サポート > リポジトリ > 帳票 > 一覧帳票出力用の専用画面を用意する
ja | en

帳票出力の専用画面を用意することができます。選択した一覧帳票を出力します。

本設定を行うと、メニューに「(モデル)帳票」というボタンが用意されます。

図1 メニューに用意された帳票出力ボタン

帳票出力の画面で出力したい一覧帳票の種類を選びます。検索条件を指定後、「帳票出力」ボタンを押下します。
出力条件の項目は、検索条件に指定した項目と同じ項目です。(検索条件画面で表示される内容と同一です。)

図2 帳票出力画面

(1)「画面>帳票出力>帳票画面>画面を作成する」を有効にします。

図3 帳票画面を作成する

(2) テンプレートを設定します。表示画面は「帳票画面」とします。図2の選択肢で判別できるよう、ボタン名も合わせて設定します。

図4 テンプレート設定
テンプレートの設定を行わない場合、ビルド時に「モデル名 XXX の帳票出力画面に対応する帳票が見つかりません。」というエラーになります。

(3) メニューに「帳票画面」を用意します。

図3の設定画面で「出力する帳票の初期値」を指定することができます。

項目名
文字列型の項目、もしくはモデル参照項目を指定します。その項目の"値"が、「テンプレートファイル名」と一致しているものを選択されている状態とします。
モデル参照項目の場合は、参照先モデルの"主キーの値"が「テンプレートファイル名」と一致しているかどうかを探します。(本設定は参照先モデルが複合主キーには対応していません。)
指定した値が、「テンプレートファイル名」と一致しているものを選択されている状態とします。

帳票出力画面の種類が一つの場合、「出力する帳票」項目を非表示とすることができます。

図5 「出力する帳票」項目が非表示となっている

設定方法

「出力する帳票が1件のときは選択肢を表示しない」を有効にします。(標準では有効になっています。)

図6 出力する帳票が1件のときは選択肢を表示しない
この設定は、上のように出力パターンが一つの場合にのみ有効です。帳票画面で選択できる出力パターンが二つ以上ある場合は、選択肢が用意されます。
  • 帳票画面では一覧帳票を出力します。詳細帳票の出力は行えません。
  • 本設定時は、work/report フォルダにテンプレートファイルは生成(出力)されません。