ja | en

データの詳細表示機能を提供します。

画面例

ページタイトルを "お得意様 最新情報" へ変更した例を示します。

図1 ページタイトルを変更

定義方法

画面タブ内の検索・一覧表示タブを開きます。「ページタイトル」の欄に文字を入力します。

図2 ページタイトルの設定

画面例

説明文を設定した例を示します。

図3 説明文を表示する

定義方法

画面タブ内の検索・一覧表示タブを開きます。「説明文」の欄に文字を入力します。

図4 説明文の設定

HTMLタグを加える

説明文にHTMLタグを加えることもできます。詳細は「検索・一覧表示>説明文 - HTMLタグを加える」をお読み下さい。

(画面遷移を行うための)アクションボタンの位置を変更することができます。

上部に配置する

図5 アクションボタンを上部に配置した例(標準)

下部に配置する

図6 アクションボタンを下部に配置した例

上部と下部の両方に配置する

図7 アクションボタンを上部と下部の両方に配置した例

定義方法

画面タブ内の検索・一覧表示タブに用意された「ボタン表示>アクションボタンの表示位置」を設定します。空白時は「上」として扱います。

図8 アクションボタンの表示位置の設定

詳細表示画面に用意できるボタン(機能)を説明します。

図9 詳細表示画面に用意できるボタン

定義方法

画面タブ内の検索・一覧表示タブに用意された「ボタン表示」を有効にします。

図10 ボタン表示の設定

各ボタンの表示を有効にする場合、関連する画面機能が作成されている必要があります。 画面機能が作成されない設定では、ボタンも作成されません。

種別 初期状態 関連する画面
登録 登録画面
更新 更新画面
コピー登録 -
「表示する」設定欄に「○」と入力するとボタンが一つ用意される。
同欄にコンマ区切りで複数のボタン名を記載することもできる。
新規登録画面
一覧表示 検索・一覧表示画面
検索画面 検索・一覧表示画面
削除 (なし)
印刷形式で表示 - (なし)
前後のデータにアクセス (なし)

ボタンの表示制御

ボタン名と表示条件のカスタマイズ」で説明します。

詳細表示画面は標準で前後のデータにアクセスする機能が備わっています。 カード型データベースの感覚で、前へ、次へといった操作が可能です。

ここで「前・後」とは、現在の検索結果に対する操作となります。検索条件や並び順の指定によって、前・後のデータは変動します。
本機能はパフォーマンスに影響があります。詳細は「パフォーマンスチューニング > 前後のデータにアクセスするボタンの動作」をお読みください。
ja | en