サポート > リポジトリ > 環境 > ファンクションキーを含む、キーイベント動作を変更する JavaScript

キーを押すと任意の画面へ遷移する方法を説明します。

環境>カスタマイズタブの「キーカスタマイズ」を開きます。最大で15個のカスタマイズ設定が行えます。

図1 キーカスタマイズの設定

最初の欄 (No1) のキー入力部で "F1" (ファンクションキーF1) を押下してみます。するとキーコードが自動設定されます。

図2 ファンクションキーF1を設定する

テンプレートから、希望する動作を選択することができます。ここでは「メインメニューを開く」を指定してみます。

図3 メインメニューへ戻る

スクリプトが自動的に設定されました。

図4 スクリプトが設定された

keyEventHandlers.js

この設定を行ったあとビルドを行うことで wagbyapp/webapps/(プロジェクト識別子)/system フォルダに keyEventHandlers.js というファイルが生成されます。これはブラウザ上で動作する JavaScript ファイルです。

ビルドしたアプリケーション (wagbyapp) に存在する、このファイルを直接編集し、ブラウザを再読み込みさせることで動作を確認することができます。

任意のスクリプトを記述する

あらかじめ用意されたテンプレートではなく、任意のスクリプトを記述することができます。keyEventHandlers.js の構造は次のようになっています。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[キー] = handler_keyDown_キー;
  return keyEventHandlers;
}

// キーが押されたときに呼び出されるイベントハンドラ関数
function handler_keyDown_キー(event, dom, registry) {
  処理
}

Designerで記述したコードは、上の「処理」部分に転記されます。

ファンクションキー F1 を割り当てる例を示します。keyEventHandler.js は次のようになります。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F1] = handler_keyDown_F1; // メインメニューを開く
  return keyEventHandlers;
}

// メインメニューを開く
function handler_keyDown_F1(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do");
}
  • getKeyEventHandlers 関数内で、押下されたキーのコードを連想配列のキーとし、対応するイベントハンドラー関数をセットします。
  • openLocation 関数に遷移先の URL を引き渡すことで画面遷移を実現します。
  • Designerで設定したコードは、handler_keyDown_F1 関数の内部に反映されます。
登録・更新画面で F1 を押下すると、遷移前に入力内容が破棄される旨の確認ダイアログが表示されます。

ファンクションキー F2 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F2] = handler_keyDown_F2; // メインメニューのサービスタブを開く
  return keyEventHandlers;
}
// メインメニューのサービスタブを開く
function handler_keyDown_F2(event, dom, registry) {
  // メインメニューの画面を開く前に表示されていたメインメニュータブのIDを
  // 「サービス」のIDに変更する
  window.setMainMenuSelectedTabId("menuTab9");
  window.openLocation("mainMenu.do");
}

メインメニューのタブは、メインメニュー画面再表示時に以前に選択されていたタブが開くようにタブのIDをクッキーに保存しています。

メインメニュー表示時に特定のタブを選択するには、メインメニューへの遷移前に上記クッキーの値を書き換える必要があります。 具体的には setMainMenuSelectedTabId 関数に、表示するタブのIDを渡すことで、クッキーの値が更新されます。

タブのIDはタブ名の部分でマウス右クリックから「検証」を選択して表示される Developer Tools の Elements 画面で確認できます。タブ名がセットされた span タグがハイライトされますので、このタグの id 属性値(mainMenuContainer_tablist_menuTab<数字>)の"menuTab<数字>"をセットしてください。

「サービス」タブのIDが mainMenuContainer_tablist_menuTab9 の場合、タブIDは"menuTab9"を指定してください。

ご注意ください:メニュー設定を変更すると、このタブのIDも変更されることがあります。その場合は新しい値をセットするようにJavaScriptを修正してください。
指定したタブIDがないい場合は、一番左側のタブが選択されます。

ファンクションキー F3 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F3] = handler_keyDown_F3; // ツリー形式のサブメニューを開く
  return keyEventHandlers;
}

// ツリー形式のサブメニューを開く
function handler_keyDown_F3(event, dom, registry) {
  // サブメニューの表示位置を「左」に設定した場合に表示されるメニュー表示
  // ボタンをID指定で取得する
  var jfcBtnMenu = registry.byId("jfcBtnMenu");
  if (!jfcBtnMenu) {
    // ボタンが取得できなかった場合は何もしない
    return;
  }
  // ボタンのクリックイベントを実行する
  // ツリー形式のサブメニューの表示・非表示が切り替わる
  jfcBtnMenu.onClick();
}

