サポート > リポジトリ > ポータル

企業内で利用するポータル画面を設計できます。

さまざまな情報を一つのポータル画面に集約して表示することができます。

図1 ポータル画面の例
(1) ポータル機能を使う
ポータル機能を有効にする方法を説明します。(Wagbyインストール直後は、ポータル機能は使わない設定になっています。ここに記載した手順で有効にする必要があります。)
(2) お知らせポートレット
お知らせポートレットを使うと、ポータル画面に任意のメッセージを表示させることができます。
(3) カレンダポートレット(クラシック)
クラシックカレンダビューに対応したモデルを、ポータル画面のカレンダにモデルの情報を表示する方法を説明します。
(4) カレンダポートレット(モダン)
モダンカレンダビューに対応したモデルを、ポータル画面のカレンダにモデルの情報を表示する方法を説明します。
(5) ログオンユーザ一覧ポートレット
現在、システムにログオンしているユーザ(アカウント)を表示することができます。
(6) グラフポートレット
グラフポートレットを使うと、任意のグラフをポータル画面に表示させることができます。
(7) ワークフローポートレット
ワークフローポートレットを使うと、自分が起こして承認待ちのワークフローならびに、自分が承認すべきワークフロー一覧をポータル画面に表示させることができます。
(8) 外部リンクポートレット
外部ページへのリンク情報を集めたポートレットを用意することができます。
(9) ブログパーツを利用する
インターネット上に公開されているさまざまなブログパーツを利用することができます。
(10) 任意のモデルの値を表示する
ポートレットタイプ「一覧」を再利用し、Wagbyで定義したモデルの情報を取得するサンプルコードを説明します。(このページの説明はプログラマ向けです。)
(11) 任意のモデルの値を表示する (2)
新規でポートレットを定義し、REST API 経由で取得した JSON オブジェクトを表示するサンプルコードを説明します。(このページの説明はプログラマ向けです。)
(12) ゲージ部品を利用する
Dojotoolkitのゲージ部品を利用する方法を説明します。(このページの説明はプログラマ向けです。)