サポート > リポジトリ > 他モデルの参照 > [応用] 固定メッセージの選択・追加による入力方式の実現
ja | en

参照連動機能を応用し、固定メッセージを選択・追加しながら文字列を入力するという操作を行うことができます。

最初に、図1に示す例文を管理する「例文」モデルを用意します。

図1 例文モデル

図1の例文モデルを利用する「報告書」モデルを新規作成します。 例文コードはサジェストを設定しています。コードを入力すると候補が表示されます。

図2 サジェストによる例文コードの指定

「内容」項目は例文コードに紐づく文字列を参照連動(かつ自モデル保存)すると設定しているため、参照連動された値がセットされます。

図3 参照連動による例文の設定

「内容」項目に文字列を追加記入し、再び例文コードを指定します。

図4 再び例文コードを指定する

これまでの入力文字列を保持したまま、その後ろに参照連動された値が追記されました。 この参照連動を何度でも行うことができます。 最終的に、数回の参照連動による入力支援で、入力を終了します。

図5 参照連動された文字列が追記される

詳細表示画面では「例文コード」を非表示(隠し項目)としています。

図6 詳細表示画面の例

今回のアプリケーションは二つのモデル「例文コード」と「報告書」を用意しています。

図7 モデル定義

例文コードモデル

「例文コード」モデルは、例文コードを文字列型の主キーとしています。

図8 例文コードモデルの定義

例文コード項目はサジェストを有効にしています。

図9 サジェストを有効にする

報告書モデル

ポイントは「例文コード」項目と「内容」項目です。

図10 報告書モデル

例文コード項目

例文コードモデルを参照(検索)として定義します。

図11 モデル参照の設定

詳細画面では非表示とします。

図12 隠し設定

内容項目

内容項目は参照連動とします。

図13 参照連動の設定

ポイントは、「参照連動の設定方法」に「追記」を指定していることです。(この選択肢が空白、または「上書き」の場合は、常に参照連動された値で上書きします。)

図13 参照連動を追記とする

また、この「内容」項目は自モデル保存とします。

図14 自モデル保存の設定

最後に、この「内容」項目はテキストエリアとし、読み込み専用指定を解除します。

図15 テキストエリア&読み込み専用を解除
  • 本機能は参照連動された値が格納される項目が文字列型であることが前提です。(数値型、日付型、ストアモデル参照項目やマスタモデル参照項目などは対象となりません。)
  • アップロード更新については通常の編集画面と違い、アップロード時に参照先が変更されている場合、参照連動項目に追加してデータベースに保存されます。追加された値を編集する場合は、再度ダウンロードして、編集し、アップロードします。また、追加後の値に関する入力チェックは行われません。
  • 一覧更新では、参照先を変更した際に画面をリロードし、追記された値が表示されます。追加後の値に関する入力チェックは行われません。
  • 一覧更新画面における更新処理では、最初の変更は追記されます。しかし元の値に戻した場合に参照連動は追記されず、元の値に戻ります。