開発者が定義するイベントハンドラ関数には event, dom, registry の3つの引数があります。

event はキー押下時のイベントオブジェクトです。
dom, registry はそれぞれ Dojotoolkit が提供する関数です。
dom.byId("<ID>") で、指定のID値を持つ要素を取得することができます。
registry.byId("<ID>")で、指定のID値を持つボタン等が取得することができます。

サブメニューの表示位置を左に設定した場合のメニューボタンを押下するスクリプトは上のようになります。 キー押下の度にツリー形式のサブメニューの表示・非表示が切り替わります。

ファンクションキー F4 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F4] = handler_keyDown_F4; // ポータル画面を開く
  return keyEventHandlers;
}

// ポータル画面を開く
function handler_keyDown_F4(event, dom, registry) {
  // メインメニューの画面を開く前に表示されていたメニュータブのIDを
  // 「ポータル」のIDに変更する
  window.setMainMenuSelectedTabId("menuTab0");
  window.openLocation("mainMenu.do");
}

ポータルの場合は "menuTab0" 固定となります。

ファンクションキー F5 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F5] = handler_keyDown_F5; // モデル1の新規登録画面を開く
  return keyEventHandlers;
}

// モデル1の新規登録画面を開く
function handler_keyDown_F5(event, dom, registry) {
  window.openLocation("insertModel1.do?action_New=");
}

ファンクションキー F6 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F6] = handler_keyDown_F6; // モデル1の検索画面を開く
  return keyEventHandlers;
}

// モデル1の検索画面を開く
function handler_keyDown_F6(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do?name=showListModel1");
}

ファンクションキー F7 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F7] = handler_keyDown_F7; // モデル1のダウンロード画面を開く
  return keyEventHandlers;
}

// モデル1のダウンロード画面を開く
function handler_keyDown_F7(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do?name=downloadModel1");
}

ファンクションキー F8 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F8] = handler_keyDown_F8; // マルチセッションで別画面を開く
  return keyEventHandlers;
}

// マルチセッションで別画面を開く
function handler_keyDown_F8(event, dom, registry) {
  // 画面右上のドロップダウンボタン内の「新規ログオン」ボタンをID指
  // 定で取得する
  var opennewtabMenuItem = registry.byId("opennewtabMenuItem");
  if (!opennewtabMenuItem) {
    // ボタンが取得できなかった場合は何もしない
    return;
  }
  // ボタンのクリックイベントを実行する
  opennewtabMenuItem.onClick();
}

マルチセッションを実現する「新規ログオン」ボタンは opennewtabMenuItem という ID で取得できます。

ファンクションキー F9 を割り当てる例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F9] = handler_keyDown_F9; // ログオフ
  return keyEventHandlers;
}

// ログオフ
function handler_keyDown_F9(event, dom, registry) {
  window.openLocation("logoff.do");
}

イベントハンドラ関数に引き渡される event オブジェクトには押下されたキーのコード、シフトキー等同時に押下されたキー情報を参照するための情報が含まれています。

表記 説明
keyCode 押下されたキーのコード(数値)
altKey Altキーが押されたときはtrueを返す。そうでないときはfalseを返す。
ctrlKey Ctrlキーが押されたときはtrueを返す。そうでないときはfalseを返す。
shiftKey Shiftキーが押されたときはtrueを返す。そうでないときはfalseを返す。

イベントハンドラ関数内で、次のようにして同時に押下されたキーにより処理を分けることができます。

if (event.altKey) {
 // Alt キー押下
} else {
 // Alt キー押下無し
}

モデル model1 の画面でのみ、ファンクションキー F1 が有効になる判断を含めた例を示します。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F1] = handler_keyDown_F1; // メインメニューを開く
  return keyEventHandlers;
}

// Model1 の画面で F1 キーを押下した場合にメインメニューを開く
function handler_keyDown_F1(event, dom, registry, query) {

  // デバッグ用のコード。
  //console.log("event: ", event);
  //console.log("pagetitle: ", query(".pagetitle")[0]);

  // CSS クラスを指定してページタイトルの div タグを 取得する
  var pageTitle = query(".pagetitle")[0];
  // ページタイトルの div タグの id 属性に Model1 が含まれる場合、
  // メインメニューを表示する
  if (pageTitle && pageTitle.id.indexOf("Model1") !== -1) {
    window.openLocation("mainMenu.do");
  }
}

handler_keyDown_F1 関数に含まれる第四引数 query は指定した id 属性を含む (HTMLの) 要素を返します。 このようにページタイトルに含まれる文字列を用いて判定を行うことができます。

