参照先モデルをラジオボタン形式で表示します。一つの値を選択できます。

動作例

予め地区モデルを図1のように用意します。

図1 事前に用意した地区モデル

この地区モデルの値をラジオボタンで選択する画面例を図2に示します。 参照先モデル「地区」の名前をラジオボタンから選択することができます。

図2 ラジオボタンの動作例

定義方法

図2の顧客モデルにおいて、地区項目の型を"他モデルの項目参照"とします。(図3)

図3 顧客モデルの定義

型の詳細設定で、参照先モデルを「地区」とし、ラジオボタンの選択肢となる参照先モデルの項目を「地区名」とします。 入力タイプに「ラジオボタン」を選びます。

図4 ラジオボタンを利用する設定

動作例

ラジオボタンの初期値を指定することができます。顧客モデルの新規登録画面を開いたとき、ラジオボタンに「北海道」が選択された状態にする例を説明します。

対象データの主キー(ここでは地区ID)の値を調べます。(図5)

図5 初期値として用いるデータの主キーを調べる

顧客モデルの新規登録画面を開くと、図5のデータが初期値として選択されていることがわかります。(図6)

図6 初期値を設定したときの画面例

定義方法

対象データの主キーを指定します。

図7 新規登録画面の初期値の設定
主キーの値はシステム運用中に変更されることはありません。

選択肢モデルにおける、選択肢の表示順変更と同じルールを、任意のモデルに設定することができます。

詳細は、リストボックスの説明をお読みください。

選択肢モデルにおける、選択肢の無効化と同じルールを、任意のモデルに設定することができます。

詳細は、リストボックスの説明をお読みください。

選択肢モデルにおける、無効な項目も検索対象とすると同じルールを、任意のモデルに設定することができます。

設定方法は上記リンクをお読みください。

動作例

ラジオボタンは標準で1行あたり4つの選択肢が表示されるようになっています。

図8 4つ表示で折り返し

これを8つ毎に折り返しと指定すると図4のように表示されます。

図9 8つ表示で折り返し

定義方法

モデル項目詳細定義ダイアログの入力制御タブから、モデル参照内の「チェックボックス・ラジオボタンの折り返し数」を指定します。空白時は "4" と解釈されます。

図10 折り返し数の設定

動作例

ラジオボタン利用時は、現在の選択を解除するためのクリアボタン(消しゴムのアイコン)が用意されます。

図11 クリアボタン

クリアボタンを非表示とすることもできます。この場合、一度何かを選択すると、必ず一つは選択されるという状態になります。(全解除することはできません。)

図12 クリアボタンを用意しない場合

定義方法

モデル項目詳細定義ダイアログの入力制御タブから、モデル参照内の「クリアボタンを作成する」を有効にします。(標準では有効になっています。)

本設定は登録・更新・検索画面に反映されます。

図13 クリアボタンを作成する

本設定が無効となる場合

ラジオボタンを必須項目とすると、本クリアボタンは自動的に非表示となります。

登録・更新画面と検索画面の入力タイプを変更することができます。
標準では、ラジオボタンの項目は検索画面ではリストボックスとして扱われます。

切り替え方法の詳細は、リストボックスの説明をお読みください。

動作例

詳細画面では、選択した項目のみが表示されます。これが標準の動作になります。

図14 詳細画面での表示

選択されなかった項目名を表示すると設定した場合は次のようになります。

図15 選択されなかった項目名を表示する設定を有効にした場合

定義方法

モデル項目の型詳細設定ダイアログのオプションに用意されている「選択されなかった項目名を表示する」設定を有効にします。

図16 モデル項目の型詳細設定ダイアログ
この設定は一覧画面にも反映されます。

参照元モデル(上記例では「見積書」モデル)の参照キー項目では、参照先モデルのID値を保持します。内容部ではありません。一つも選択していない状態は NULL となります。

データベース上のテーブルを確認すると、ID値が格納されていることがわかります。