サポート > リポジトリ > 応用例
ja | en

さまざまな応用例を紹介します。

(1) 版の管理
数値型項目に「版」の情報を保持させることで、更新回数を把握することができます。
(2) URL のアンカーを任意に設定する
URL型項目の表示は標準でhttp://...ではじまる文字列となっています。この部分を自由に設定する方法を説明します。
(3) URL を使ってファイル共有を行う
ファイル型の代わりに URL 型を使ってファイル共有を行うこともできます。この方法によりファイルサーバのファイルにアクセスすることができます。
(4) URL を使って自画面の特定箇所へのリンクを用意する
リンクをクリックすると(自画面の)特定箇所へ移動する機能です。項目が多い画面で有効です。
(5) メールヘッダを使ってメールのスレッド表示を実現する
メールのヘッダ情報である Message-ID と In-Reply-To を指定してメールソフトのスレッド表示に対応する方法を紹介します。
(6) 外部システムから直接、Wagby の任意の画面を開く
URLにアカウントとパスワードを含めることで、外部システムから直接、Wagby 上の画面を開くことができます。