サポート > リポジトリ > 画面機能 > 一覧更新 グリッドを利用する

一覧形式(グリッド表示)でデータを更新します。

「画面 > 一覧更新 > グリッドで表示する」を有効にします。

図1 グリッドで表示する

一覧更新画面ではグリッド形式でデータの更新・新規登録・削除処理を行うことができます。

図2 一覧更新画面 グリッド利用

更新

各行がそれぞれ一つのデータに対応します。行内の入力欄を修正します。修正中のデータはロックされます。保存処理では、修正中のデータのみが更新されます。

コピー登録・新規登録

各行の左側に用意された「コピー」または「新規」ボタンを押下します。

削除

左側に用意された「削除」欄で、削除したいデータをチェックします。保存ボタンを押下することで削除されます。

保存

現在の編集状態を保存します。保存後にロックは解除されます。エラー行は無視されます。たとえば10行編集中で1行に入力エラー(例 必須入力漏れ)があった場合、保存ボタンを押下することで9件が保存されます。

キャンセル

すべての編集状態を解除し、元の画面(一覧表示画面)へ戻ります。途中まで編集した値は保存されません。

入力チェック

現時点のデータの入力チェック処理を行います。エラーがあった場合は "エラー" と表示されます。保存ボタンを押下する前にチェックを行う運用ができます。

複数ページにまたがる修正

件数が多い場合、複数のページに分割して表示されます。ページを移動した場合でも、編集作業の内容は記憶されています。元のページに戻ると、編集中のデータが復元されます。

対応している項目の型

グリッドで対応している項目の型は次のとおりです。

  • 文字列(テキストボックス)
  • 数値(テキストボックス)
  • リストボックス
  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 日付カレンダ

「画面機能 > 一覧更新 > ページタイトル」をお読みください。

「画面機能 > 一覧更新 > 説明文」をお読みください。

画面例

更新処理を許可しない、という設定を行うことができます。次のような動作になります。

  • 新規登録は行える。
  • 更新・削除処理が行えない。

すなわち一覧更新画面中に「入力できるレコード」と「入力できないレコード」が混在した更新モードになります。

図3 更新が許可されていない一覧更新画面

行の「新規」ボタンを押下すると新規入力用のレコードは用意されます。

図4 新規でレコードを追加することはできる

定義方法

「更新処理を許可する」設定を解除します。(標準で有効になっています。)

図5 更新処理を許可する設定

一覧更新画面では、表示されているデータがロックされます。

「次のページ」や「前のページ」に移動した場合、修正されたデータはそのままロックを保持し、修正されていないデータのロックは解除されます。

ページを移動した時にロックの取得に失敗した場合は、編集することはできません。一覧更新(非グリッド形式)と異なり、そのデータの左端にロック失敗とは表示されません。

グリッド形式の一覧更新画面では、テキストエリア項目のサイズは固定です。複数行入力時はスクロールバーが付与されます。

図6 テキストエリアの利用

この設定は一覧表示と同様の動作になります。詳細は「検索・一覧表示>一覧表示画面の同時表示数」をお読みください。

この設定は一覧表示と同様の動作になります。詳細は「検索・一覧表示>一覧表示画面のページネーション」をお読みください。

設定方法は「一覧更新>用意されているボタン(機能)」をお読みください。グリッド形式利用時は次の制約があります。

  • 「保存」ボタンを無効にすることはできません。
  • グリッド内のボタンの表示制御は動作しません。すべてのボタンは表示されます。

「画面機能 > 一覧更新 > 仕様と制約」に準じます。 グリッド形式の場合に追加された制約は次のとおりです。

スクロールタイプ

グリッド形式では、スクロールタイプ(列固定、ヘッダ行固定、ヘッダ行・列固定)は動作しません。

ボタンの表示制御

グリッド内のボタンの表示制御に式を記述することはできません。(式による判定処理は動作しません。)