サポート > リポジトリ > 業務ロジック > 準備と動作の確認

ja | en

Wagbyからスクリプトを利用する方法を説明します。

マニュアルでは Java 8 での利用を前提としています。「環境 > サーバ > Javaのバージョン」を "1.8" としてお試しください。

図1 Javaのバージョン
Java 6/7 を利用している場合は、このドキュメントの後半にある「Java 6/7 を利用する場合」をお読みください。

Wagbyが標準で提供している「グループ」モデル (jgroup) の新規登録時にメッセージを表示するコードを作成してみます。

はじめにアプリケーションをビルドし、起動します。(設計情報の内容は問いません。)

アプリケーションは起動した状態で、Designerからシステムモデルの「グループ」を選択します。これは Wagby に標準で同梱されています。

図2 システムタブに含まれるjgroupモデル

「画面 > スクリプト」を開きます。次のように入力します。

stdout.println("Hello from JavaScript.");
stdout は Java 8 環境で利用できる暗黙オブジェクトです。スクリプトのどこでも使うことができます。stdout.println(文字列) と記述すると、Tomcat コンソールに文字列が表示されます。
図3 サンプルのスクリプト

管理者権限をもったアカウントでアプリケーションにログオンします。管理処理メニューから「グループ 新規登録」を実行します。

登録処理を行ったタイミングで、アプリケーションを起動した (Tomcat) コンソールにメッセージが表示されていることを確認します。

図4 スクリプトの動作を確認する
ja | en