一つの keyEventHandler.js ファイルに、複数のキーイベントを登録できます。

function getKeyEventHandlers(keys) {
  var keyEventHandlers = {};
  keyEventHandlers[keys.F1] = handler_keyDown_F1; // メインメニューを開く
  keyEventHandlers[keys.F2] = handler_keyDown_F2; // メインメニューのサービスタブを開く
  keyEventHandlers[keys.F3] = handler_keyDown_F3; // ツリー形式のサブメニューを開く
  keyEventHandlers[keys.F4] = handler_keyDown_F4; // ポータル画面を開く
  keyEventHandlers[keys.F5] = handler_keyDown_F5; // モデル1の新規登録画面を開く
  keyEventHandlers[keys.F6] = handler_keyDown_F6; // モデル1の検索画面を開く
  keyEventHandlers[keys.F7] = handler_keyDown_F7; // モデル1のダウンロード画面を開く
  keyEventHandlers[keys.F8] = handler_keyDown_F8; // マルチセッションで別画面を開く
  keyEventHandlers[keys.F9] = handler_keyDown_F9; // ログオフ
  return keyEventHandlers;
}

// メインメニューを開く
function handler_keyDown_F1(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do");
}

// メインメニューのサービスタブを開く
function handler_keyDown_F2(event, dom, registry) {
  // メインメニューの画面を開く前に表示されていたメインメニュータブのIDを
  // 「サービス」のIDに変更する
  window.setMainMenuSelectedTabId("menuTab9");
  window.openLocation("mainMenu.do");
}

// ツリー形式のサブメニューを開く
function handler_keyDown_F3(event, dom, registry) {
  // サブメニューの表示位置を「左」に設定した場合に表示されるメニュー表示
  // ボタンをID指定で取得する
  var jfcBtnMenu = registry.byId("jfcBtnMenu");
  if (!jfcBtnMenu) {
    // ボタンが取得できなかった場合は何もしない
    return;
  }
  // ボタンのクリックイベントを実行する
  // ツリー形式のサブメニューの表示・非表示が切り替わる
  jfcBtnMenu.onClick();
}

// ポータル画面を開く
function handler_keyDown_F4(event, dom, registry) {
  // メインメニューの画面を開く前に表示されていたメニュータブのIDを
  // 「ポータル」のIDに変更する
  window.setMainMenuSelectedTabId("menuTab0");
  window.openLocation("mainMenu.do");
}

// モデル1の新規登録画面を開く
function handler_keyDown_F5(event, dom, registry) {
  window.openLocation("insertModel1.do?action_New=");
}

// モデル1の検索画面を開く
function handler_keyDown_F6(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do?name=showListModel1");
}

// モデル1のダウンロード画面を開く
function handler_keyDown_F7(event, dom, registry) {
  window.openLocation("mainMenu.do?name=downloadModel1");
}

// マルチセッションで別画面を開く
function handler_keyDown_F8(event, dom, registry) {
  // 画面右上のドロップダウンボタン内の「新規ログオン」ボタンをID指
  // 定で取得する
  var opennewtabMenuItem = registry.byId("opennewtabMenuItem");
  if (!opennewtabMenuItem) {
    // ボタンが取得できなかった場合は何もしない
    return;
  }
  // ボタンのクリックイベントを実行する
  opennewtabMenuItem.onClick();
}

// ログオフ
function handler_keyDown_F9(event, dom, registry) {
  window.openLocation("logoff.do");
}
  • IE では、F1 キーの挙動を変更しても、常にヘルプ画面が立ち上がります。こちらは IE の仕様となります。
  • 次の文字はキーイベントに指定することはできません。
    BACKSPACE, TAB, CLEAR, ENTER, SHIFT, CTRL, ALT, PAUSE, CAPS_LOCK, SPACE, INSERT, DELETE, SELECT, NUM_LOCK, SCROLL_LOCK
    
  • PrtScn (PrintScreen) キーを扱うことはできません。例えば PrtScn を無効にしたい、ということには対応していません。
  • R8.0.0 で keyEventHandlers.js を直接編集することでキーイベントを制御できるようになりました。
  • R8.0.1 で Designer からスクリプトを記述できるようになりました。keyEventHandlers.js は自動生成されます。
  • R8.0.2 で自動生成される関数 handler_keyDown_キー の第四引数 query が追加されます。

この内容は JavaScript を利用するため、お問い合わせは Premium Support の対象となります。