サポート > リポジトリ > 繰り返し
ja | en

項目に複数の値を入力することができます。複数の項目をグループ化し、明細情報として扱うこともできます。

項目に繰り返し属性を設定することで「繰り返し項目」とすることができます。

(1) 繰り返し項目
文字列・数値・日付時刻型の項目に「繰り返し」属性を設定することができます。
(2) 繰り返し項目 - 初期表示数
新規登録画面を開いたときの、繰り返し項目の入力欄の数を指定することができます。
(3) 繰り返し項目 - 繰り返し項目の上限数
繰り返し項目の上限数を指定することができます。
(4) 繰り返し項目 - 区切り文字
繰り返し項目の区切り文字を指定することができます。改行も指定できます。
(5) 繰り返し項目 - 数量の表示
一覧画面で、繰り返し項目の数量を表示するようにすることができます。
(6) 繰り返しコンテナ
繰り返しコンテナは「明細」形式のデータを扱います。複数項目をグルーピングし、追加や削除を行うことができます。
(7) 繰り返しコンテナ - 初期表示数
新規登録画面を開いたときの、繰り返しコンテナの入力欄の数を指定することができます。
(8) 繰り返しコンテナ - 繰り返し項目の上限数
繰り返しコンテナの上限数を指定することができます。
(9) 繰り返しコンテナ - 追加時に値をコピーする
追加時に、最後に入力した値をコピーして入力欄を作成することができます。
(10) 繰り返しコンテナ - ソート
繰り返しコンテナ内で並び替え(ソート)を行うことができます。
(11) 繰り返しコンテナ - 並びを入れ替える
繰り返しコンテナ内で並び替えを行うことができます。
(12) 繰り返しコンテナ - 操作ボタンの表示制御
「追加」「挿入」「削除」ボタンの名称の変更や、表示条件の設定を行うことができます。
(13) 繰り返しコンテナ - コンテナIDを非表示にする
登録・更新画面で繰り返しコンテナIDの数値部を非表示にすることができます。
(14) 繰り返しコンテナ - 更新のタイミングで別の繰り返しコンテナの同期増減を行う
更新のタイミングで別の繰り返しコンテナを同時に増減させることができます。
(15) 繰り返しコンテナ - 独立したモデルとして扱う
繰り返しコンテナを独立した別のモデルとして扱う方法を説明します。これにより明細を串刺しにした検索を行うことができます。
(16) 繰り返しコンテナの参照連動
繰り返しコンテナに対する参照連動を説明します。
(17) [応用] 繰り返しコンテナでデータの変更履歴を管理する
任意のデータに関するすべての変更履歴を画面に表示する例を紹介します。
(18) [応用] 繰り返しコンテナでデータの既読状態を管理する
ユーザの閲覧記録を繰り返しコンテナに保持する例を紹介します。未読・既読状態で検索を行うことができます。