題を回避します。

業務仕様によってはフィルタを変更した方がよい場合があります。

郵便番号、住所項目

文字列>郵便番号」をお読み下さい。

半角カナ文字のみを入力させたい

フィルタを文字列(最小限)にします。その上で、許容文字種を次のように指定します。

  • 許容文字種の設定:カタカナ-半角文字
  • 許容文字種の設定:スペース

Wagbyの内部では、文字列型のサイズの制限はありません。 しかしデータベースに保存されるときは、データベースのカラム内におさまる必要があります。

データベースに格納される文字列型の標準サイズは次のとおりです。

データベース 定義
Oracle varchar2(255 char)
SQL Server nvarchar(255)
DB2 varchar(255)
MySQL varchar(255)
varchar 型で指定する数は MySQL のバージョンによって変わります。4.1 以前は「バイト」単位ですが、それ以降は「文字」単位です。詳細はMySQLのマニュアルでご確認ください。
PostgreSQL varchar(255)
HSQLDB (内蔵DB) varchar(255)
ja | en